公開日:2020/07/29

更新日:2020/10/17

8

素朴な疑問

レモン水はダイエットに効く?体にいいって本当?

レモン水はダイエットに効く?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

娘が「今日からレモン水を飲むことにするね!」と言い出しました。タレントのローラや有名モデルのミランダ・カーといった人たちがダイエットのために取り入れているらしいのです。毎朝飲むだけでいいと聞いて、ワタシも興味が出てきました! レモン水について調べてみようと思います。

 

レモンの成分と効果


レモンには、美容にいいさまざまな栄養素が含まれています。
 

  • ビタミンC

皮膚や腱、軟骨などの結合組織を保つたんぱく質「コラーゲン」の合成に不可欠な栄養素です。このため、ビタミンCは皮膚や骨の健康に欠かせません。また、ビタミンCを取ることで、ウイルスに対する白血球やリンパ球の抵抗力が強くなり、風邪の予防につながると考えられています。

一日に必要なビタミンCは、成人女性で約75mgといわれています。人間は体内でビタミンCを生合成することができないため、必ず日々の食事から摂取しなければなりません。

レモン1個(約120g)の果汁に含まれるビタミンCは約20mg、レモンの皮や実などの可食部には約120mgのビタミンCが含まれています。

 

  • クエン酸 

クエン酸は「キレート作用」と呼ばれる機能を持ち、カルシウムなどのミネラルを包み込み、溶けやすい形に変え、腸に吸収しやすくしてくれます。

 

  • カリウム

カリウムは、細胞内液の浸透圧を調節して一定に保つ働きがあります。ナトリウムを体の外に出しやすくする作用があるので、塩分の取り過ぎを調節するのに役立ちます。

 

  • エリオシトリン

コレステロールの上昇を抑え、生活習慣病を予防する効果があります。

 

  • リモネン

香り成分がリラックス効果をもたらします。

 

レモン水とは


レモンに含まれるさまざまな栄養素が取れるので、レモン水は美肌づくりやダイエットにいいといわれています。作り方はとても簡単です。

 

作り方
ミネラルウォーター1カップ(200㏄)に、くし型切りにしたレモン1/2個分の果汁と搾った後のレモンも皮ごと加えれば完成。
※使用するレモンは、防カビ剤やワックスなどを使用していない国産のものを用意する。

 

飲み方

  • 好みで蜂蜜を少し加えてもよい。
  • レモン果汁を加えたレモン白湯にするのもおすすめ。レモンの栄養を壊さないよう、お湯の温度は約50℃が最適。
  • レモン水を飲むのにおすすめなのが、朝起き抜けの時間に飲むこと。朝は、消化器官にとって排泄の時間といわれていること、空腹時はビタミンCの吸収が早いことなどが理由です。レモンの酸味が交感神経を刺激し、体を活動的にしてくれるので、目覚めもよくなります。

 

注意点

  • ダイエット効果が半減するので、蜂蜜などの糖分を加え過ぎないこと。
  • レモンの酸性は、歯のエナメル質を溶かしやすいため、時間をかけるような飲み方は避ける。飲んだ後は、口をゆすぐようにする。
  • レモン水を飲んですぐに歯磨きをすると、歯のエナメル質を傷付けることがあるので、飲み終わってから、30分以上の間隔を空けて歯を磨く。
  • 飲み過ぎたり、レモンの濃度を濃くし過ぎると、胃を痛めることもあるので注意する。

 

レモン水についていろいろなことがわかりました。簡単に作れるから、娘と一緒に朝の1杯から始めてみようと思います。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:allabout

   4meee

   うるのん

   Felica

   eJIM

   pokka sapporo

   eヘルスネット

   味覚ステーション
 

お腹がシュッと引き締まりますように!
レモン水用の素敵なボトルを買おうかしら。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ