専門家監修丨空腹よさらば!食べて痩せるダイエット

脂肪燃焼スープは夜だけでも効果あり?やり方とコツ

公開日:2022/03/18

更新日:2022/03/23

4

脂肪燃焼スープは夜だけの置き換えでも、摂取カロリーを抑えられるためダイエット効果が期待できます。ダイエット期間中につきものの空腹や食欲の我慢はつらいもの。夕食だけスープに置き換える「夜だけ脂肪燃焼スープダイエット」を専門家監修のもと解説。

脂肪燃焼スープは夜だけでも効果あり?やり方とコツ

 脂肪燃焼スープとは?

デトックススープやダイエットスープとも呼ばれる「脂肪燃焼スープ」とは、野菜をたっぷり入れたヘルシーなスープのことです。

普段の食事を脂肪燃焼スープに置き換えるダイエットは「脂肪燃焼スープダイエット」と呼ばれ、発祥については諸説ありますが「心臓外科手術前に患者さんの体重を無理なく落とすために、海外の病院で考えられた方法」という説が広く知られています。

脂肪燃焼スープは夜だけでも効果はある?

脂肪燃焼スープは夜だけでも効果はある?

脂肪燃焼スープを活用したダイエットは、他の食事の栄養バランスや量に気をつければ、減量につなげられます。

これまで食べていた夕食を、野菜たっぷりのヘルシーな脂肪燃焼スープに置き換えれば、夜の摂取エネルギーを抑えられ、痩せやすくなる効果が期待できるでしょう。

本来、脂肪燃焼スープダイエットは1週間毎日スケジュールが決まっており、3食を脂肪燃焼スープ+決められたメニューに置き換える方法です。そのため、栄養バランスが崩れたり、継続が難しかったりすることもあります。

しかし、夕食だけ脂肪燃焼スープに置き換えるのであれば、栄養バランスも崩れにくく、無理なく継続しやすいでしょう。

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットのやり方

ダイエットをするときに大切なのは、1日3食、主食・主菜・副菜が揃った栄養バランスのよい食事を目指すことです。夜だけ脂肪燃焼スープダイエットでは、そのうちの1食、夕食のみを脂肪燃焼スープに置き換えます。

また、ダイエット期間中は脂肪燃焼スープダイエットの基本のルールを守ることが大切。以下が脂肪燃焼スープダイエットの基本ルールです。

  • アルコール(お酒)は飲まない
  • 甘味料が含まれているものは食べない、飲まない
  • 飲み物は水かお茶、ブラックコーヒー
  • 1週間毎日、夕食は脂肪燃焼スープを飲む

脂肪燃焼スープの基本レシピ・作り方

脂肪燃焼スープにはいろいろなアレンジレシピがありますが、基本のレシピ・作り方を以下でご紹介します。

  • キャベツ……半分〜1個
  • にんじん……1本
  • たまねぎ……3個
  • セロリ……1本
  • トマト……3個(トマト缶でも代用可能)
  • ピーマン……1〜4個(苦手であれば抜いてOK)
  • コンソメなど……適量
  • 塩こしょう……適量
  • 水……野菜が浸るくらい

作り方は簡単で、上記のすべての野菜を切って煮込み、コンソメなどで味付けするだけ。温めるたびに水分が飛ぶため、最初は薄めの味付けがおすすめです。野菜がクタクタになるのを避けたい場合は、少量ずつ作るといいでしょう。

脂肪燃焼スープで痩せる理由

脂肪燃焼スープが痩せるといわれているのは、野菜のみのヘルシーなスープに置き換えることで摂取カロリーを抑えられるからです。また、野菜スープにはカリウムによる、むくみ解消効果があります。さらに、温かいスープは体を温めて血行をよくするため、代謝がアップする効果が期待できます。

野菜がたっぷり入ったスープは、食物繊維も豊富。食物繊維には腸内環境を整える作用があり、ダイエットの敵といわれる便秘解消にも役立ちます。

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットのメリット

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットのメリット

ここからは「夜だけ脂肪燃焼スープダイエット」のメリットをご紹介していきます。

栄養バランスが偏りにくい

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットでは、極端な食事制限は行わず、1食のみ置き換えるだけでダイエットを行います。朝食や昼食は食べ過ぎに注意すれば普通に食べてOK。栄養バランスの偏りを防ぎながら、ダイエットができます。

市販の置き換えダイエット食と比べて安く済む

脂肪燃焼スープに使う野菜は、どれも基本的に高くありません。家の冷蔵庫にいつも入っているような定番の野菜で手軽に作れるので、材料費が安く済みます。

置き換えダイエットのための食品や飲料はいくつも販売されていますが、専用の商品を買い続けるのはコストがかかります。脂肪燃焼スープであれば、専用の商品を買わなくてもコストを抑えて置き換えダイエットができます。

夕食の量を減らせる

日中と比べて、夜は活動量が少ない時間帯です。夕食を食べ過ぎた分は消費されないまま、脂肪として体に蓄積されやすくなります。

夕食をヘルシーな脂肪燃焼スープに置き換えることで、脂肪の蓄積を予防できます。

また、夕食を食べ過ぎると寝ている間に消化活動が活発になり、睡眠の質が低下します。睡眠の質は肥満に影響するだけではなく、睡眠不足や翌日の体調、肌の調子にも関わる部分です。

リバウンドしにくい

本来の3食を置き換える脂肪燃焼スープダイエットは、食事制限によって痩せる短期集中型のダイエット方法です。そのため、ダイエット終了後、食事を元に戻すことでリバウンドする可能性がありました。また、中には食事制限によるストレスで暴飲暴食をしてしまうケースも。

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットの場合、夜の1食を置き換えているだけなので、ストレスも感じにくく、ダイエット終了後のリバウンドも防げます。

飽きにくく継続しやすい

通常の脂肪燃焼スープダイエットの場合、3食すべて脂肪燃焼スープを食べなければいけないため、飽きてしまう人も少なくないようです。しかし、夜だけ脂肪燃焼スープダイエットの場合、夜の1食だけでいいので、飽きずに続けやすいこともメリット。

また、脂肪燃焼スープの基本のレシピはシンプルなので、味付けや入れる野菜を変えるなど、アレンジも可能です。最初は薄味にしておいて、食べるたびに味付けを変えれば毎食違う味を楽しめますよ。

生姜やにんにく、七味、柚子胡椒、カレー粉、酢など、調味料をプラスして自分好みにすることで、おいしくダイエットを続けられます。

空腹感を感じにくい

ダイエットでは、食欲のコントロールが重要です。食事制限を伴うダイエットの場合、どうしても空腹を感じ、ストレスになってしまうことがあります。

脂肪燃焼スープダイエットの場合、スープであればお腹いっぱい食べてもいいので、空腹感を感じにくくなります。食べるのが好きな人でも、ストレスなく減量を目指せるでしょう。

手間なく簡単に作れる

脂肪燃焼スープは、レシピの手軽さもポイントです。野菜を切って煮込むだけで食べられるので、手間なく簡単にできます。

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットの場合、スープを食べるのは夜の1食だけなので、一度に作り過ぎると傷んでしまいます。おいしい状態で食べるためにも週2~3回に分けて作るといいでしょう。

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットには、たくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。

夕食は外食できない

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットでは、夕食を脂肪燃焼スープダイエットに置き換える必要があるため、外食はできなくなります。外食が好きな人は、夜ではなくランチを外食にするなど、工夫するといいでしょう。

ただし、付き合いなどで、どうしても外で夕食を食べないといけないときもあるかもしれません。そんなときは、サラダなど野菜を先に食べること、食べ過ぎないようにすることを意識するといいでしょう。

タンパク質が不足しやすくなる

ダイエットのためには肉や魚、卵などのタンパク質を取ることが重要です。しかし、夜の食事を脂肪燃焼スープに置き換えると、これまで夕食で摂取していた分が減り、1日に必要なタンパク質が不足しやすくなるため、注意が必要です。

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットを成功させるコツ

夜だけ脂肪燃焼スープダイエットを成功させるコツ

ここからは、夜だけ脂肪燃焼スープダイエットを成功させるためのコツをご紹介します。

1週間以上は続けない

脂肪燃焼スープダイエットは、もともと短期間で行うことを前提としたダイエットです。夜だけ置き換える場合でも、長く続けると栄養バランスが崩れてしまう可能性が考えられるため、1週間以上は続けないようにしましょう。

また、体調不良のとき無理に脂肪燃焼スープでダイエットしようとすると、悪化してしまう可能性もあります。チャレンジするのであれば、体調が万全のときにしましょう。

朝食や昼食の栄養バランスにも気を使う

食事から取るタンパク質が不足すると、筋肉量が減少して基礎代謝が下がり、逆に痩せにくい体になってしまいます。夜だけ脂肪燃焼スープダイエット中は、意識してタンパク質を摂取するように工夫が必要です。

朝食や昼食では、脂肪燃焼スープだけの食事にせず、肉や魚、ゆで卵、大豆・大豆製品などタンパク質が取れる食品も一緒に食べましょう。

また、夜だけ脂肪燃焼スープに置き換えても、朝食や昼食を食べ過ぎてカロリー過多になってしまっては、思うようなダイエット効果は得られません。夕食以外の食事の栄養バランスにも気を使いましょう。

食事はカロリー過多にならず、糖質・脂質・タンパク質をバランスよく摂取できる和食がおすすめです。

質のいい睡眠を取る

ダイエットと睡眠には関係があり、睡眠中には成長ホルモンや食欲に関するホルモンであるレプチンが分泌されます。

成長ホルモンは寝ている間に筋肉を増やし、代謝を促す作用を持つホルモン。また、質のいい十分な睡眠により分泌されるレプチンには、エネルギー代謝を促進し、食欲を抑制する作用もあります。

質のいい睡眠を取るためには、寝る3時間前までに食事を済ませる、寝る2時間くらい前からスマホやパソコンなどの画面は見ないようにする、シャワーではなく湯船に浸かってリラックスする、なども意識するといいですよ。

適度な運動を習慣にすればさらに効果アップ

食事制限だけではなく、運動も取り入れることで、よりダイエット効果を高められます。

息切れするようなハードな運動をする必要はなく、ウォーキングなど無理なく続けられる運動でOKです。運動する習慣のない人は、短い距離からウォーキングを始めてみるといいでしょう。

雨の日などウォーキングが難しい日は、家の中でできるラジオ体操やトランポリンダイエットなどもおすすめです。いい運動になるだけでなく、肩こりや腰痛の解消にもつながります。

夜だけ脂肪燃焼スープに置き換えて無理なくダイエット!

脂肪燃焼スープは安く簡単に作れますが、毎食では飽きてしまうという人も少なくありません。しかし、夜だけの置き換えであれば飽きずに継続しやすくなります。

また、朝食と昼食は通常の食事を食べるので、3食置き換える場合と比べると栄養バランスも偏りにくいこともメリットです。

ただし、タンパク質などが不足しやすくなるため、1週間以上継続することはNG。実践する場合は体調と相談しながら行いましょう。

監修者プロフィール:食のくらす 林昌子さん(管理栄養士)

食のくらす 林昌子さん(管理栄養士)

はやし・まさこ 食生活による生活習慣病の予防・改善のための講演や栄養相談を行う『食のくらす」主宰。『きれいにやせるダイエットスープ(KKベストセラーズ)』、『妊婦食堂(ダイヤモンド社)』など、レシピと料理を担当した書籍も多数。(監修者:食のくらす林昌子ホームページ


林さんの著書『きれいにやせるダイエットスープ』もチェック!

林さんの著書『きれいにやせるダイエットスープ(KKベストセラーズ)』には、一皿で、メインディッシュにも、おかずにもなる大満足スープから、おいしくて美容効果も抜群のおやつスープまで、無理なくきれいにやせるためのダイエットスープ40レシピが満載! スープをつくるだけで「やせる食べ方」が身につきます。

Amazonや全国の書店で購入できます。

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ