旬の抹茶で作ろう!

おいしい抹茶ラテの作り方!抹茶で認知機能対策も!?

公開日:2021/11/22

1

抹茶の旬は10月から11月。抹茶独特の渋みと苦み、そして香りを楽しむには、まさに今が最適な季節です。そのまま点てていただくのもいいですが、もっとカジュアルに楽しむなら抹茶ラテがおすすめ。今回は家で手軽に作れるレシピをご紹介します。

冬におすすめ!マグカップで作る抹茶ラテ【ホット】

冬におすすめ!マグカップで作る抹茶ラテ【ホット】

家にある材料と道具で作れるとっても簡単なホットの抹茶ラテ。抹茶のほろ苦さとミルクが相性抜群で、まろやかな味わいです。体の芯から温まり、寒い日の朝にもぴったり。甘さはお好みで、砂糖やガムシロップを加えて調整してください。

材料(1人分)

  • ホットミルク……150mL
  • 熱湯……大さじ1
  • ガムシロップ……1個
  • 砂糖(グラニュー糖)……3g
  • 抹茶……5g
  • マグカップ
  • マドラーorスプーン

作り方・レシピ

  1. マグカップに抹茶と砂糖を入れて、軽く混ぜます(最初に抹茶と砂糖を混ぜておくと、お湯に溶けやすく、ダマになりにくくなります)。

    【ホット】抹茶ラテの作り方1:マグカップで抹茶と砂糖を混ぜる

  2. 1に少しずつ熱湯を加えながら、よく混ぜます。

    【ホット】抹茶ラテの作り方2:熱湯を加えてよく混ぜる

  3. 抹茶と砂糖が完全に溶けたらガムシロップを入れてかき混ぜます。

    【ホット】抹茶ラテの作り方3:ガムシロップを入れてかき混ぜる

  4. 最後に温めておいた牛乳を注ぎ、軽くかき混ぜます。

    【ホット】抹茶ラテの作り方4:温めておいた牛乳を注いで、かき混ぜる

シェイカーで作る!簡単な抹茶ラテの作り方【アイス】

シェイカーで作る!簡単な抹茶ラテの作り方【アイス】

シェイカーで振って作る簡単アイス抹茶ラテ。抹茶とミルクを入れて振るだけなので、誰でもすぐに作れます。すっきりさわやかな飲み心地で、ホットとはまた違った味わいが楽しめます。

材料(1人分)

  • 抹茶……2g(ティースプーン1杯分)
  • ミルク……200mL
  • ガムシロップ……お好みで
  • シェイカー
  • グラス

作り方・レシピ

  1. シェイカーに抹茶を入れます。

    【コールド】抹茶ラテの作り方1:シェイカーに抹茶を入れる

  2. 1にミルクを加えます。

    【コールド】抹茶ラテの作り方2:冷たいミルクを加える

  3. お好みでガムシロップを加えます。

    【コールド】抹茶ラテの作り方3:ガムシロップを加える

  4. シェイカーのフタをしっかりとしめ、全体に泡が立つまでよく振って混ぜます。

    【コールド】抹茶ラテの作り方4:シェイカーでよく振って混ぜる

  5. グラスに注いで完成です。

    【コールド】抹茶ラテの作り方5:グラスに注いで完成

認知機能対策できる機能性表示食品の抹茶も!

認知機能対策できる機能性表示食品の抹茶も!

抹茶は茶葉をそのまま石臼で挽いて作られるため、茶葉の栄養を丸ごと摂取できる上、食物繊維も豊富なことでも知られています。特にテアニンと茶カテキンは、認知機能対策に役立つ、注目の成分。

テアニンと茶カテキンには、認知機能のうち、注意力(注意を持続させて一つの行動を続ける力)や判断力(判断の正確さや速さ、変化する状況に応じて適切に処理する力)の精度を高める機能があることが知られています。

伊藤園の「お~いお茶 お抹茶POWER」は、手軽に認知機能対策ができる機能性表示食品。お抹茶として飲むのはもちろん、スティックタイプで持ち運びやすいので、ヨーグルトなどに振りかけて手軽に「ちょい足し」できるのも魅力です。

ぜひ、すぐに始められる健康習慣として、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

■もっと知りたい■

取材協力:伊藤園

お茶活クラブ

お茶活とは、日常生活においてお茶を楽しむ活動のこと。毎日抹茶や緑茶を飲むことで、テアニンや茶カテキンなど、お茶に含まれている健康・美容にいい成分を効果的に取り込むことができます。お茶に関する知識やお茶を使った料理レシピをチェックして、あなたも「お茶活」習慣を始めてみませんか?(取材協力:伊藤園)

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ