SNSで知り合うなんて危険じゃない⁉︎

世界につながるSNSで友人を作る方法

公開日:2021/09/28

2

高齢の方と接することが多い仕事をしています。先日久しぶりにお会いした方がその日誕生日でなんと! 89歳になられたそう。「今日から生活を改めようと思って来たの」とおっしゃっていて感動しました。

世界につながるSNSで友人を作る方法

SNSで友人はつくれるもの⁉︎

SNSで友人はつくれるもの⁉︎

人生100年と言われてはいても、実際に自分の意思で自由に暮らしていけるのは何歳までなのだろうか? と一抹の不安を覚えます。でも、この方のように足元がおぼつかないながらも、自分の足で歩ききちんと生活を整えようと思えるなんて、なんて素晴らしいことなんだろう!

まだまだ、やれることはある! 人生をもっと楽しんでいい!

そこで今回は、「世界につながるSNSで友人を作る方法」編をお伝えします。2回にわたり、SNSで広がった世界をご紹介していますが、SNSで知り合い、事故に巻き込まれたケースもニュースでたくさん見聞きし、危険なことも理解はしています。

友人にも話すと怖くない? と言われることも。もちろんフォローし合ったからとすぐに会うわけではありません。

コメントやメッセージなどのやり取りを何度も繰り返し、その方の記事の内容や他のフォロワーさんとのコメントのやり取りを見つつ、人間性を見極めます。そして無理に会おうなんてこともしないようにしています。その機会は自然と訪れるからです。

ある人は、地方から用があって東京に行くので会いませんか?

ある人は、趣味が同じで今度イベントやお店に行ってみませんか?

などとと言ってくださるなど、きっかけはいろいろとありました。

会うまでに時間をかけてやり取りをしているので、今まで「この人とは合わないな」ということは幸いなことにありません。運が良かっただけなのかもしれませんが、嫌な思いをしたこともありませんでした。

ただ、いつでも始められる人間関係ですが、いつでもやめられる希薄な関係とも言えるのかもしれません。どちらかが連絡をしなければ途端に終わる関係に、つい先日も台湾在住の友人と不思議な関係だよね、なんてLINEで話していました。

ブログを通じて台湾在住の友人ができた!

2017年頃、まだ台湾初心者であった私は、次の台湾旅行のために情報を集めていて彼女のアメーバブログにたどり着きました。

人気のある彼女にはコメントがたくさんきていましたが、私の質問に丁寧に答えてくれた人柄に惹かれ何度かコメントのやり取りをし、1年後の2018年、友人3人との訪台の際に食事をすることに!

いわゆる【オフ会】ですね。

ブログを通じて台湾在住の友人ができた!
台湾の空の下、はじめまして! の乾杯

不思議なことに、お互いブログには家族や自分のことを載せているので「はじめまして!」でもなぜか初めて会った気がしないのです。

私の友人2人も含め4人で楽しいひとときを過ごし、またね! と別れるときはちょっと泣きそうに……。初めて会って、数時間しか経っていないのにこれまた不思議。

しかし翌日、偶然街中でバッタリ! そのままグイグイとお店に連れて行き、通訳を頼んだりしてしまいました。「またすぐに会えそうな気がするね」とこのときは笑って別れました。

その半年後の2019年4月と8月の訪台で再会。同行した友人たちや彼女の知り合いの台湾人を含めて食事を楽しみました。数か月後の12月には私一人で台北に滞在したので、二人で電車で1時間ほどの新竹という街に日帰りトリップをし、その日は夜中まで遊びました。

ブログを通じて台湾在住の友人ができた!
 電車の中でショートトリップに乾杯!
ブログを通じて台湾在住の友人ができた!
日本統治時代に造られた新竹駅

翌日もお互い用事を済ませ夕方から会い、またすぐに会えるねと別れたのに……。コロナが蔓延し、今に至ります。

台湾と日本とで離れていますが、LINEで定期的に連絡を取り合っています。また、彼女からひろがった全国にいる台湾好きな仲間も加わり、オンライン飲み会なども行っています。

年下ですが海外に住む彼女からはいつも良い刺激をもらえ、前世では姉妹だったかもねなんて話したことも。どちらが姉だか妹だかはわからないけど……。

SNSで知り合った彼女とは、一生の付き合いになりそうな予感がしています。

 

■もっと知りたい■

ロータス

台湾が大好きで年に何回か渡航していましたが、コロナ禍でずっと行けない日々。でもそんな寂しい思いも前向きに捉えれば新しい生活がスタートしたと言っても過言ではありません。もう50代、でもまだ50代!そんな気持ちでいろんなことにチャレンジしてご紹介していきたいと思います。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ