50代以降の首のしわ。自宅でできる簡単マッサージ

首のしわ、たるみは保湿しながらマッサージで解消!

公開日:2019/12/03

12

アラフィフ女性にぴったりの今気になる美容アイテムを、同年代の美容ライター・中尾慧里さんがご紹介します。今回は、老け見えポイントのひとつ、首のシワ。実は、スマホや悪い姿勢が首に負担をかけているんです。数分でできるマッサージでケアしましょう。

首のしわ対策

なぜ、首のシワができるのか?

スマホを操作して首しわ

顔のシワはもちろんですが、年齢を重ねると首のシワに悩むことも増えますよね。顔のシワは、表情が豊かなことが原因だったりするので、割とポジティブに捉えられることがありますが、首のシワはハリがなくなってたるんだ結果。なんだか「老化」という現実を感じます。(※あくまで個人の感想です……)

首のシワは生まれつき、という方もいますが、最近は若い人でも首にシワがくっきり、ということも多いそう。というのも、首にシワができる原因のひとつに、姿勢の悪さがあるからです。パソコン、スマートフォンやゲーム機などをずーっと下を向いて操作していると、猫背にもなるし、首への負担もかかります。気を付けたいですね。

また、顔と同じように紫外線や乾燥、加齢も首のシワの原因。そして、意外なことに枕の高さも首のシワに関係します。高すぎたり低すぎたりすることで首にシワが寄ってしまい、その状態でずっと寝続けるとシワが定着してしまいます。枕の高さは3~5cmがいいといわれていますが、気になる人は専門店で自分に合う枕をチェックしてもらうといいでしょう。
 

首のシワを増やさないために! 今からできる簡単マッサージ

首にも保湿クリームを

くっきりとしたシワでも、毎日少しずつケアすることでシワ感は薄くなります。まずは、お風呂上がりにオイルやクリームなどを塗って、首からデコルテを保湿することを習慣にして。

外出する際は、必ずUVアイテムを塗りましょう。これで、乾燥&紫外線対策はOK。さらに、保湿ケアするついでにマッサージをすれば、今ある首のシワや未来のシワ対策に有効です。
 

リンパの流れを促してコリをほぐす

リンパを流す鎖骨のくぼみ

オイルやクリームをたっぷり両手にとって温めたら首やデコルテになじませ、人さし指、中指、くすり指の3本を使って鎖骨の内側のくぼみをぐっと押します。

まん中から肩方向へ3か所ほどを目安に。2秒ほど押してパッと離すという感じです。ワキの下も同じようにぐっと押します。3~5回ほどやるといいでしょう。
 

首にクリームを塗る

次に、親指以外の4本で耳の下あたりから鎖骨へ向かってさすりながら下ろし、鎖骨の内側のくぼみをプッシュ。ついでに、肩がこっていたらゆっくりともみほぐしましょう。

首しわを防ぐストレッチ

そして、首のストレッチ。右側頭部に左手を当て、右肩に右手を当て、肩を伸ばすように左手で軽く左方向へ頭を押し倒します。逆サイドも同じように。首がぐーっと伸びてリフレッシュします。

首シワを防ぐストレッチ

最後は、片手をあごの下に、もう片手を首の下に当て、息を吐きながら両手を上下に離すようにして首を上へ伸ばします。3回ほどを目安に。

すべてをやる時間がないなら、1日ひとつでも大丈夫です。どうしても時間がない日は、しっかりと保湿ケアをするだけでもシワ対策は可能。意識することで、若々しい首もとを
取り戻せます!

 



■関連記事

 

中尾 慧里

なかお・えり 1966(昭和◎41)生まれ。ビューティライター。チャイルドボディセラピスト1級取得。女性誌、WEBにて美容に関する記事執筆、コスメ開発のコンサルティングなども手掛ける。ブログ『中尾慧里の美験』をゆっくり更新中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ