自分を支えているくれたのは、旅でした

50代でも人生は楽しめる

公開日:2021/02/05

13

年を取るにつれ、楽になってきたことと、つらくなってきたことがありました。つらくなってきた自分を支えてくれるものたちとの出会いがあり、人生はまだまだ楽しめると思い始めることができました。

50代でも人生は楽しめる

初めまして! 読者ライターをさせていただくロータスと申します。
1年間、無事に終わることができるだろうか……と、他の読者ライターの皆様の記事を拝見すると不安になりますが、自分らしく感じたことをお伝えできたらと思います。よろしくお願いします。

ずっと自分が嫌いだった

結婚をするまでは、友人と海外旅行を楽しんでいましたが、経済的な理由などで縁遠くなっていきました。

お母さんだから、家計を任されている主婦なんだ、しっかりとしなくては……と、思ってはいても、独身時代を思い出し、若い人たちが海外に留学したり、海外に住んだりという話を聞くと、うらやましく、自分にもそんな人生があったのではないかと、大人になり切れない自分が嫌いでした。それから、しっかりとしたママ友と自分を比べては、自己嫌悪に陥っていました。

自分を救ってくれた台湾

自分を救ってくれた台湾

経済的な負担が軽くなってきた頃、家族と台湾に行きました。

しかし、初めての台湾の思い出はまあまあなものになってしまい、「すぐにリベンジをしたい!」と強い思いに駆られ、親しい友人を誘い、思い切って再び台湾を訪れました。すると、台湾の楽しさに開眼してしまい、それから海外旅行が身近なものになりました。

家計は楽なものではありませんでしたが、パート代から工面し、年に数回の訪台を生きる糧として、生活の一部となっていきました。

面倒な家事や仕事、親戚付き合いを乗り越えてれこられたのは、それさえこなしていれば、家族から文句もなく台湾に行けたからです。

何度かの訪台で、台湾在住の友人ができたり、SNSなどで知り合った台湾好きな方々と交流をしたりする中で、いろいろな世代にいろいろな人がいて、みんなそれぞれに思い思いに人生を歩んでいるのだなと、思うことができました。

劇的なことがあったわけではなく、とても小さな出来事が少しずつ重なるにつれ、素直に自分は自分でしかいられないんだと、思えるようになりました。

日常が小さな旅と冒険

日常が小さな旅と冒険

年に数回訪れる台湾。でも、日本に帰れば現実が待っています。

腹立たしいこともあれば、自分の未熟さにいら立つこともあります。

そしてコロナという未曾有の出来事によって、昨年1年は海外どころか、国内旅行さえもままならなくなってしまい、今年もどうなるかわかりません。

気持ちが落ち込む日もあります。

そんなとき、気分転換になっていたのは、日常の中の小さな旅でした。

好きな事や得意なことは人それぞれですが、わたしの場合は、仕事帰りなどにいつもとは違う道を歩いただけで、旅気分になります。

カフェや公園、神社などを見つけたときの高揚感は、台湾の街を歩いていたときに感じたものと同じです。

好むジャンルとは違う本にチャレンジすることも小さな冒険で、得た知識はさらに生きやすくなり栄養剤となります。

日々の小さな旅や冒険が、私にとって生きる糧になっています。

50代になっても人生は、日常の旅や冒険の積み重ねで楽しく、頼もしく過ごせる日々になると実感しています。

 

ロータス

特技などない私ですが、文章を書くことが好きで、9年続けているブログを通して、たくさんの方と出会い、数年前から何度も渡航している台湾を通して、世界が広がり、人生はまだ楽しめることがたくさんあるのだと実感しています。50代から楽しめることをたくさんご紹介したいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ