50代からの女性のための人生相談・38

人生相談:おひとりさまの終活の進め方がわからない

公開日:2021/09/22

3

「50代からの女性のための人生相談」は、専門家が読者のお悩みに答えるQ&A連載。今回は、54歳女性の「おひとりさまの終活の進め方」のお悩みに、生活研究家・消費生活アドバイザーの阿部絢子さんが回答します。50代60代から始める終活の準備とは?

人生相談:おひとりさまの終活の進め方がわからない

54歳女性の「おひとりさまの終活の進め方」のお悩み

一人暮らしで身寄りない人(おひとりさま)の終活の進め方を知りたいです。

頼める親戚はいないので、自分の死後対応の準備を知っておきたいと思います。

まだ動ける今のうちから、死後の始末を考えておきたいのです。

(54歳女性・はなももさん)

阿部さんの回答:50代60代で終活の準備をしておくと安心

50代60代で終活の準備をしておくと安心

通常であれば、人が死を迎えたとき、近親者がその人の最後の見送りをするのが基本です。

しかし、最近では、家族の有り様も変わってきて、近親者の存在もさまざまな状況なのが実態です。そのような現在では、近親者にも縁遠い、一人暮らしで身寄りもいない人もいるでしょう。

私も、そのうちの一人。もちろん、一人暮らしですから、ご相談者と同じように、終活には大いに困難を感じております。

早めに、準備をしておきたいとは思っていますが、日々、目の前の暮らしに追われ、なかなか手が付けられておらず、実現できていないのが現状です。  

とはいえ、時はあっという間に過ぎていきます。ウカウカしていると、何もしないまま死を迎えるかもしれません。早いうちに終活への準備を考え、道筋だけでもつけたいものです。

終活専門サービスも含め、じっくり情報収集・検討を

終活専門サービスも含め、じっくり情報収集・検討を

終活への道筋の一つ目は、最後に死を迎えるための居場所の確保です。死を迎えるまで暮らす「終の棲家(ついのすみか)」は、施設なども視野に入れて検討します。

もし、施設などへ引っ越す場合には、現在使用中のモノ(書籍・食器・衣類・寝具など)を絞り、必需品だけにしておきましょう。

二つ目は、死後の事務処理についてどうするかを決めること。死後には葬儀だけではなく、入院費用の清算、施設退去の手続き、私物の整理&廃棄、役所への届け出、納骨、SNSアカウント削除、預貯金整理など、膨大な手続きが必要です。

これらをどう始末するか、「自分がどうしたいのか」を決める、ここが終活における一番の難題です。

この死後事務を行ってくれる、専門的な立場で施行する団体や人は多数あります。例えば、弁護士・司法書士・行政書士・税理士・NPO法人・社会福祉法人などが挙げられます。

「自分がどうしたいのか」をあらかじめ決めて、その上で、専門的な立場の人・サービスに任せるかどうかを、自分の意志で決めていきます。つまり「死後事務委託契約」を結ぶということです。

といっても、すぐに契約を結ぶ先を決めるのではなく、契約を結ぶための情報収集を十分にして、いろいろと検討を重ねるのが大切です。

私自身は、日本司法書士連合会などへも相談に行ってみるのがいいのかな、と考えています。その上で、自分の納得のいった団体や人と契約を結び、死後事務委任をしておきたいと思っています。

本格的に終活を始める前に、できることから準備しよう

本格的に終活を始める前に、できることから準備しよう

あくまでも、これは私の考えですが「その歳(とし)にならなければ、人生の終わりは見えて来ない」と思っています。

終活、特に死後事務に関することは、早すぎても遅すぎても決めるのが難しいので、そろそろ後期高齢者と言われる年齢(70代頃)から動いてもいいように、私は考えます。

その準備として、まず私は「終の棲家(ついのすみか)」探しをし、その数年後に、死後事務を任せる所を探していくつもりです。もしその前に亡くなったら、それも仕方なしです。

回答者プロフィール:阿部絢子さん

回答者プロフィール:阿部絢子さん

あべ・あやこ 生活研究家・消費生活アドバイザー。家事全般や食品の安全性の専門家として活躍。薬剤師の資格を持ち、今も現役で働いている。

構成=竹下沙弥香(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■


専門家に相談したい質問を募集中です!

連載「50代からの女性のための人生相談」では、専門家の方に相談したい内容を募集中です。下記応募フォームに、人間関係や老後の生き方、お金や介護、恋愛についてなど、相談したい内容を書いてお送りください。

応募はこちら

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ