たるみをメイクでリフトアップ見せ!

目元を引き上げて見せる“ハイライト&チーク”テク

公開日:2024.02.24

年齢を重ねるとなんとなく下がってくるまぶたや頬。スキンケアや表情筋のトレーニングも重要だけど、瞬時にリフトアップ見せしてくれるのはやっぱりメイク!編集部員も驚いた!ケバくない。だけど自然に-5歳見せしてくれるプロ直伝魔法のテクニックとは?

教えてくれたのは、フェイシャルデザイナー NoLiさん

■教えてくれたのは、フェイシャルデザイナー NoLiさん
フェイシャルデザイナー NoLi (AshGrey)
https://ashgreynoli.com/

海外のコレクションやファッション撮影、CM広告などに加え、メイクレッスンや出張ヘアメイク等、幅広く活躍。“上品さ”と“その人らしさ”を大切にしたメイクアップに定評があり、松任谷由実、桃井かおり、草笛光子(敬称略)をはじめ、国内外の芸能人やセレブから絶大なる支持を得ている。

目元のリフトアップ見せはハイライトとチークで叶える

目元のリフトアップ見せはハイライトとチークで叶える

目元をリフトアップさせて見せるのは、アイメイクではなく、ハイライトとチークです。

目尻の下を明るく見せる+チークを的確な位置に入れることで、まるで目元がリフトアップしたかのように見せることができます。

“リフトアップ見せ”によく使われるシェーディングは、元々の骨格に立体感のないアジア人が無理して入れると悪目立ちをしてしまうので、上品に仕上げたいときの使用はやめましょう。

脱・膨張顔!リフトアップ見せメイクのコツ

脱・膨張顔!リフトアップ見せメイクのコツ

  1. 目尻側にコンシーラーを塗布
  2. 「笑って高くなる所」にチークを入れる
  3. 目尻~少しチークに重なるあたりまで、クリームハイライトを塗布

まずは目尻側に、やや明るめのコンシーラーをのせます。場所は、目尻の下の「光が当たると明るい部分」です。

続いてチーク。

チークを入れると「おてもやんになりそう」と避けていたり、そもそも入れる場所がわからないと悩んでいたりする人が多いと思います。

また、チークを入れる場所は「笑って高くなる所」と頭ではわかっていても、もともと笑わないでも出ている頬骨の上にチークを入れてる人が多くいます。これでは顔が大きく見えてしまうので絶対にやめましょう。

「笑って高くなる」チークを入れるべき場所は、小鼻の横に指を1本置いた横です。

大きなブラシでパウダーチークを取ったら、その場所に500円玉くらいの大きさに丸く入れてから、頬骨に沿って顔の外に向かってぼかしていきましょう。

はっきり色がわかる量は入れ過ぎです。なんとなくふんわり入っている程度がベター。

そして最後に、クリームタイプのハイライトを重ねれば完成です。

エラ張り顔さんやお顔にハリのある方は、チークを入れない方がきれいなので、入れないで大丈夫です。

※本記事で紹介した『#NoLiメイク』の方法は、動画配信もしています。

取材・文=橘美波(ハルメク365編集部)

■もっと知りたい■

  1. 肌年齢-5歳見えするファンデーションテクニック
  2. かんたん!シミ・クマ隠しテクニック
  3. プロ直伝!今日から実践できるかんたん眉メイクとは
  4. プロ直伝!崩れにくい“若見え”アイシャドウ
  5. 瞬時に気分が上がる!アイラインの簡単な入れ方
  6. “目力アップ”をナチュラルに叶えるメイクテク
  7. 目元を引き上げて見せる“ハイライト&チーク”テク
  8. 50代からのパーツメイクのコツ5選【プロ伝授】
  9. >>【動画で見る】NoLiメイク特集TOPへ

よりメイクがわかりやすい!動画チェック

▶目元が瞬時にリフトアップ見え!プロのスゴ技“ハイライト&チーク”

脱・膨張顔!リフトアップ見せメイクのコツ

動画なら、本記事で紹介したメイクがもっとわかりやすく簡単に習得できます!
スマホで見やすい縦動画のため、メイクしながら、「一時停止」や「巻き戻し」を繰り返し、実践してみてください。

>>【NoLiメイクTOP】「今」が輝く!かんたん上品#NoLiメイク

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /