公開日:2019/01/14

更新日:2020/10/24

34

素朴な疑問

いびきを防止する方法ってあるの?

いびきを防止する方法ってあるの?
いびきを防止する方法ってあるの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

「グオ~ッ、グガガ~ッ!」。夜中に響き渡るお父さんのいびきの音。せっかくの眠りがさまたげられて、長い付き合いとはいえ、ときどきイラッとします。いびきって、なぜあんなにもうるさいのでしょう? などと言ってるワタシも、「昨日の夜、いびきかいてたよ」と言われてしまいました!

 

ワタシの場合、疲れている日やお酒を飲み過ぎた日に、いびきをかいてしまうことが多いみたいです。自分だけならいいけれど、他の人の眠りをさまたげるのは申し訳ないので、お友達と旅行に行くことも迷ってしまいます。いびきをかかないで「すーっ」と静かに眠れる人がうらやましい!

 

いびきを防止する方法ってあるのかしら? 詳しく調べてみました。 

いびきの原因とは?

日本呼吸器学会によると、いびきは、寝ているときに喉(のど)の筋肉がゆるんで、気道が狭くなることが原因。狭くなった部分を空気が通るため、喉が振動して音が出るのだそうです。もともと日本人は、あごが小さい人が多いこともあって、いびきをかく人が多い傾向があるようです。

他には、鼻づまり、扁桃腺がもともと大きい、肥満気味であることなども原因になるとか。お酒を飲んだ日にいびきをかくことが多いのは、酔うと喉の筋肉が緩み、普段よりも気道が狭くなって、いびきをかきやすくなるからだそうです。(なるほど~)

いびきをかかない方法

さて、いびきを防止して寝る方法ですが、最初に試したいのが、横向きに寝ること。横向きに寝て頚椎(頭を支える首の骨)が床と平行の状態になることで、気道の通りがよくなり鼻呼吸がしやすくなります。いびきは、呼吸しづらいことが原因で起こるものなので、横向きに寝て気道を確保するというわけなのです。

 

鼻の通りをよくするツボを押すのもおすすめです。小鼻の両脇にある「迎香(げいこう)」は、鼻詰まりを改善したり鼻の通りをよくするツボです。両手の人差し指でツボを抑えながら、顔の真ん中に向かって20回刺激します。(うん、これなら簡単!)

 

他には、いびき防止用に市販されている鼻テープやマウスピースを用いるという方法もあります。使用に個人差があるようですが、自分にマッチしていれば効果が期待できるようです。

 

いびきをかかないで寝るのには、気道の確保が大事だとわかりました。横向きに寝たりツボを押したりは、すぐにでも始められそう! さっそくやってみたいと思います。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:日本呼吸器学会 

   いびきをかかない方法はたった3つの工夫

   快眠タイムズ

   サワイ健康推進課

 

いびきをかかないで すやすやと眠ってみたい。
いびきをかかないで
すやすやと眠ってみたい。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ