「洗濯ブラザーズ」が教える春の衣替えのコツ・2

【春の衣替え】冬服ニットの虫食い・カビを防ぐコツ

公開日:2020/05/13

更新日:2021/10/27

11
会員限定

そろそろ冬物衣類をしまう人も多い時期。「春の衣替えにおすすめの時期はいつなの?」という人のために、服の虫食い・カビを防ぐ洗濯・収納方法など、衣替えのコツを、プロの洗濯職人集団「洗濯ブラザーズ」に聞きました!

虫食い・カビを防ぐ洗濯・収納のコツ

春の衣替えにおすすめの時期は5月!虫食いやカビに注意

「5月は、衣替えを兼ねて冬物衣類を手入れするベストタイミング」というのは、プロの洗濯職人集団「洗濯ブラザーズ」の次男、茂木康之さん。

「6月になると、ヒメマルカツオブシムシという、繊維を食べる虫の卵が孵化(ふか)し始めます。この虫の好物が汗や皮脂汚れ。冬物衣類の虫食いを防ぐためにも、5月中にコートやニットを洗濯して、しっかり汚れを落としてから衣替えするのがおすすめです」

そして虫食い以上に、衣類にとって最大の敵は、湿気とカビです。衣替えは空気が乾燥した天気のいい日に行うのがベストです。

冬物衣類の虫食い・湿気を防ぐ衣替えのコツ

「このとき、収納ケースや引き出し、クローゼットの中を除菌しておくと安心です。衣類をしまう前に、セスキ水を含ませた布などでケースや引き出し、クローゼットの内側を拭き取り除菌しましょう」

除菌

ニットやコートはドライクリーニングに出す人も多いですが、収納する際に注意すべきポイントがあるそう。

「ドライクリーニングに出した冬物衣類は、...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ