ニュースで見たところに行ってみたい!

どこでも何でもがトリップに!

MIMI
2019/05/24 3

旅行が大好きなMIMIさん。でも、彼女の旅行先は一風変わっていて……。今回は天皇陵を見に行ったときの体験をご紹介します。

昭和天皇陵
昭和天皇陵
【目次】
  1. 旅のヒントはいつもニュース
  2. 武蔵野陵ってこんなところ
  3. 視察気分で楽しんでいます

旅のヒントはいつもニュース

はじめましてMIMIと申します。私は旅行が大好きです。もちろんガイドブックで紹介されているおすすめの観光地を訪ねるのも好きですが、旅のヒントにするのはいつもニュースで取り上げられるスポット。実際に見たい、行ってみたいという気持ちが募ります。

令和の時代が始まりました。

ここ1か月は天皇陛下のお代替わりに伴って、皇室の伝統行事が執り行われていますね。その中の1件、現上皇ご夫妻が退位の報告のために東京都八王子市にある武蔵野陵を参拝されたとのニュース。見られたかたも多いのではないでしょうか。

私がここを訪ねたのは2018年秋のことです。今回あらためて各メディアで取り上げられていたので、もう一度、今度は春の武蔵野陵に出かけてみるのもいいかなと思っています。

武蔵野陵ってこんなところ

初めは、勝手に「山奥にあるのでは」というイメージをもっていましたが、実際はJR高尾駅から徒歩圏で電車でも交通至便なところにあり、平坦で歩きやすい道です。

さらに宮内庁管轄の天皇家の墓所であるにもかかわらず、セキュリティチェックなどもなく、誰でも気軽に参拝できるのに驚きました。参拝料もいりません。

ただし、当然に管理は行き届いているようで、犬を連れたご夫婦が参拝しようとしたところ、どこからともなく職員の方が出てきて、制止されていました。

正門から続く参道は、高さ20メートル以上あるような北山杉などの樹木に覆われていて、これらが一層の静寂をもたらしているように感じます。

とにかく静かです。玉砂利を踏む音だけが響き渡って、自然と身が引き締まるとともに、ものすごいパワーを感じました。
 

大正天皇陵
大正天皇陵

 

広大な敷地には、武蔵野陵として昭和天皇陵・香淳皇后陵が、多摩御陵として大正天皇陵・貞明皇后陵が、それぞれが寄り添うように建てられています。けっして華美ではありませんが、これまで見たこともないような荘厳な景観です。

ちなみに4陵ともに「上円下方墳」という形状だそうで、その名の通り上部が丸く、下部が四角いものでした。これを機に少し調べてみたのですが、全国にはたくさんの天皇陵があるようです。

明治天皇は伏見桃山陵に埋葬されているとのことなので、次回京都旅行の際には、参拝が欠かせないなと思っています。
 

天皇陵の道

視察気分で楽しんでいます

私の場合、多くはニュースから関心や興味を抱いて、視察する気分で出かけていくので「どこでも何でも」が旅になります。実際に足を運んで、自分の目で見て、肌で感じれば、必ず何かを得られるはずですし、そこから派生して、いろいろ調べたりするのも面白いです。

これからもどんどん旅をして、自分のインプットを増やしていきたいなと思っているところです。

MIMI

神奈川県 /60歳
神奈川県 /60歳

2019年5月末をもって定年退職。ライフワークとして取り組む仕事のために、勉強を始めたばかりです。趣味は旅行。周りからは「変わった所ばかりに行ってるね」と言われます。長年、サラリーマンだったので主婦の実力は低めです。ハルトモ倶楽部を通して、新しい出会いに期待しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ