スキンケア、美容機器、美容医療で、最善の対策を

口角から下に伸びる深い溝「マリオネットライン」攻略

柳田美由紀
松宮詩依 https://tengenji-solaria.com/
監修者
天現寺ソラリアクリニック院長
松宮詩依

マリオネットラインとは口の両脇から下に伸びる2本の溝です。腹話術の人形に見えるのでこの名前がついています。個人差はありますが、40代ででき始め50代で目立ってくる人が多いようです。スキンケア、美容機器、美容医療、最善の方法をお教えします。

マリオネットライン
【目次】
  1. マリオネットラインができる原因
  2. マリオネットラインの予防とお手入れ
  3. マリオネットラインを防ぐ 簡単顔エクササイズ
  4. マリオネットラインを目立たなくする美容医療

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインの存在は、ほうれい線以上に見た目年齢を大幅に老けさせます。一部では、40代と50代を見分けるポイントといわれているくらい。パッと見ただけで間違いなく存在しているなら50代後半、へこみや影があるかな程度なら50代前半。よく見ればあるかも?なら40代といった具合に……。この溝は、見た目年齢を見分ける要となる溝なのです。

マリオネットラインができる大きな原因は、「頬のたるみ×口元から首にかけて広がる広頚筋のゆるみ×口角下制筋の硬化」です。脂肪の重みを支えられず頬の組織が全体的に下がるため、頬につながる筋肉と、口角から下に伸びる筋肉の境界線に、溝ができてしまうのです。

マリオネットラインの予防とお手入れ

対策1これ以上、頬をたるませない
マリオネットラインができているということは、ほうれい線もすでに深く長くなっているはず。対策は、ほうれい線にも効果的な、いわゆる「たるみケア」を始めましょう。溝の近辺だけでなく、こめかみから頬、フェイスラインのすべてを引き上げるつもりで。ハリ対策のスキンケア、美容機器でのケア、美容医療が効果的です。

おすすめアイテム
ディシラ
口元、目元のしわを改善する部分用美容液

ディシラ プレドミナ リンクル リペアエッセンス
ディシラ プレドミナ リンクル リペアエッセンス [医薬部外品] 20g 10800円(税込/ディシラ 0120-08-1826)

しわ改善の有効成分(純粋レチノール)配合。心和らぐ香りに包まれる簡単リフトアップエクササイズを、朝・晩のお手入れにプラスすれば、ふっくらはりのある明るい肌に。



ドクターシーラボ
溝・シワ・ハリを徹底攻略。シワと無縁の美肌を目指す

4Dボトリウム エンリッチリフト 18g 9504円 (税込/ドクターシーラボ 0120-371-217)
4Dボトリウム エンリッチリフト 18g 9504円 (税込/ドクターシーラボ 0120-371-217)


金のコラーゲンを始め、シワケア成分とハリケア成分を各7種、大量配合。加えて11種の保湿成分も。シワに埋め込むようにつけて。



対策2 筋肉を鍛える
マリオネットラインに関係するのは広頚筋、口角下制筋及び頬の筋肉です。EMS機能や筋膜を鍛える美容機器でのケアに加え、顔ヨガや顔エクササイズなどと呼ばれるトレーニングが効果的です。顔面の筋肉トレーニングは、顔の上半分は自己流になりやすく、余計なシワを増やすことになりかねませんが、下半分に関しては、やや自己流になったとしてもそれほど大きなダメージはありません。以下にご紹介するエクササイズなどを、続けてみるとよいでしょう。

対策3 たまった老廃物を流す
フェイスラインは老廃物や水分がたまりやすい部位です。手が空いたときに、まめに流すケアを心がけましょう。

マリオネットラインを防ぐ 簡単顔エクササイズ

オフィスでテレビを観ながらでも。いつでも簡単にできるエクササイズを習慣にしましょう。

Step1 老廃物や溜まったリンパ液を流す

人差し指を耳の後ろにあて、中指は手前におき耳を挟む。
両手で頬杖をつく感覚で、手のひらはフェイスラインを下から包むようにあてる。
そのまま圧はかけずに後ろから手前にやさしく全体を小さく回すように動かす。
目元にシワができない程度に、小さくゆるく動かすのがコツ。
これを20回繰り返す。



Step2 口角下制筋を緩める

目はそのままに口角だけで笑う(口角を上げる)→戻す。これを10回繰り返す。


Step3 広頸筋を伸ばす

 

首をまわすストレッチ

正面を向き、顎を上げる。 

首を回すストレッチ2

のどの筋が引っ張られる感覚を感じながらそのまま5秒→顔を右に回す→左へ回す→ゆっくりと戻す。これを5回繰り返す。

マリオネットラインを目立たなくする美容医療

●照射系

頬とフェイスラインのたるみを引き上げることができる「サーマクール(※1)」や「ウルセラ(※2)」などの照射系の治療が有効です。ほうれい線対策にも効果的。


●注入系

注入系は、ほうれい線と同時に治療するのが一般的です。マリオネットラインそのものは目立たなくなっても、微妙に顔の形が変わったり、口元が全体的にふくらんだようになる場合があります。

 

●スレッドリフト

物理的に糸で引き上げる治療も有効ですが、期待したほどの変化が得られなかったという話も聞きます。どの治療法も同じですが、医師の経験とセンスと技術力が問われます。残念な結果を回避し、完成度の高い仕上がりを求めるのなら、信頼できる医師に相談するようにしましょう。

 

(※1)サーマクール

ラジオ波(高周波)を照射し、主に真皮層のコラーゲンに働きかけ、たるみを改善する照射系医療機器。個人差があるが、1度照射すれば、少なくとも半年から一年程度は効果が持続する。

(※2)ウルセラ

高密度焦点式超音波(HIFU)の熱エネルギーで筋膜(SMAS)と真皮層に働きかけ、たるみを改善する照射系医療機器。主にフェイスラインに効果を感じやすいといわれている。個人差があるが、1度照射すれば、少なくとも半年から一年程度は効果が持続する。

人物撮影=中西裕人、ヘアメイク=小島けさき、モデル=桂智子

柳田美由紀

やなぎた・みゆき 大手化粧品メーカーで商品開発、宣伝PR業務を経て、独立。『プレシャス』、『婦人画報』、『美的GRAND』を始め、女性誌などで美容記事を執筆するほか、商品開発のコンサルティング、宣伝物の執筆なども手掛ける。@beauty_cosme_from_japan

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ