木村友泉|大人のリンパ・からだケアLesson#9

背中のケア★背中のはみ肉スッキリ!【前編】

公開日:2024.04.28

更新日:2024.05.20

奇跡の65歳、大人気のリンパケアトレーナー・木村友泉さんが、大人女性の心と体の不調を改善するリンパケアを教える連載の第9回。今回は背中のもたつきや脇肉がスッキリして、後ろ姿も美しくなるリンパケアを解説します。

ブラジャーの締め付けなどで脂肪や水分が溜まると、背中や脇のハミ肉に!

ブラジャーの締め付けなどで脂肪や水分が溜まると、背中や脇のハミ肉に!

みなさん、こんにちは。リンパケアトレーナーの木村友泉です。

薄着になる季節、意外に見られているのが後ろ姿です。かっこよくTシャツを着ているつもりが、後ろ姿を見たら、背中がもたついていた……なんてことは避けたいですよね。

私たちはどうしても顔や胸、お腹など、鏡で見えるところばかり意識しがちです。でも、真正面からあなたのことを見る人って、実はあまりいません。

だからこそ後ろ姿、とくに「背中」を意識することが大切なんです。

ブラジャーの締め付けなどで脂肪や水分が溜まると、背中や脇のハミ肉に!

背中や脇のはみ肉の多くは、ブラジャーで締め付けることによって背中や脇に脂肪や水分がたまり、むくみやすくなっていることから起こります。ためしに脇の下あたりの、ブラジャーが当たっている部分を指で刺激してみてください。

ここ、かなり痛がる女性が多いはずです。痛いのは、筋膜が癒着している証拠。ここの筋膜の癒着をとると、滞っていたリンパが流れやすくなり、二の腕や脇のまわりがスッキリします。

そして、美背中をつくるのにポイントとなるのが背骨です。

スマホやパソコン作業、運動不足などで緊張し、背骨をあまり動かすことが少ない現代人は、背骨も背中の筋肉もガチガチです。これに姿勢の悪さも加わって、血流が悪くなり、老廃物もたまりやすくなります。

普段の生活のなかで、いかに背骨と背中を動かすか。これを意識するだけでも、ずいぶん変わってくると思います。

背骨や背中がゆるめば、しなやかで美しい背中に!

普段、凝り固まっている背骨をしなやかに動かし、背中の筋肉をゆるめること。そうすれば、薄着も怖くなくなるはず。

「背骨をしなやかに動かす」って? と思われるかもしれませんね。
背骨は、1本のまっすぐな骨ではなく、椎骨と呼ばれる骨が一つ一つ連結したものです。体を横から見ると、背骨全体ではS字状に湾曲しています。

背中を丸めたり、背中をそらしたり、脇を伸ばしたり、お腹をひねったりして背骨がしなやかに動かすことで、背骨まわりの筋肉もゆるむのです。

ところが、私たちの日常生活では、背骨や背中に刺激を与えることがとても少なくなっています。背中は自分で触ったりマッサージしたりできないので、背中が凝り、疲れもたまり、脂肪も水分も溜まる一方になっています。

そこでリンパケアで背骨や背中に振動を与えて、凝っている筋肉をゆるめて、背中と脇のリンパがスムーズに流れるようにしましょう。

むくみも解消され、スッキリとした美しい背中になるのはもちろん、疲れもとれて、代謝が促進され、ダイエット効果も期待できますよ。

後編では、実際の動きをわかりやすく解説します!

取材・文/樋口由夏 撮影/中西裕人 ヘアメイク/木村三喜

■次回
>>>背中のケア★背中のもたつきや脇肉がスッキリして、後ろ姿が美しく!【実践編】

木村友泉さんに心と体のケアについて質問してみませんか?

こんな不調にはどんなケアがいいんだろう?自分のケア法があっているかちょっと心配……。
そんな読者のみなさんの悩みや質問にも、連載の中でできるだけお答えしていきたいと思っています。

ぜひ、お気軽にご質問等、お寄せくださいね。楽しみにお待ちしています!
>>>木村友泉さんに質問する

木村友泉さん流リンパケアのすべてがわかる!

木村友泉さん流リンパケアのすべてがわかる!

木村友泉さんのリンパケアなら、ほうれい線も顔たるみも、ぽっこりお腹も、何歳からでもスッキリ解消!若々しい肌とスタイルを取り戻せます!大人気連載やコツがわかる動画をまとめてご紹介します
>>詳細を見る!

木村友泉

1959年富山県生まれ。「LHJ(ライフ&ヘルス ジョイ)」代表。富山大学薬学部卒業。薬剤師として勤務するも薬での治療に限界を感じ、リンパケトレーナーの道を進む。現在は講演会や執筆など精力的にリンパケアの啓蒙に努めている。

\ この記事をみんなに伝えよう /