ハルメク世代の髪の悩みをサロンで解決

50代60代に人気の美容室で楽ちん&素敵な髪型に

公開日:2021/03/16

2

水泳のインストラクターをしている私は、泳いだ後のセットができるだけ簡単な方がいい。さらに、ボリューム感とコシがなくなってきた私の髪。セットが楽ちんで、ボリューム感がある髪型にしたくて、「えがお美容室」にいってきました。

ハルトモ世代御用達のサロンでヘアカットしてきました

求む!プール後、セットが楽でおしゃれなヘアスタイル

求む!プール後、セットが楽でおしゃれなヘアスタイル
スイマーの髪形はスキンヘッドが理想?

「プールに泳ぎに行きたいけれど、お化粧直しや髪の毛のセットが面倒で……」という女性は多いようです。

週に5、6回プールに入り、多いときは仕事で1日に3回プール移動する私にとって、濡れた髪の毛を乾かしてセットし直すのは、本当に面倒なことです。

30代で水泳を始めてから、ヘアスタイルはずっとショートカットなのも、髪の毛を乾かしたりセットする時間が短くてすむというのが大きな理由です。

さっと乾いて手ぐしで簡単にセットができ、しかもおしゃれ♪

そんなヘアスタイルを叶えるべく、ハルメクWEBでも人気のシニア世代専門「えがお美容室」(巣鴨店)に行ってきました。

難ありの頭の形もカットでカバーできました!

難ありの頭の形もカットでカバーできました!
カット前

私の髪質はいわゆる「猫っ毛」でストレート。水に濡れるとペチャンコになって、頭に海苔を貼ったような感じになってしまいます。さらに加齢のせいで、髪にコシがなくなってきたのも悩みです。またプールの塩素は髪の色を脱色させ、カラーリングやパーマも長持ちしません。

その上、頭の形は後頭部が「絶壁」で、サイドは「ハチが張っている」という美容師さん泣かせの頭蓋骨。欧米のスイマーがかぶる縦長のシリコンキャップはうまく合わなくて、たいていどこかに空気が入って間抜けなかぶり方になります。

そんな幾多の悩みに応えてくださったのは、「えがお美容室」のクリエイティブディレクター石川貴文さん。

ボリュームの出にくい髪質に適度なパーマで立ち上がりをつけ、サイドと襟足をタイトにしてトップと後頭部にボリュームを持たせるようにカットしてくださいました。

セットは手ぐしで無造作に乾かすだけ! ブラシもスタイリング剤も不要です。ヘアセットの時間短縮もさることながら、持ち歩くヘアケア用品が減ったのもうれしい限りでした。

カット後 ボリューム感が出て、素敵に変身できました!
カット後 ボリューム感が出て、素敵に変身できました!

美容師さんに聞いた、塩素から髪の毛を守る方法

美容師さんに聞いた、塩素から髪の毛を守る方法
スタイリングのアドバイスとヘアカットをしてくださった石川さんと

ちなみに、プールの塩素が髪にダメージを与えるのは残念ながら事実のようです。少しでもダメージから守るには以下のような対策が有効だそうです。そこで、美容師をしているスイマーさんからのアドバイスをいただきました。

  • シリコンキャップをかぶる(頭皮を冷やさない・髪を塩素から守る)
  • プールから出たら速やかに塩素を洗い流す
  • 濡れた髪は速やかに乾かす

髪や頭の形で悩みを持っている女性のみなさんは、美容師さんに相談してみることをおすすめします。髪型が変わると、気分も上がりますよ!

 

■もっと知りたい■

たちよみ

趣味も仕事も水泳、年齢別水泳大会に出場する還暦スイマーです。「100歳まで泳げる体と環境」を目指し、水泳の技術向上とトレーニングはもちろん、体力、筋力、コミュ力、財力など、加齢にあらがう日々をお伝えします。モットーは「楽しく、愉快に!」。

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ