UVBの指標のSPF、UVAのPA値の意味を解説

SPF・PA値の違いを知って日焼け止めの使い分けを

beauty editor

SPF、PA値が高くても、テクスチャーが気持ちのいい日焼け止めが、今ではずいぶんお目見えしています。街中で紫外線を防ぐならSPF30、PA++くらいで十分。また体の箇所とTPOに合わせて、日焼け止めを使い分けるといいでしょう。

日焼け止めの種類
【目次】
  1. SPFとPA、指数の意味を確認しましょう
  2. 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

SPFとPA、指数の意味を確認しましょう

UVAは真皮まで届く紫外線でしみしわの原因に、UVBは表皮にダメージを与え、日焼けの原因になります※イメージ図

 

今市販されている日焼け止めの多くには、紫外線をガードする目安として、SPFとPAという指数がつけられています。

どちらも最高値であれば安心と思いがちですが、MAXということは肌にも相応の負担がかかると心得てください。まずは、SPF、PAそれぞれの指数の意味を確認しましょう。

SPFとは正しくはSun Protection Factor、波長が短いUVB波を防ぐために用いられる指数です。ひと昔前だと紫外線の目安と言えば、このSPFだけでしたし最高値も50までもありませんでした。現在、ごく日常的な都市生活で日焼け止めが必要と考えるなら、SPF値はせいぜい30程で充分でしょう。その一方で海山のリゾート地に行く、というときは最大の50を備えるべきです。

もうひとつの指標、PAは Protection Grade of UVAの意味で、こちらがUVA波を防ぐ指数です。こちらはPA++++ プラスが4つの印が最高の値。

どちらもMAXの日焼け止めは、SPF50 PA++++と表示され、紫外線、B波ともに、最大の防御率と示されているわけです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

紫外線錯乱剤、紫外線吸収剤の違い

日焼け止めは大まかに分類すると、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という成分によって構成されています。この紫外線吸収剤は文字通り、紫外線を肌内部に通さないよう、肌表面で吸収して処理するので、その時に肌に刺激が起きたり、肌から水分を奪って行きます。これは、UVA、UVBともに作用します。

紫外線散乱剤は肌内部に紫外線を通さないために、光を反射させる働きです。こちらは肌の上で化学反応を起こすわけではないので、紫外線吸収剤と比べて酸化亜鉛、酸化チタンなど安全性の高い成分が用いられることが大半です。

パウダーファンデーションに配合されることが多い、酸化チタンなどがそのひとつ。ただ、散乱剤は紫外線を反射させる性質から、塗ると白くなったり、テクスチャーがよくなかったりということが以前はよくありましたが、今では白浮きしない設計になった日焼け止めもずいぶん出てきています。

一般的な顔用の日焼け止めはチューブに入った、クリーム状のタイプが多いようです。同様に肌に伸ばしやすいジェル状も多くみられます。乳液タイプは広い面積にすばやく塗ることができるので、ボディにも適しています。スプレータイプはヘア用の紫外線予防剤として販売されていることが多く、ほかにもたくさんの種類の日焼け止めが今では登場しています。

beauty editor

美容編集者、石山照実が主宰する美容編集者とライターの美容専門の編集プロダクション。美容に特化し、雑誌を中心に活躍する編集者とライターというプロ集団。企画から撮影、記事の構成、さらには動画までを担当。雑誌だけでなく、化粧品メーカーのパンフレットからwebサイトのコラムまで、幅広く活動中。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ