公開日:2020/01/19

更新日:2020/07/30

9

素朴な疑問

睡眠のゴールデンタイムは22時~2時って本当?

睡眠のゴールデンタイムは22時~2時って本当?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

みなさん、ネット動画って見てますか? ワタシはすっかりハマっております。YouTubeなどの動画サイトで面白い映像を見つけるのも楽しいし、うっかり見逃したドラマをネット配信で見たり、料理のレシピ動画を確認したり。もはや動画なしには生きていけないくらい。

 

ただ、最近どうにも寝付きが悪いのが悩みのタネ。これって夜遅くまで動画を見ているから? それとも年齢のせい? よく「22時〜2時のゴールデンタイムに美肌はできる」なんて聞くけれど、連日の夜更かしでお肌が老け込まないか心配になってきました……。

 

とはいえ、ドラマの続きは気になるし、ゴールデンタイム以外で美肌ってつくれないのかしら? 肌には敏感なお年頃なので、早速調べてみました。すると、いきなり衝撃の事実が判明しました! 「肌のターンオーバーなどをつかさどる成長ホルモンが22時〜2時に集中的に分泌されるので、ゴールデンタイムに眠ると美肌になる」という話、実は根拠のない説なんですって!(今まで知らなかった!)

 

睡眠のポイントはメジャースリープ

睡眠のスペシャリストとして知られる国立精神・神経医療研究センターの三島和夫さんによると、成長ホルモン分泌のカギを握っているのはゴールデンタイムではなく「メジャースリープ」なんだとか。メジャースリープ? 初めて聞く言葉ですが、これは「ノンレム睡眠とレム睡眠の構造」のことを指す専門用語だそうです。

 

健康な睡眠では、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」という二つの睡眠状態を90分おきに交互に繰り返しているといわれています。「ノンレム睡眠」は、脳も体も休んでいる状態。「レム睡眠は」、体は休んでいるけれど脳は起きている浅い眠り。睡眠の始めの方に特に脳をしっかり休める深い睡眠(ノンレム睡眠)が出て、後半になるにつれて眠りは浅くなっていきます。このような睡眠の一連の構造が「メジャースリープ」と呼ばれています。この「メジャースリープ」の維持が大切なのです。

 

最初のノンレム睡眠が成長ホルモンの分泌のカギ

ポイントは、初めの90分のノンレム睡眠! 成長ホルモンはノンレム睡眠の間に分泌され、始めに活発に分泌された後は回を重ねるほど分泌量が減っていくそう。つまり、最初のノンレム睡眠でいかに深く眠れるかどうかが勝負どころ。美肌づくりは「何時に寝るか」ではなく「眠ってすぐに深い眠りに入れるかどうか」が大事ってことなんですね!

 

成長ホルモンの分泌は眠り始めの3時間がピークなので、昔のように夜早い時間に寝る生活であれば、確かに22時~2時がゴールデンタイムになったのかも。でも今は、夜にも楽しいことがいっぱいの現代ですもの。就寝する時間ではなく、質のよい睡眠で美肌を目指しましょ!

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:SUNSTAR 睡眠にまつわる疑問。睡眠のゴールデンタイムってホントにあるの?

   営業サプリ ゴールデンタイムは間違い?成長ホルモンと睡眠の関係

   ANANニュース 実は、睡眠の“ゴールデンタイム”はない? 驚きの「新」常識とは

   健康の森 睡眠の科学

 

寝る前の動画の見過ぎに気を付けます……
寝る前の動画の見過ぎに気を付けます……

 

イラスト:飛田冬子

 



 

健康は質のよい睡眠から!ぐっすり眠るコツ7選

 

 

人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ