秋冬のおしゃれ度をアップするストールの巻き方

やわらかな大判ストールで、ねじねじネックレス巻き

公開日:2019/10/30

16

モノトーンでマンネリになりがちな秋冬のファッションをおしゃれに彩る、ストールとスカーフの巻き方をスタイリストの安藤真弓さんに教わりました。今回は、やわらかなカシミヤ素材のストールを使った「ねじねじネックレス巻き」。動画付きで解説します。

ねじねじネックレス巻き

【動画】ストールの巻き方・ねじねじネックレス巻き

さっと羽織るだけで様になる大判ストールは、色柄はもちろんのこと、ウールやカシミヤなど素材のバリエーションも豊富です。色がモノトーンになって重くなりがちな秋冬のコーディネートを明るくおしゃれに彩ります。

ねじねじネックレス巻きは、顔回りの華やかさをアップする巻き方。カシミヤなどの柔らかい素材の大判ストールを使って、ネックレスをつけるような気分で巻いてみて。

 

【写真】ねじねじネックレス巻きのやり方手順

端をつかむ
ストールを広げ、左手側の端をつかむ
右手で細くしごく
右手で細くしごく
両手で持つ
両手で持ち、真ん中からねじっていく

 

ねじっている部分が、肩幅より広くなるようにねじる
首にかける
ねじり終えたら、首にかける
一回結ぶ
一回結ぶ
もう1度結ぶ
結び目を肩のあたりに移動して、整える
完成
完成
ねじねじネックレス巻き完成
撮影=Shu Hasegawa


※この記事は、雑誌「ハルメク」2019年11月号の「何だか似合わない3大原因を解消!」特集、「冬小物でいつもの服がもっとおしゃれに」企画を再編集しています。

教えてくれた人・動画モデル=安藤真弓(Mayumi peaish Ando)
動画撮影=中村彰男


 

雑誌「ハルメク」11月号は秋冬のおしゃれ特集!

「ハルメク」11月号の特集は、「今までの服が似合わない…3大原因を解消!」です。

ハルメク11月号の内容紹介

「去年の服が何だか似合わない……」「おしゃれが決まらない」

その原因は、実は加齢なんです。

年を重ねると太ったり痩せたり、髪の色や量が変わったり、肌の色も実は変化しています。それは当然、おしゃれにも影響を及ぼします。だからといって、クローゼットの中身を全部買い替えるわけにもいきませんよね。

「ハルメク」11月号では、加齢による変化と上手に付き合いながら、手持ちの服をなるべく生かして、「今の自分」にピッタリのおしゃれを見つける……。そんな、リアルで実用的な「おしゃれのコツ」を、たくさんご紹介しています。

立ち読み・ご購読は、「雑誌ハルメクのサイト」から!(※2019年11月29日現在、2019年11月号の申し込み受付は、終了しています)

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も! https://halmek.co.jp315

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ