読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】区区・態態の読み方・同じ漢字の熟語

公開日:2020/01/25

更新日:2020/01/26

50

「云云」「区区」「態態」は何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ! 今回は、同じ漢字が2つ続いてできた熟語をご紹介します。

区区
「くく」も間違いではありませんが…

【区区】「くく」とも読みますが……

まずはこちらの「区区」。

日常的な言葉としてよく使う意味としては「さまざま」「それぞれ異なっている様子」などを表します。正解は……

「まちまち」

「皆の言うことが区区だ」といった使い方をします。「くく」とも読むのですが、「まちまち」のほうが馴染みがありますね。

【云云】引用文や語句のあとを省略したいときに

続いてはこちらの「云云」。

云云

広辞苑によると意味は次のとおり。

1.引用した文を中途で切り、以下を省略する時に用いる語。しかじか。これこれ。

2.「という」「ということである」の意で、引用の文または句の下につけて文を終わる。

3.一言では言い切れないさまざまのこと。

わかりましたか?

正解は……

「うんぬん」

云云

詳細をぼかしたり、伏せたりするときに使いますよね。「しかじか」とも読みます。

【態態】もちろん「たいたい」じゃありません!

最後にこちらの「態態」。

熊熊

「たいたい」と読みたくなりますが、広辞苑で意味を見てみると、

1.その事だけのために、特に行うさま。特別に。とりたてて。

2.ことさらに。故意に。わざと。


「態態ありがとうございます」など日常生活でもよく使う言葉ですね。

正解は……

「わざわざ」

熊熊

態度の「態」、変態の「態」と考えると、意外かもしれません。

同じ漢字を2つ使う熟語はほかにもたくさんあります。「抑抑(そもそも)」「交交(こもごも)」なども読めそうで読めないのではないでしょうか。ぜひ覚えてくださいね!


文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)


■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ