間々田佳子さんの表情筋トレーニング(3)

二重アゴ解消、首のシワ取りに!表情筋トレーニング

公開日:2020/05/15

12

表情筋研究家・間々田佳子さんのオンライン動画講座第3回目は、二重アゴと首のシワを解消する、表情筋トレーニング「あごステップ」です。1日5分、しっかり首を伸ばして、体を動かし首回りの筋肉を鍛えることで、フェイスラインが整います。

表情筋トレーニング「あごステップ」

二重アゴと首シワの原因は、姿勢の悪さとアゴ下の筋力低下

姿勢の悪さ

年齢を隠せない場所といわれる首元。最近、二重アゴと首のシワが気になり始めたという人も多いのでは? 

二重アゴと首のシワの原因の一つは、悪い姿勢です。

姿勢が悪いと、首が前に出ますよね。するとアゴ下の筋肉を使わなくなる上に、伸びた首の下にどんどん老廃物と余計な肉がたまっていきます。そして、フェイスラインが崩れていくのです。

アゴ下の筋肉

今からお教えする「あごステップ」は、アゴ下と首回りの筋力である広頚筋(こうけいきん)、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)を鍛えるトレーニングです。

しっかりと首を伸ばし、アゴから下、首回りを鍛えることで、アゴ下にくびれが生まれます。

 

表情筋トレーニング「あごステップ」のやり方を動画で

※首の上げ下げをする際、首を痛めやすい方はうなずくイメージで行いましょう

 

二重アゴ、首シワ解消「あごステップ」のやり方

スタートする前に、笑顔を作った顔のアップ写真を撮っておくと、1週間後に顔の変化を確かめられて効果が実感できますよ。

この動きは、立って行います。まずは姿勢を正して頭、顔、体に1本の軸を作ります。

「あごステップ」のやり方

口は、きゅっと閉じましょう。このとき、歯を噛み締めないようにしてください。
 

「あごステップ」のやり方

アゴを上に上げて、アゴ下をぐーっと伸ばします。このとき、口が開かないように気を付けましょう。
 

「あごステップ」のやり方

アゴ下の筋肉、胸鎖乳突筋と、広頚筋を緊張させたまま、アゴを引いていきます。

これらのアゴを上げ下げする動きを、童謡の「あめふり」に合わせて繰り返していきます。
 

「あごステップ」のやり方

両腕はペンギンのように、手のひらを地面に向けて伸ばします。手を伸ばすことで、首の筋肉との引っ張り合いが生まれ、伸びが深まります。
 

「あごステップ」のやり方

「あめあめふれふれ母さんが、蛇の目でお迎えうれしいな、ぴちぴち、ちゃぷちゃぷ、ランランラン♪」

リズムに合わせて、アゴを上下させながら、腕を振って足踏みをします。

※首を痛めやすい方は、うなずくイメージで行いましょう

 

表情筋トレーニング「あごステップ」動きのポイント

「あごステップ」動きのポイント

この動きのポイントは、バレリーナになった気分で、しっかりと背すじを伸ばし首を長くすることです。猫背になって首が前に出ていると、アゴ下の筋肉を緊張させることができないので気を付けましょう。

 

間々田佳子(ままだ・よしこ)さんのプロフィール

表情筋研究家。表情筋トレーナー。1972年生まれ。年間約200回の「顔ヨガ」講演を全国で行い、テレビなどのメディアでも話題に。現在は表情筋を動かすコア・フェイストレーニングを提唱しています。タンゴダンス世界選手権 アジア大会 ステージ部門 チャンピオン(2010年)。『ながら顔ヨガ』(主婦と生活社刊)『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』(ぴあMOOK)など著書多数。


※ハルメクイベントのオンライン動画講座は、毎週1回更新予定。次回の「間々田佳子さんの表情筋トレーニング」は、くすんだ顔色を改善!血色をよくする体操をお伝えします。更新は、ハルメクWEBメールマガジンでお知らせします。ご登録は、ページ下部の<無料会員登録はこちら>からお願いします。

■もっと知りたい■

  1. 顔たるみ改善!1回5分でできる表情筋トレーニング
  2. 顔のむくみ解消!1回5分でできる表情筋トレーニング

 

 

【特集】老け見えの元凶!たるみ撃退マッサージ&メイク術

  1. 老けて見える原因「たるみ」を今すぐ対策すべき理由
  2. 読者が変身!たるみ解消に効く頭皮マッサージ
  3. たるみ解消に効く!下げて上げるマッサージ
  4. たるみ解消に効く!大人の目ヂカラUPメイク術

 

 

ハルメクイベント

ハルメクならではのオリジナルイベントを企画・運営している部署、文化事業課。スタッフが日々面白いイベント作りのために奔走しています。人気イベント「あなたと歌うコンサート」や「たてもの散歩」など、年に約200本のイベントを開催。皆さんと会ってお話できるのを楽しみにしています♪

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ