人生の先輩に学ぶ、生き方と暮らし方の流儀4

樹木希林さん名言集“人と、自分と、どう向き合うか”

公開日:2020/02/25

13
会員限定

2018年9月に75歳で亡くなった樹木希林さん。生前の言葉や行動、暮らしぶりには、たくさんの示唆がありました。それは50代からの生き方の道しるべ。樹木さんが残した言葉の中から、人との向き合い方についての珠玉の7つをご紹介します。

樹木希林さん

人間関係は、相手も自分も認めることから

きんつば
「きんつばを冷凍すると、小豆アイスみたいでおいしいのよ」。取材で伺った際、樹木さんはそう言って、ご自身でお茶を入れてふるまってくださいました

私たちがためこみがちな、人間関係のイライラや、もやもやする思い……。樹木希林さんも、いろいろな思いを抱えていたのかもしれませんが、自分も相手も認めることで、気持ちの整理をつけていたようです。

「自分の悪い点を見据えて、頭を下げるようにしたら、何のことはない、夫は実に優しい人でした」

自分ががんと知り、「夫(ロック歌手の内田裕也さん)に謝罪しないと死ねないと思った」と語っていた樹木さん。翌年の取材時にも、「謝るのはタダだし私にはピッタリ(笑)」とユーモアを交えて、当時の心境を話してくれました。
「いきいき(現ハルメク)」2007年1月号より


「皆が違っていて譲れない部分がある。それを認めた上で、生きて行く私たちっていうのがいいじゃない」

例えば、粒あん派か、こしあん派か。あんこ一つとっても、価値観が異なるもの。でも最後は認め合うしかないのが人間の面白い点、と樹木さんは考えていたようです。
「文藝春秋」2014年5月号より
 ...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ