はちみつと梅干しでエネルギーチャージ!殺菌効果も

梅雨のだるさ・疲労回復に!はちみつ梅干しレシピ

公開日:2023.06.15

蒸し暑い梅雨は、体や頭の重だるさ、食欲不振といった不調が出やすい時期。そんな梅雨のだるさに効果的なのが、疲労回復効果のある食材を組み合わせた「はちみつ梅干し」です。疲れケアにぴったりの、はちみつ梅干しを使ったレシピを3つご紹介します。

梅雨のだるさ対策におすすめのはちみつ梅干し


梅雨時は、低気圧の影響や湿度の高さ、朝晩の寒暖差などで、疲れやだるさを感じやすくなります。

そこで取り入れたいのが、疲労回復の名コンビであるはちみつと梅干し。はちみつの主成分である果糖とブドウ糖は、体内で分解する必要のない「単糖類」と呼ばれる糖質のため、消化吸収に手間がかからず、素早くエネルギーに変わります。

一方で梅干しは、疲労物質である乳酸の生成を抑えるクエン酸が豊富。さらに、はちみつ漬けの梅干しは、一般的な梅干しに比べて、抗酸化作用を持つ「梅リグナン」という成分がより多く含まれているとも言われます。

はちみつ梅干しは作る過程で梅干しの塩抜きをするので、塩が抜けたすき間を埋めるために、種の中から「梅リグナン」が豊富に出てくるのだそう。

抗酸化物質は、疲労の原因となる活性酸素を分解させる働きがありますから、はちみつ梅干しを上手に取り入れれば、疲労感を回復しながら、疲れにくい体にも近づけそうです。

そこで今回は、梅雨時の疲労回復におすすめのはちみつ梅干しレシピを3つご紹介します。

はちみつには抗菌作用が、クエン酸には殺菌効果がありますから、食中毒が気になるシーズンの作り置きやお弁当にもぴったりですよ!

疲労回復食材たっぷり!冷しゃぶの梅肉ソース和え

豚肉は、「疲労回復のビタミン」とも呼ばれるビタミンB群をたっぷり含んだ食材。中でも、糖質をエネルギーに変えるのに欠かせないビタミンB1の含有量は、あらゆる食品の中でもトップクラスです。

そして、ビタミンB群はクエン酸と一緒に取ることで、エネルギー代謝がアップするという特徴が。付け合わせのトマトにも、抗酸化作用のあるビタミンCやリコピンが豊富に含まれています。

そんな疲労回復食材をまとめて取れる「冷しゃぶの梅肉ソース和え」は、梅雨時のだるさにもってこいの一皿。まろやかな酸味が楽しめる梅肉ソースで、さっぱりおいしくいただけますよ。

■材料(3~4人分)

  • 豚バラ肉薄切り……280g
  • キャベツ……4枚
  • トマト……1個
  • はちみつ梅干し……2粒

【A】

  • しょうゆ……大さじ2
  • 水……大さじ2
  • アカシアはちみつ(※)……小さじ1

■作り方・レシピ

  1. 豚バラ肉を食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に湯を沸かし、[1]の豚バラ肉を入れる。肉の赤みがなくなったら取り出し、氷水に入れて冷やす。
  3. はちみつ梅干しは種を取ってみじん切りにする。
  4. キャベツは千切り、トマトは食べやすい大きさにカットする。
  5. 【A】を混ぜ合わせ、みじん切りにした[3]を加える。
  6. お皿に、キャベツとトマト、水気を切った[2]を盛り付け、[5]の梅肉ソースをかける。

※アカシアはちみつはすっきりとした甘さで、いろいろな料理・スイーツと相性がいいはちみつです。アカシアはちみつがなければ、少し風味は変わりますが、他の花のはちみつでも代用できます。

はちみつ梅干しでさっぱり&栄養満点!梅ごはん

カルシウム豊富なちりめんじゃこをたっぷり使った「栄養満点の梅ごはん」。梅ごはんに混ぜ込む白ごまには、エネルギー代謝にかかわるビタミンB1の他、強い抗酸化作用を持つ「ゴマリグナン」が豊富に含まれています。

そして発芽米には、疲労回復効果の高いビタミンB群や、ストレス軽減効果のあるGABAなど、疲れた心と体にうれしい成分がたっぷり!青じその爽やかな香りも食欲をそそります。

■材料(4人分)

  • ちりめんじゃこ……大さじ4
  • 青じそ……4枚
  • 白いりごま……大さじ2
  • 白米……2合
  • 発芽米(または発芽玄米)……140g
  • はちみつ梅干し……4粒

■作り方・レシピ

  1. 白米2合を研ぎ、発芽米を加えて炊く。炊き上がったら人肌くらいまで冷ます。
  2. はちみつ梅干しは種を取って細かく刻む。
  3. [1] に、刻んだはちみつ梅干しとちりめんじゃこ、白ごまを加えて、しゃもじでさっくり混ぜる。
  4. 器に盛り、細切りにした青じそを散らす。

疲れにもむくみ対策にも!梅と海藻の中華サラダ

優れた抗酸化作用を持つ海藻から作られた海藻麺も、疲労回復にぴったりの食材。また、中華サラダに使うきゅうりは、梅雨時のむくみ対策にも効果的です。

湿度が高い梅雨時は、気温が高いわりに汗をかきにくく、体内に水分が溜まりがち。これがむくみやだるさにつながります。

きゅうりは、そんな体内の水分の排出を助けるカリウムが豊富。つるつるっと食べられる「梅と海藻の中華サラダ」は、蒸し暑くて食欲がない日の副菜にもおすすめです。

■材料(4人分)

  • 海藻麺……100g
  • ちくわ(生食用)……4本
  • きゅうり……1本
  • はちみつ梅干し……2粒

【A】

  • しょうゆ……大さじ2
  • はちみつ酢……小さじ2
  • ゴマ油……小さじ1
  • 白いりごま……大さじ1

■作り方・レシピ

  1. 海藻麺は水で洗ってザルに上げ、水気を切る。ちくわは5mm幅の輪切り、きゅうりは千切りにする。
  2. はちみつ梅干しは、種を取って、包丁の背などで細かくたたく。
  3. ボウルに【A】を入れて混ぜ合わせ、[2]でたたいたはちみつ梅干しを加える。
  4. [3]のボウルに、[1]の海藻麺、ちくわ、きゅうりを加えてよく和える。冷蔵庫で10分ほど冷やす。

いかがでしたか?
体がだるくなりやすい梅雨を元気に乗り切るには、疲れを溜めないことが大切!まろやかな酸味で、おいしく疲れをケアしてくれるはちみつ梅干しレシピで、ジメジメとした梅雨を軽やかに乗り切りましょう。

レシピ提供:山田養蜂場


▼レシピで使用した商品はこちら

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加