素朴な疑問

マスクを着けてもメガネが曇らない方法とは?

 

マスクを着けてもメガネが曇らない方法

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。
 

日差しが強い日はサングラスをかけて出掛けることが多いのですが、マスクを着けるとどうしてもサングラスが曇ってしまって困ります。そういえば、眼鏡をかけている友人も同じように悩んでいたっけ。拭いても拭いても視界を遮るレンズの曇りって、とってもストレスです。マスクを着けてもレンズが曇らない方法ってあるのかしら? 気になったので調べてみました。
 

そもそも、なぜマスクを着けているとレンズが曇ってしまうのでしょう。
 

マスクを着けた状態で呼吸をすると、マスクと顔との間にできた隙間から息に含まれた水蒸気が流れ出します。息と外気の温度差が大きいと水蒸気が冷えて水に戻り、水滴となってレンズに付いて曇ってしまうのだそう。ということは、レンズの曇りを防ぐためには、なるべくマスクと顔との間にできた隙間をふさげばいいということね。

 

警視庁発!マスクと顔の隙間を埋める簡単テク


呼気が漏れにくく設計された密着タイプのマスクが市販されているようですが、なかなか手に入れにくい場合もありますよね。そこで、手持ちのマスクにひと手間かけてできる対策をご紹介します。

 

マスクの内側の上部にティッシュペーパーを添える

マスクの上部に四つ折りにしたティッシュペーパーを当てて着け、湿った呼気を吸収させて曇りを防ぎます。ティッシュペーパーをマスクの幅に合わせて当てるようにすれば、見た目にも違和感ゼロ。ティッシュペーパーは汗で湿ったらすぐに交換できるので衛生的です。

マスクの上部(鼻が接する部分)に四つ折りにしたティッシュを添えて、マスクを着ける

 

編集部で試してみたが、眼鏡は曇らなかった。見た目にも違和感がない

マスクの上部を折る

手持ちのマスクの上の部分を1回折って着けるだけで、息が漏れにくくなります。内側、外側どちらに折ってもOK。顔のサイズより大きめのマスクを着けるときにもこの方法はおすすめです。ただし、マスクの形状によってうまく折れないことがあるため、長方形タイプの使い捨てマスク向き。マスクを折ることでサイズが小さくなるので、口や鼻がマスクから出ないよう気を付けましょう。

マスクの上部を折る。編集部では内側に折ってみた


 

上部を折った分、マスクがやや小さくなったが、鼻と口は覆えている。しかし、マスクの内側の上部にティッシュペーパーを添える方法に比べると、眼鏡が少々曇ることがあった

 

市販のノーズパットを付ける

マスクに貼り付けて鼻や頬の隙間を埋める専用スポンジが市販されています。ティッシュペーパーより密着度が高く、繰り返し使えるタイプもあり経済的です。


マスクと顔の隙間をふさぐこれらのアイデアは、花粉やウイルス予防や災害時のほこり対策にも効果がありそうです。
 

まだある!曇り止めアイデアいろいろ


曇り止めレンズの眼鏡をかける

眼鏡メーカー各社では、撥水性の高い特殊コーティングを施した曇りにくいレンズのメガネを発売しています。レンズが曇りやすい梅雨時やラーメンを食べるとき、調理する際にも効果的。
 

曇り止め剤でレンズをコーティングする

レンズに被膜を作る界面活性剤などを含んだもので、手持ちの眼鏡やサングラスのレンズに使ってコーティングするだけ。ジェルやスプレー、クロスなどのタイプがあります。

 

レンズが汚れていると水蒸気が汚れに付着して曇りやすくなるそう。曇り予防のアイデアに加えて、レンズを清潔に保つことも心掛けましょう。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:警視庁

   JINS WEEKLY

   週刊アスキー

   タマケアLab.
 

手話で自己紹介ができるようになりたいわ。
視界がスッキリすると気分もスッキリ!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ