グレイヘアの理由・夫婦リンクコーデのマイルールも

人気インスタ!bonponの人生を楽しむおしゃれ術

公開日:2021/09/17

2

インスタグラマーとして、世界中からそのファッションに注目が集まるbonpon(ボンポン)さん夫妻。お二人にグレイヘアにした理由や、インスタグラムを始めたきっかけも含め、人生を楽しむコツについて伺いました。

人気インスタ!bonponの人生を楽しむおしゃれ術

bonponさんのプロフィール

bon(ボン)さん…夫、pon(ポン)さん…妻。宮城県仙台市在住の60代夫婦。2016年から始めたインスタグラム(@bonpon511)は、二人で色柄をリンクさせる夫婦コーデが話題となり、現在のフォロワー数は約83.8万人(2021年9月現在) 。著書に『セカンドライフ、はじめてみました』(大和書房刊)、『bonとpon ふたりの暮らし』(主婦の友社刊)、『bonponのプチプラ着こなし便利帖』(宝島社刊)などがある。

断捨離は本当に好きなものを見直すきっかけに

断捨離は本当に好きなものを見直すきっかけに

Instagram(インスタグラム)で人気のbonさん(夫)・ponさん(妻)のお二人は、グレイヘアと、夫婦でリンクしたコーデがトレードマーク。2017年に、築30年の秋田の実家を離れ、仙台のマンションへ引っ越しました。

「限られたスペースなので荷物はずいぶん減らしました。食器も洋服も、入るだけしか持ってこられないから。でも大好きな洋服は、断捨離するのが一番難しかったですね。本当に必要かどうか判断に苦労しました。結果的に今も荷物の中で洋服が一番多いかな」とponさん。

「みなさんもそうだと思うんですけど、『まだ着られるしもったいない』『痩せたら着られる』とか、迷ってしまって(笑)。でも思い切ってそれらを処分したんです。そうしたら自然と、出番が多くて、着回しがきくものが残りました」とbonさんは言います。

ベーシックな柄なら飽きることなく、何通りも楽しめる

ベーシックな柄なら飽きることなく、何通りも楽しめる

昔から、ボーダーやチェックなどのベーシックな柄が大好きというお二人。中でもこの日着ていたタータンチェックは、bonさんponさんいわく「秋冬になると着たくなる柄」だそう。ワンピースもシャツも、中のインナーを変えたり上着を羽織ったりとアレンジして楽しみます。

「改まった場所に行く機会が少なくなった今、一張羅の服は出番がなくなりました。代わりに、着こなしで印象が変えられるベーシックな柄は、すごく重宝しますね」

「高い服はほとんど持っていないんです。たくさん着回して、古くなったら買い替えて」とbonさん。その軽やかさも、二人の魅力を形作る理由かもしれません。

ルールには縛られず、お出掛け先で楽しめるかどうかを基準に

ルールには縛られず、お出掛け先で楽しめるかどうかを基準に

「50代前半で体質が変わったのか、染髪剤にかぶれるようになって。周りからは、まだ早いんじゃないの?なんて言われたりもしましたが、思い切ってグレイヘアにしたら似合う色の幅が広がって、より自由に服が選べるようになりました」とponさんは言います。

「私たち自身はがんばっておしゃれしようという意識はなく、何でも楽しんでやってみよう、と。もともとインスタグラムも、娘に誘われて『じゃあ、やってみようか』なんて軽いきっかけで始めたんです。コーディネートも、特にこうしなきゃという決まりはなくて。出掛ける場所に合わせて、ヒマワリ畑に行くなら黄色に映える青い服を着ようとか、コンサートならシックなモノトーンにしてみようとか、その都度考えながら決めています」とbonさん。

仕事や家庭が一段落した今こそ、ルールに縛られず、自分の気分が明るくなるものを選ぶこと。それが、二人を素敵に見せている秘密のようです。

靴下の色など、さりげない部分で「リンクコーデ」を楽しむのもbonponさん流
靴下の色など、さりげない部分で「リンクコーデ」を楽しむのもbonponさん流

撮影=中西裕人
 

■もっと知りたい■


【bonponさんとコラボ!】のワンピースはハルメク通販でお求めいただけます

秋服のタータンチェックワンピースをチェックする!

bonponさんとコラボ!シャツワンピースとチェック柄メンズシャツをチェックする!

峯積 抄公子

みねづみ・さきこ 2005年入社。高知県出身。「ハルメク おしゃれ」編集部、ファッション部門担当。身長は150cm前後を行ったりきたり。小さい頃から背が低く、整列すると前から2番目までが定位置。裾上げしたデニムの余り布で、ポシェットが作れます。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ