素朴な疑問運動は食前・食後、どっちがいいの?

公開日:2022/08/05
運動は食前・食後、どっちがいいの?
運動は食前・食後、どっちがいいの?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

最近運動不足が気になっていて、犬の散歩だけではなく、お友達を誘ってウォーキングでもしようかしら……と考えています。

 

でも、運動って食前にするもの?食後にするもの? 習慣にするなら知っておきたいと思い、調べてみました!

 

ダイエット目的なら運動は「食前」に

ダイエット目的なら運動は「食前」に

運動をするタイミングは、目的によって異なります。

 

運動の目的がダイエット(減量)の場合は、食前に運動を行うのがおすすめです。食前だと、体内の脂肪が運動をするためのエネルギーとして使われます。

 

体を動かすエネルギー源が脂質となることから、食前の運動は脂肪燃焼効果が期待できるのです。

 

しかし、あまりにも空腹の状態で運動を行うと、エネルギー不足になってしまうことも考えられるため、激しい運動は控えた方が良いでしょう。

 

一般的に、最後の食事から5~6時間後には空腹感が出るとされているため、空腹時に激しい運動を行うことでめまいや吐き気、震えなどの低血糖の症状が出てしまう危険があることを把握し、自分の体と相談しながら運動を行うようにしましょう。

 

トレーニングで筋肉を付けたいなら運動は「食後」に

トレーニングで筋肉を付けたいなら運動は「食後」に

一方、筋肉量を増やす目的で運動を行う場合は、食後がおすすめです。

 

筋肉をつけるためには「筋トレ」を行いますが、筋トレは自分の限界値に挑戦することで筋肉を強くするトレーニングであるため、体内に栄養が満ちている状態で行うのがベストです。

 

また、食後の運動は、糖や脂肪が体に蓄積される前に消費できることから、スタイルを維持したいという方にもおすすめのタイミングです。

 

しかし、食後は消化のために胃が活発に動いている状態です。本来胃へ集中すべき血液が、運動によって筋肉に集中してしまうことで、消化不良の原因となることもあるため注意が必要です。

 

そのため、食後といっても30~60分間は避けるようにして、満腹状態での運動をしないようにしましょう。

 

誰でも簡単にできるウォーキングがおすすめ!

誰でも簡単にできるウォーキングがおすすめ!

前述したように、ダイエットをして減量したい人は「食前」、筋肉量を増やしたい人、今の体重をキープしたい人は「食後」に運動をするのがおすすめです。まずは、手軽に始められるウォーキングからスタートしてみましょう!

 

「有酸素運動は20分以上やらないと効果がない」と聞いたことがある人も多いと思いますが、まずは1日10分からでも無理せず習慣化することが大事です。

 

食前にウォーキングをするときは、食事の30分前を目安としてまずは10分間歩くようにしてみましょう。10分間なら階段を上り下りしたり、廊下を行き来したりと、家の中でも気軽に行えます。

 

食後にウォーキングをするときは、食後1時間以内を目安に10分間、負荷を無理に上げないように行いましょう。

 

家の中でもできる運動なら、雨の日が続いても運動を習慣化できて、減量や体重維持といった目的も達成しやすいですね!

 

■人気記事はこちら!


参照:AIM

   MORINAGA

   CREATORS

   ハウス食品グループ

   RUN HACK

ハルメク子さん
ワタシは減量目指して食前のウォーキングをがんばるわ!

イラスト:飛田冬子


 

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加