氣の力で、心と体の安定を手に入れる(2)

合氣道家・藤平信一「氣の呼吸法で、心を静める」

公開日:2019/10/05

更新日:2022/01/14

36
会員限定

私たち一人一人が、必ず持っている「氣」。氣の使い方を知ることは、日常生活のあらゆる場面や人間関係で、体と心を、疲れやストレスから遠ざけ、楽にしてくれます。心身統一合氣道の継承者、藤平信一さんに心が安定する「氣の呼吸法」を教わります。

合氣道家・藤平信一「氣の呼吸法で、心を静める」
合氣道家・藤平信一「氣の呼吸法で、心を静める」

肩こり、重い荷物もラクにできる

「氣」は、誰もが持っているにもかかわらず、存分に活用しきれていない方が非常に多いようです。使い方を知れば、本来のあなたの力を十分に引き出せ、健康を守ることができます。

例えば、肩こりや腰痛が軽減したり、重い荷物を軽やかに持てたり、怒りや不安や執着などを手放すこともできるようになります。安定した心と体を得ることは、よりよい明日を得ることにつながります。

復習をかねて、ざっと「氣」についてお話ししましょう。「氣」とは、あなたの「生きる力」そのものです。氣はもともと大自然に充満しており、私たちも大自然の一部の存在ですから、大自然と私たちとは常につながりがあって「氣」が行き来しています。このようにいつも周囲と氣が通っていてこそ、元氣でいられるのです。

氣を学ぶ上で、すべての基本となるのは「自然な姿勢」です。自然な姿勢とは、余計な力みがない上に、とても安定した姿勢のこと。つま先立ちをして、静かにかかとを下ろすことで足先まで氣が通い、自然な姿勢に整います。初めて心身統一合氣道の稽古や講座を受けた方は、楽で、安定して、長続きする自分の体に驚きます。

でも、私たちには長年の癖があるので、1回やったくらいでは「自然な姿勢」、「氣が通う姿勢」を保てません。何事も習慣づけが必要です。ですから、氣が付いたときでよいので、一日に何度かつま先立ちをして、自然な姿勢になるよう、リセットすることをお勧めしました。続けている方の中には、歩くのが軽やかに感じたり、肩や腰が楽になったと感じたりしている方も多くいます。

静かな呼吸で氣力を養う

今回は、姿勢と同様に大切な、「氣の呼吸法」をお伝えします。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ