衣類を断捨離すればSDGsの9目標が達成できる!

65歳パーソナルスタイリストの古着deワクチン体験

公開日:2021/11/12

10

ポリオから子どもたちの生命を救い、開発途上国での雇用促進につながる「古着deワクチン」。多量の衣類を断捨離したい65歳パーソナルスタイリストが初挑戦しました。処分する服の選別、専用回収キットへの袋詰め、発送までの試行錯誤をリポートします。

65歳パーソナルスタイリストの古着deワクチン体験
「古着deワクチン」回収キットに詰めた衣類

資源ごみから「古着deワクチン」へ移行した理由

衣類の処分
衣類の処分

世界的な片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんによると、不用品の処分で最初に手を付けるべきは「衣類」。かさのある衣類は効果を実感しやすく、ときめくものだけを残すことで「やる気」が増すのだそうです。

その「こんまりメソッド」が向いていない私はパーソナルスタイリスト。似合わない服、時代遅れな服も参考例として必要なので、クローゼットは種々雑多な衣類でカオスとなっています。ついにハンガーを差し込む隙間がなくなったときが断捨離のタイミングです。

資源ごみから「古着deワクチン」へ移行した理由
ダンボールに入れた処分する衣類

不要な衣類をダンボールに放り込み、1枚1枚たたみながら最終確認。いつも45Lのポリ袋5~6個の量になります。今までは自治体の資源ごみに出していたのですが、収集所まで何往復もして腰痛になるのは限界でした。回収された衣類の末路も気になります。

自他ともにメリットの大きい「古着deワクチン」

自他ともにメリットの大きい「古着deワクチン」
古着のリサイクル

腰に負担をかけず処分できて、愛着のあった服たちが役立っているかを見届けたい。そこで今回トライしたのが「古着deワクチン」でした。以下の支援が行われます。

  1. 専用回収キット料金の一部は、子どもたち5人分のポリオワクチン代として寄付される。
  2. 回収の準備に関する作業は全国の福祉作業所で行われ、障がい者の仕事につながる。
  3. 開発途上国に送られた衣料は170品目に選別する作業が行われ、雇用の促進につながる。
  4. 店頭に並べて販売することで現地にビジネスが根付く。

多量の衣類は専用回収キットに入りきる?

さっそく申し込んだ「古着deワクチン」からポストに届いた箱を開けると、着払い伝票が貼られた専用回収キットと説明書類が入っていました。

多量の衣類は専用回収キットに入りきる?
ポストに届いた郵送物

回収キットは広げると想像した以上に大きくて、好奇心旺盛な愛猫がすかさずジャンプイン! 追い出して立方体にしようとしても倒れてしまいます。

多量の衣類は専用回収キットに入りきる?
床に広げた専用回収キット
愛猫が飛び込んだ袋
すかさず愛猫がジャンプイン

説明書には立てやすい方法が載っていたのに、衣類を詰め込んで、ガムテープで封をした後で気付きました。

多量の衣類は専用回収キットに入りきる?
専用回収キットの使い方のご案内

薄手の衣類なら100枚強も入り、30kgまで耐えられる専用回収キット。後から移動させるのは無理なので玄関に置いておき、衣類の最終チェックはリビングで行いました。服が82着、靴が7足、バッグが6個。全部入るのか不安です。

多量の衣類は専用回収キットに入りきる?
積み上げた衣類

処分する?しない?で迷った服の一例

水濡れに強いクラフト紙で頑丈に作られた専用回収キットですが、万が一を考え、服はポリ袋に小分けして詰めました。最後まで悩むのは愛着のある服、高級ブランド服、一度も着ていない服です。例えば……

下の画像は、仕事着として愛用した海外ブランドTheory(セオリー)のスーツ。ローライズで時代遅れなボトムスは処分して、ジャケットだけをハイウエストのパンツとコーデすれば使えます。

処分する?しない?で迷った服の一例
処分に悩んだTheoryのスーツ

これからクローゼットに入る服のために、アパレルから頂いた見本品も処分しました。プライスタグが付いている新品なので、次なる場所で高く売れたら本望です。

処分する?しない?で迷った服の一例
プライスタグが付いた新品

大きくて重たくても宅配便の受け取りは可能?

小分けにした服を入れたポリ袋をリビングから運び、玄関のたたきに準備した回収キットに詰めていきました。偏らないように詰めたつもりでも不安定です。懲りずにジャンプインを試みる愛猫を捕まえて記念撮影。

大きくて重たくても宅配便の受け取りは可能?
玄関で衣類を詰めた専用回収キット

最後の難関は袋の口を閉じることで、上に乗って空気を抜きながら、ガムテープでシッカリと補強しました。いびつです(笑)。

大きくて重たくても宅配便の受け取りは可能?
ガムテープで閉じた袋

不格好な回収キットを受け取りにきた佐川急便のスタッフは、スリムな若い女性です。却下されないかと不安げな私に、「古着deワクチンですよね。慣れていますよ!」と、手早くメジャーでサイズを確認。荷物を担ぎ上げ、台車も使わずに運んで行く姿が頼もしかったです。

SDGs目標のうち9つを達成できる「古着deワクチン」は、地球の未来を守るための断捨離。我が家から衣類たちの再出発を見送る安堵感はこの上ないものでした。来春の断捨離でも利用する気は満々です!


お得な特別版「ハルメク 古着でワクチン」をチェック!

特別版「ハルメク 古着でワクチン」は「古着deワクチン」を運営する日本リユースシステム株式会社と協力し、生まれたサービスです。

通常一口につき、ポリオワクチン5人分の寄付となりますが「ハルメク 古着でワクチン」なら、3倍の15人分を贈ることができます。さらにご注文いただいた方には、ハルメク通販でご利用いただけるポイントを300ポイント差し上げます

>>詳しくは、ハルメク通販サイトをご確認ください。

 

■もっと知りたい■

織田ゆり子

作詞家、WEB制作プランナー、パーソナルスタイリスト。着せ替え人形で服をデザインしていた子ども時代からおしゃれが一番の趣味。アパレル・美容関係の交流が広く、同世代の女性が10歳若見えするファッションコーデを提案しています。ブログ「歳を隠すのをやめました」を毎日更新中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ