ハルメク編集部が選ぶ大人の女性におすすめの書籍情報

【書評】『羽生結弦 アマチュア時代 全記録』他2冊

公開日:2023.01.22

雑誌「ハルメク」の編集部員がおすすめする新刊情報を毎月お届けします。今月は、羽生結弦さんを競技人生を528点の報道写真とニュース原稿で記録した保存版ともいえる書籍など3冊をご紹介します。

池谷啓著『過疎の山里にいる普通なのに普通じゃないすごい90代』

静岡県浜松市天竜区の過疎化の進む山里で暮らす、元気な90代の暮らし方を追い、健康長寿の秘訣をひもとく本書。登場するのは、集落唯一の商店に毎日立つ99歳、山中の一軒家で丁寧な暮らしを営む92歳、笑顔で毎日デイサービスに通い、読書と塗り絵に集中する95歳などの7名。

どの方も、何か特別なことをしているわけではないのに、それぞれが語る言葉の中に、いくつになっても人生を豊かに生きる教えがちりばめられています。

ある人はこう言います。「怒ったら自分が損。人生は喜ぶためにあるもの」と。みなさんの素敵な笑顔にも元気づけられ、「こんなふうに年を重ねられたら」と希望がわいてくる一冊です。

CCCメディアハウス編『羽生結弦 アマチュア時代 全記録』

2022年2月の北京オリンピックで競技生活を終えて、7月にプロに転向したフィギュアスケーター・羽生結弦(はにゅう・ゆづる)さん。本書は、彼の18年間の競技人生を528点の報道写真とニュース原稿で記録した保存版ともいえる一冊です。

9歳で初めて金メダルを獲得したときは、憧れのプルシェンコを真似たマッシュルームカット。手足の長さが既に際立っています。練習中や演技中の鬼気迫る姿、表彰式やプライベートでの笑顔、その美しさ、力強さに加え、残してきた言葉にも引き付けられます。

東日本大震災から10年たったとき、「頑張って」の言葉に支えられてきたので、自分もそう応援したい、と語ったのが印象的でした。これからの演技と人生も見ていきたいです。

セス・テューダー 著、食野雅子 訳『ターシャ・テューダーの子育て』

絵本作家として、ガーデナーとして世界中から愛されたターシャ・テューダー。本書は、長男のセスが母ターシャとの思い出を綴ったエッセー集です。

晩年、美しい庭に囲まれて過ごしたターシャですが、子育て時代は厳しい時期もあったそうです。それでも、行事や家族の誕生日のたびにサプライズを仕掛け、手作りのおもてなしをして、子どもたちを楽しませました。

セスは子ども時代を「毎日がイベントだった」と振り返ります。大切なのは、子どもと同じくらい、むしろ誰よりもターシャ自身が楽しんでいたということ。心から楽しむからこそ、相手の心にも楽しさや幸せが残る……そんな親としての生き方が垣間見ることができます。

※この記事は2023年2月号「ハルメク」に掲載された内容を再編集しています。

■もっと知りたい■


※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

みんなのQ&A みんなのQ&A

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加