アメリカ発!ハッピーなダイエット法

コロナダイエットの意外なメリット

公開日:2021/02/11

31

コロナ時代のダイエットとダブル在宅勤務の問題点は? その意外でシンプルな解決法は、アメリカの素敵なアラフィーインフルエンサーも実行しているダイエットでした!

コロナダイエットの意外なメリット
どうしてダイエットって難しいの?

コロナはダイエットの敵

決定打、手作りバスチーはおいしかったけど…… 
このレース調のかわいいお皿は、コロナ勃発数か月前にプロヴァンスで一目惚れして連れ帰って来たもの

ダイエットほど難しいことは世の中にありません。ビジネス課題を解決するのは得意な私なのになぜ?! コロナ騒ぎが始まった2020年の2月から体重はグングン増え、6月にはピークに。理由は明らかで、運動不足の上、夫と一緒に3食しっかり食べるようになったから。決定打はストレス解消のためついバスクチーズケーキを作ったら、ものすごくおいしくできたのに夫はひと口食べただけ。結局私一人で完食してしまったのです。このとき深く反省し、「私でもできそうな」ダイエットを始めることにしました。

 

インターミッテント・ファースティング(継続的断食)とは

インターミッテント・ファースティング 継続的断食とは

「インターミッテント・ファースティング(継続的断食)」は、 50代でもスタイル抜群の友達や仕事でお付き合いのあるアメリカの人気インスタグラマーさんたちが、軒並み実践しているダイエットで、著名医師がベストセラー書で提唱しています。

食後12時間経過するとインスリン値が低下して痩せる時間に変わる、理にかなっている脂肪燃焼法で、食べる時間を24時間のうち8時間くらいに制限するだけ。

私はもともと、朝はコーヒーだけでお昼過ぎまで大丈夫な方だったので、1時頃、仕事の合間にランチを食べることに。そして、8時前に夫とおいしい夕食を楽しむ、ゆる〜いダイエット。おやつにナッツやチーズをつまんだり。結果、体重はまだ2kgほどしか減っていませんが、体重増はストップしました。

 

でも、夫はどうする?

ただ、一つ問題がありました。それは夫の朝食とランチ。私たちはダブル在宅勤務で、ゴルフに出掛ける以外は終日、週末も仕事をしています。昨年二人ともずっと家にいる生活が始まった頃は、良妻モードにスイッチが入り、卵料理や、フルーツ・チアシードカップなどを毎朝目先を変えて作っていました。

でも、だんだんお昼のメニューを考えるだけでも面倒くさい、食事のために私の仕事を中断したくない、余分なカロリーを摂取する羽目になっていやだ〜など、ストレス急増サイクルに陥っていました。

そこで、とにかく仕事優先にして家庭内平和も大事にし、すべてを一挙に解決できるのがこのインターミッテント・ファースティングだと発見したのです。

「私はこのダイエットを始めるので、夕飯以外は自分で好きなときに好きなものを作って食べてくれる?」って聞いたら、夫はあっさりOK。私の訳のわからないイライラに困惑するより、ずっと簡単な解決策だ、良かったと言ってくれました。な〜んだ。お互いストレスがなくなり、ハッピーな結果になりました。 


次回は、夫がどのような朝食とランチを作っているか、そのためのインフラ作りのコツをご紹介します。

 

石井万弓

優れた日本製品の米国進出全面支援会社経営。東京生まれ、津田塾卒。マッキンゼー、証券アナリストを経て、カリフォルニア生活もあっという間に35年。楽しいことが大好きな私のフィルターを通して、いいもの、面白いアイデア、素敵なことを発信していきます。たか見え手抜き時短料理が得意。instagram

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ