占い師・章月綾乃が監修!無料で怖いほど当たる

【水瓶座・みずがめ座】今月の占いと2021年運勢は

公開日:2020/06/18

更新日:2021/04/06

30

水瓶座(みずがめ座)の無料運勢占いをお届けします。今月の月間占いや毎月の運勢から、今年2021年の年運まで、人気占い師・章月綾乃さんが監修。全体運&総合運や健康&美容運から、気になる仕事&金運、恋愛&愛情運までチェックしてみましょう!

水瓶座

水瓶座(みずがめ座)の無料運勢占いを毎月更新!ダイジェストで一挙紹介します。詳しい内容は各占いのリンクページをチェックしてみて下さいね!

【基本の性格】水瓶座・みずがめ座(1月20日〜2月18日生まれ)

みずがめ座

水瓶座はひと言でいえば、変わっている人です。こだわりが強く、マイルールを持っているでしょう。ただ、すべてが自己流かといえば、そうではなく、社会が求める条件は、抜かりなく調べ、整えていくでしょう。

いわゆる優秀だから、特例を認めざるを得ない存在なのです。やるべきことはきっちりとやって、自由と個性を貫きます。

大人になったみずがめ座は、退屈しています。社会のしがらみに捉われて、型にハマった生き方を選ぶことになるからです。

非常識が専売特許だったのに、今は制御する側に回るのも不本意なはず。ならば、古臭い常識やルールを改善してみるのはいかがでしょう? 未来への橋渡しができれば、いつまでもイキイキと輝くことに!

【今月の占い】2021年4月★水瓶座の運勢

水瓶座

2021年4月・水瓶座占い

【全体運】

4月を読み解くキーワードは、スピードと未完成です。物事は粗削りでよく、全体を整えなくても、ぼんやりと形になっていれば、みんな納得するようです。なにせ、このご時世ですから、例年通りの完成度でやろうとすると、すごく苦しい思いをすることになるでしょう。

でも、発想を変えて、あるものでやってみる、足らなくても隠さずに見せてしまうと決めてしまえば、ぐっとハードルが下がってラクになるはず。日本には、古くから見立ての文化があり、能楽のように何もない空間にさえ、特別な物語を読み取る鋭い感性が備わっています。

想像力、そして、発展性を信じましょう。ありのままでやってみると決めると、可能性は無限大に広がっていくはず!

……全体運の他、健康運・仕事運・恋愛運などもチェックしてみて下さいね。

【2021年度上半期の占い】2021年1月~2021年6月★水瓶座の運勢

【2021年度上半期の占い】2021年1月~2021年6月★水瓶座の運勢

2021年度上半期・水瓶座占い

12年に1度の幸運期を迎えたみずがめ座さん。目の上のたんこぶや手足を縛っていた制約が消えて、何か新しいことをしたい気持ちが強まっているでしょう。2月は少々、用心深く。3月以降、スピードアップが大正解!

……2021年度上半期全体運の他、月ごとの運勢もチェックしてみて下さいね。

【今年の占い】2021年(令和3年)★水瓶座の運勢

水瓶座

2021年・水瓶座年間占い

【2021年全体運】

誰よりも未来志向のみずがめ座さんですから、きっともうこれからの大きな流れについては、持ち前のアンテナでキャッチしているはず。「風の時代」だからこそ、みずがめ座の大幸運期の到来、追い風を体で感じているでしょう。

ただ2021年2月は、土星と天王星が昨年と同じタイトさでハードな角度を形成します。勢いづいて始めたことに急ブレーキがかかるかも? 慎重にこの時期を乗り切り、本気を出すのは3月以降が安全です。

年度の変わり目は、好条件で自分を売り込むチャンス。かねてからやってみたかったことも、スムーズに実行に移せるでしょう。5月から7月までは、安定ゾーンへ。根回し、地固めをしっかりと。8月、9月は、周囲との連帯がカギになります。チームやグループの結成、参加で世界を広げましょう。10月、11月は、願いがかなうミラクル期間へ! パワー全開で! 

……2021年の全体運の他、健康運・仕事運・恋愛運などの年間占いもチェックしてみて下さいね。


【2021年の最新運勢】水瓶座の占い&運勢は?

【月間占い】水瓶座の運勢を毎月更新!

水瓶座(みずがめ座)の無料運勢占いはいかがでしたか? ぜひ、自分の星座の他にも、家族や友達や恋人の占いもチェックしてみてくださいね!

■もっと知りたい■

【12星座別】今月の運勢・月間占いで他の星座もチェック>>

章月 綾乃

占術研究家・心理テストクリエーター。All About占いガイド。 雑誌やwebにて、占い記事、心理テストを監修、執筆。 『こっそり読みたいオトナの心理テスト』(実業之日本社刊)他、著書多数。 小学館『Sho-Comi』、『増刊フラワーズ』『Cheese!』、anan web他にて好評連載中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ