「やまゆり園事件」犯人と交流を続けた生物学者#2

最首悟|自己責任という言葉にとらわれ過ぎずに生きる

公開日:2022.12.30

更新日:2023.07.11

2016年、障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で入居者、職員計45名が殺傷された事件。自身も障害のある娘を持つ最首悟さんは、やまゆり園事件の犯人から手紙が届き交流を始めます。「彼は寂しい人だと思います」と語る最首さんのインタビュー第2回。

最首悟(さいしゅ・さとる)さんプロフィール

1936(昭和11)年、福島県生まれ、千葉県にて育つ。東京大学理学系大学院博士課程中退。同大教養学部助手を経て、予備校教師、和光大学教授を歴任。現在、和光大学名誉教授。『新・明日もまた今日のごとく』(くんぷる刊)など著書多数。

事件の2年後、突然拘置所から手紙が届いた

事件の2年後、突然拘置所から手紙が届いた

※インタビューは2021年7月に行いました。

2016年7月26日、神奈川県立の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に入居していた19人が刺殺され、26人が重軽傷を負うという事件が起きました。

犯人は元職員の植松聖(うえまつ・さとし)青年(当時26歳)。障害者を狙った、あまりにむごい事件です。植松青年は20年に死刑が確定し、現在は東京拘置所にいます(取材当時)。

植松青年から最初に手紙が届いたのは18年4月でした。...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ