私を変えてくれた台湾

台湾を好きになり、私の人生は豊かになっていきました

公開日:2021/02/22

5

新型コロナ感染者は減少の傾向にあり、ワクチンの普及が進めば、コロナ以前の生活を取り戻していけるのではないかと、一筋の光が見えてきました。

「好きなもの」で世界が変わった

台湾に夢中になる自分

今まで、年に数回楽しんできた台湾旅行。

多分、2021も海外旅行どころではないでしょうが、また渡航できるようになったら、行きたい所がたくさんあって考えるだけで、ワクワクとしてきます。

子どもの頃から、キャラクターやアイドルにもさほど興味がなく、どこか冷めた性格の私が、初めて夢中になれたのが台湾でした。

どうしてここまで台湾に夢中になったのかと考えてみたら、そもそもは、台湾の色彩豊かなお寺や、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれている(実際は違いますが)、九份(台湾読みでジョウフン)という街並みの、なんともエキゾチックな様子にひかれたのが始まりです。

台湾に夢中になる自分

実際に行ってみると、思っていたよりも清潔な街で、公共施設は日本よりもきれいなんじゃないかと感動しました。また台湾人は親切で真面目な性格の方が多く、日本人の口に合う食事やお茶の文化も魅力的でした。

そして、漢字文化もあり、どことなく日本に似ていながらも、まったく異なる台湾の街並みに、初めての渡航でノックダウンされたのです。

台湾旅行

思い切って参加したボランティア活動

再び台湾を訪れたのは、それから5か月後のこと。旅行好きな友人を誘い行ったのですが、友人も気に入り、安いツアーを見つけ、また、すぐ2か月後、さらに半年後にも訪台しました。

こんなに短い期間に、3度も訪れ、「いい加減、飽きたでしょう?」と、家族にいわれましたが、飽きるどころか、台湾が好きな想いはさらに加熱していきました。

 

新しい扉を開けてしまった

そんな中、代々木公園で開催される「台湾フェスティバル」でボランティアを募っていることを知りました。

ボランティア活動には、体力・気力が要るでしょうし、それにきっと若い子たちしかいないかもしれないと、気後れもあり、かなり迷いましたが、思い切って参加しました。同じく台湾好きで参加した方、さまざまなイベントのボランティアをしている方、意外と同世代の方々もたくさんいて、新しい世界を垣間見たような思いでした。

 

さまざまな世代の台湾仲間と日帰り台湾旅行を決行!

日帰り台湾に挑戦

その後も、何度かボランティアに参加し、世代が違う知り合いもできました。台湾通な方もいて、休憩中に「日帰りで台湾に行ったよ」なんて驚愕する話を聞きました。土日で日帰りなら仕事も休まなくて済むし、その分ホテル代も浮くし、それもいいなと思いました。

海外に頻繁に行くようになると、気になるのは勤務先と家族への配慮と費用の面です。その点、日帰りならその辺りの問題がクリアできるなと思い、同じ旅行スタイルを希望していた台湾好きの仲間、日帰りベテラン台湾通の同世代仲間、海外旅行が大好きな20代女子たちと、はたから見たらなんの団体だろうと首をかしげられそうなメンバー5人で、日帰り台湾に挑戦しました。

日帰りといってもそこはさすがに海外。0泊2日の弾丸ツアーとなり、ほぼ2日睡眠がままならなず、1日に27kmも歩き、50代にはかなりきつい旅行となりました。しかし、高揚感に包まれた、思い出深い旅行となりました。

今でも思い出すと、あのときに戻りたいと思うほど楽しい旅でした。こうして、台湾を好きになったことで、私は新しい扉を一つ一つ開けていくこととなったのです。

 

■もっと知りたい■

ロータス

特技などない私ですが、文章を書くことが好きで、9年続けているブログを通して、たくさんの方と出会い、数年前から何度も渡航している台湾を通して、世界が広がり、人生はまだ楽しめることがたくさんあるのだと実感しています。50代から楽しめることをたくさんご紹介したいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ