使い方や選び方、おすすめ商品をセレクト

BBクリームとCCクリームの違いと使い方

公開日:2021/01/23

3

BBクリームとCCクリームの違いをご存じですか? 当記事ではBBクリームとCCクリームの選び方や使い方、おすすめの商品をご紹介します。肌をケアしながら美しく見せてくれる双方の特性を知って、上手に使いこなしてみましょう。

BBクリームとCCクリームの違いとは?

BBクリームとCCクリームの違いとは?

化粧下地や日焼け止めの成分も入り気軽に使える、BBクリームとCCクリーム。しかし、その違いがわからないまま、なんとなく使っている人も多いでしょう。ここでは、BBクリームとCCクリームが持つ特徴の違いを解説します。

【BBとCCの違い1】役割が違う

どちらも、化粧下地や日焼け止めの役割を担ってくれるBBクリームとCCクリーム。BBクリームはファンデーションやコンシーラーとしても活躍してくれカバー力が高めです。「BB」は、ブレミッシュバーム(Blemish Balm)の略。Blemishは「傷」や「欠点」という意味を持つ単語で、本来BBクリームは傷を隠す目的で使われていました。

一方、CCクリームは肌色のトーン補正が主な働きとなっています。「CC」は、カラーコントロール(Color Control)、ケアコントロール(Care Control)の略でナチュラルに仕上がるのが魅力です。

【BBとCCの違い2】テクスチャーが違う

BBクリームとCCクリームとでは、テクスチャーが違うことが多いです。感触や肌触りといった使用感がやや重くしっかりカバーするBBクリームに対し、CCクリームはつけ心地がナチュラルで軽やか。1日中つけていても、肌にストレスを感じさせません。

【BBとCCの違い3】仕上がりが違う

BBクリームは本来、肌の赤みや傷を隠す軟膏(なんこう)として開発された製品です。そのため、ベースメイクのカバー力が高く、抜群の仕上がり具合を発揮。一方でCCクリームは、薄づきの分だけカバー力が低めですが、肌のくすみなどをカモフラージュし、素肌をトーンアップさせてナチュラルに仕上げます。

BBクリームの選び方

BBクリームを購入しようと決めても、その種類の多さからどれを選べばよいのか迷ってしまうことも。ここでは、BBクリームを選ぶときに押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

【BBクリームの選び方1】カバー力で選ぶ

BBクリームの最大の特徴といえば、やはりその高いカバー力でしょう。自分が抱える肌の悩み、隠したい部分や程度などに合わせ、BBクリームはカバー力で選びましょう。購入する前にサンプルやテスターで、必ずカバー力を試してみてください。

【BBクリームの選び方2】自分の肌質に合わせて選ぶ

購入しようと思っているBBクリームが乾燥肌用なのか脂性肌用なのかを確認して、自分の肌質に合ったものを選びましょう。また、敏感肌用や混合肌用などさまざまなタイプがあるため、配合された成分の表示もしっかりとチェックしましょう。

【BBクリームの選び方3】使い心地で選ぶ

テクスチャーがやや重たく感じてしまうBBクリームは、その使い心地も大切なポイントです。毎日使うものだからこそ、塗布したときに感じる肌触りや伸びのよさ、塗りやすさで選んでみるのもいいでしょう。

キレイに仕上がる!BBクリームの使い方

ここからは、BBクリームの使い方をご紹介します。オールインワン化粧品として、肌の悩みをカバーしてくれるBBクリーム。しかし使い方によっては厚塗り感が出てしまうことがあるため、塗布の仕方にも注意が必要です。

【BBクリームの使い方1】必ず適量を守る

適量は1回につきパール粒大くらいです。BBクリームは、フェイスラインに向かい薄くなるように塗っていくことで、美しく仕上げられます。

BBクリームが適量よりも多い場合は厚塗りになりますし、少ない場合は本来の力を発揮することができなくなるので気を付けましょう。

【BBクリームの使い方2】やさしく伸ばしながら塗る

おでこ、左右の頬、鼻、あごの5点にクリームを置き、内側から外側へ伸ばすように塗ります。目や口の周りなど、しわになりやすいところは薄めに塗るようにしてください。肌の悩みがある部分には、BBクリームを重ね塗りしましょう。ボールペンの点くらいの量を置き、やさしくパッティングするのがコツです。

【BBクリームの使い方3】仕上げのフェイスパウダーを忘れずに

BBクリームは日焼け止めにもなるため、しっかりと首まで塗るようにしてください。また、仕上げにフェイスパウダーを使えばメイクが崩れず長持ちします。なるべくライトな仕上がりになるパウダーを選びましょう。

ハルメクWEB編集部おすすめのBBクリーム

ここでは、ハルメクWEB編集部おすすめのBBクリームをいくつかセレクトしてみました。BBクリームを購入するときの参考にしてみてください。

プレゼントにも最適「セリジエ 薬用美肌ヴェール EX」20mL 2970円(税込)

プレゼントにも最適「セリジエ 薬用美肌ヴェール EX」

スキンケアの後にこれを塗るだけで、乳液、美容液、化粧下地、薄化粧、日焼け止め、美白と1本6役の役割を果たしてくれる高機能なBBクリーム。美容液成分が90%も配合され、うるおいのあるナチュラルな薄化粧ができます。気になるシワ、シミ、ゆるみといった肌の悩みを長時間カバーする、売上本数40万本を突破した信頼ある製品なので、アラフィフ女性へのプレゼントにもピッタリです。SPF30、PA+++。

濃密クリーム「ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト ハリ肌ケアBBクリーム 多機能ファンデーション SPF40 PA++++」30g 3960円(税込)

濃密クリーム「ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト ハリ肌ケアBBクリーム 多機能ファンデーション SPF40 PA++++」

ハリとつやのある小顔に整えてくれる「BBパーフェクトクリーム エンリッチソフト」。うるおいを重視した1本7役の濃密クリームが、一日中みずみずしい肌を作ってくれます。紫外線ダメージから肌を守りながら、毛穴やしみ、くすみをしっかりとカバーしてくれるところもうれしいポイント。気になるしわやハリといった、肌のエイジングケアにも最適です。

敏感肌に最適「Nanarobe (ナナローブ) スーパー BBクリーム SPF30 PA++」30g 2434円(税込)

敏感肌に最適「Nanarobe (ナナローブ) スーパー BBクリーム SPF30 PA++」

SNSや口コミなどで広まったナナローブの高機能BBクリームは、敏感肌の人にも安心して使えると人気です。しかも、肌にやさしいだけではなく、高級美容食材ツバメの巣由来の「コロカリアR」など、贅沢な美容成分が高配合されているため、ハリとつやのある若々しい肌印象を与えてくれます。また、メイクをしても高い保湿力はそのまま。パウダーで丁寧に仕上げたようなきれいな肌が、夜までくすまずに続きます。

CCクリームの選び方

ここからは、CCクリームの選び方をレクチャーします。CCクリームの特性を把握した上で製品を選ぶと、購入後に困ったり悩んだりすることもないでしょう。

【CCクリームの選び方1】色で選ぶ

肌の色を補正してくれるCCクリームは、自分の肌に合わせて選ぶことを心掛けましょう。例えば、初心者なら自然なオレンジベージュ、透明感を出すならパープルやブルー、肌が青白い人なら血色感が出るピンクなどがおすすめです。

【CCクリームの選び方2】保湿成分で選ぶ

保湿力の高さがウリでもあるCCクリームは、ヒアルロン酸やコラーゲン、植物由来エキスなど、保湿成分の種類で選ぶようにしましょう。

【CCクリームの選び方3】UVカット値で選ぶ

日焼け止めの役割も持つCCクリームは、製品のほとんどがUVカット成分を含んでいるため、UVカット値を確認しましょう。UVカット値が高いほど肌の負担が大きくなるため、自分の生活パターンに合ったものを選ぶようにしてください。

CCクリームの使い方

CCクリームの使い方

基本的にCCクリームも、BBクリームと同じ使い方をします。ただしBBクリームが持つ「ファンデーション」「コンシーラー」といった働きはないため、仕上げ方によっては他の化粧品が必要になる場合があります。

【CCクリームの使い方1】必ずスキンケアの後に塗る

透明感のある肌を演出してくれるCCクリーム。肌色補正力を引き出すため、CCクリームを塗る前には必ずスキンケアを行ってください。塗布するのは、洗顔をすませて化粧水と乳液を塗った後になります。

【CCクリームの使い方2】中指と薬指の腹を使う

CCクリームの適量も、BBクリームと同じパール粒大ほどです。手の甲にCCクリームを出し、おでこ・鼻・両ほほ・あごの5点に置くようにします。中指と薬指の腹を使って、顔の内側から外側にムラなく伸ばすように塗りましょう。

【CCクリームの使い方3】フェイスパウダーの仕上げはマスト

CCクリームを塗った後は、フェイスパウダーで肌の表面を仕上げて化粧崩れを防ぎましょう。CCクリームはカバー力が弱いため、物足りなさからファンデーションやコンシーラーを重ね塗りすることもあるかもしれません。その場合は、フェイスパウダーの前に塗ってください。

ハルメクWEB編集部おすすめのCCクリーム

ここからは、ハルメクWEB編集部おすすめのCCクリームをご紹介します。気軽に購入できるプチプラのものから、美白効果がうれしい医薬部外品までをそろえてみました。

プチプラがうれしい「フレッシェル CCクリーム スキンケアCCクリーム」50g 1760円(参考価格)

プチプラがうれしい「フレッシェル CCクリーム スキンケアCCクリーム」

みずみずしく軽い、ウォーターベース処方のフレッシェル。たったひと塗りで肌の色ムラやくすみを明るく見せてくれるブライトアップカラーの効果で、すっぴん肌が美しくなったような気分になります。肌に密着するため、うるおいを与えながら気になる紫外線をカット。クレンジングが不要だから、いつもの洗顔料で簡単に落とせます。プチプラなところもうれしい製品です。SPF32・PA++。

「【医薬部外品】トランシーノ薬用ホワイトニングCCクリーム」30g 2860円(税込)

【医薬部外品】トランシーノ薬用ホワイトニングCCクリーム

トランシーノのCCクリームは、美白しながら肌を自然に明るく見せる製品です。美白、乳液、日焼け止め、化粧下地、色補正といった1本5役のオールインワンコスメ。国内最高レベルのUVカット値を持つため、紫外線が原因で起こるしみやそばかすなどのトラブルから肌を徹底的に守ってくれます。また、ウォータープルーフなので、汗や水で崩れにくいのも特徴です。SPF50+、PA++++。

BBクリームとCCクリームを上手に塗るためのおすすめアイテム

BBクリームやCCクリームは、できることならきれいに塗りたいもの。ここからは、それらを上手に塗るためのおすすめのアイテムをご紹介します。

「ロージーローザ BB・CCクリーム専用ブラシ」880円(税込)

ロージーローザ BBCCクリーム専用ブラシ

BBクリーム・CCクリームの専用ブラシです。肌に密着し、薄づきに仕上げてくれます。先端極細&濃密なファイバーを使用しているため、肌触りもなめらか。使用後はティッシュペーパーなどで、やさしく汚れをふきとりましょう。

「メイク用スポンジパフ メイクスポンジ テックスフリー 乾湿兼用 2個セット」799円(参考価格)

メイク用スポンジパフ メイクスポンジ テックスフリー 乾湿兼用

乾湿兼用のメイク用スポンジパブです。ラテックスフリーのため、敏感肌の人にも最適のアイテム。もちもちとした感触があり、それぞれのクリームを肌にぴったり塗ることができます。収納ボックスも高級感が漂う特別なデザインになっており、プレゼントにもおすすめの製品です。

ファンデーションやコンシーラーの役割を持つBBクリームと、肌色補正のUVケアの役割を持つCCクリーム。それぞれの特長や特性を最大限に生かして使い分けてみるのもいいかもしれません。肌をケアしながら、上手にBBクリームとCCクリームを活用していきましょう。

■もっと知りたい■

  1. 個性派揃いのBBクリームのお試し徹底比較!
  2. 【動画】簡単!大人の若返りメイク術ベース&チーク編
  3. -5歳若返る!シミと肝斑を隠す簡単メイク術   
  4. 老けて見える原因「たるみ」を今すぐ対策すべき理由
  5. 簡単!大人の艶肌メイク・時短が叶う神アイテム3選

関連リンク

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ