青木奈緖さんが選んだエッセー作品の紹介とQ&A動画

青木奈緖さんのエッセー通信講座第1回参加者の3作品

公開日:2021/06/05

1

「家族」をテーマにしたエッセーの書き方を、エッセイストの青木奈緖さんに教わるハルメクの通信制エッセー講座。参加者に寄せられた作品から青木さんが選んだエッセーを紹介します。今回から新たなメンバーが加わり、第2期がスタートです。

青木奈緖さんのエッセー通信講座第1回
青木奈緖さんのエッセー通信講座第1回参加者の3作品

青木奈緖さんが選んだ3つのエッセー

「青木奈緖さんのエッセー講座」参加者による家族のエッセーです。

クリックすると、作品と青木奈緖さんの講評をお読みいただけます。

「一度だけの家族旅行」野崎一恵さん
店舗兼住宅だった我が家には玄関がなく、学校から帰るとお店から家の中に……

「公園は命であふれてる」星野玲子さん
雨があがって、青空が広がり始めた。帽子をかぶると、私たち夫婦は……

「モデル」西山聖子さん
6つ年下の弟が幼稚園児の頃、街中で子供モデルにスカウトされた……

 

エッセーに関する質問・お悩みに動画で回答

通信制エッセー講座の参加者から寄せられた質問やお悩みに、青木奈緖さんが動画で回答します。

 

 

エッセー講座第2期の始まり。物を書くのは初めてという方もいらっしゃる中で、青木さんは「ゆっくり、楽しんでお書きください」と語りかけます。

今回の動画では「既定の文字数に収めることができません。短い文章で相手に伝えるのは難しいです」という質問にお答えしています。

青木さんのエッセー講座では1作品800~1000字で書くことを基本にしていますが、実は「一般的には短い文章ほど書くのは難しい」と青木さんは言います。

「800字(原稿用紙2枚)と聞くと手頃で書きやすそうと思うかもしれませんが、書き始めるとすぐ終わりがきてしまうから、大変だと思います。一番書きやすいのは、1000字を目指して結果的に1200字(原稿用紙3枚)くらいになるというのが、書きやすい量ではないでしょうか。

この講座では、多少のオーバーなら無理に削る必要はありません。とはいえ、長く書けばいいというものでもありません。みなさんには『この文章は必要かどうか?』という判断力を磨いていただきたいと思います」。

その上で、と青木さんは続けます。

「私は短い文章を目指したい、という方もあるかもしれません。目指すのでしたら、人物ではなくワンシーンを書くつもりになっていただきたい。母のことを書こうというとき『母はどういう人だったかな』という思考から入ると、『苦労の多い人生でした』のように抽象的なとらえ方になってしまう。

そうではなく、例えば母が作ってくれたお弁当についてだけ書く。子どもの頃厳しかったしつけや、映画に連れていってくれて楽しかったことや、晩年はどうだったかなど、それ以外のことは全部横に置いて、お弁当のことだけを書く。そのときのお弁当が、どんな時代なのか、周りの人のお弁当はどうだったか、食べて自分はどう感じたかなど、限られたテーマから膨らませた短い場面を書く方が、読み手には伝わることがあります。

文章が短ければ短いほど、総論からいくのではなく、各論にフォーカスすること。どこにスポットライトを当てるか、それが面白く書くコツの一つです」。

参加者のエッセーを紹介するコーナーでは、ワンシーンに絞って書くことを見事に表現した星野玲子さんの作品「公園はいのちにあふれてる」を青木さんの朗読で紹介しました。

ぜひ、動画でご覧ください。

 

エッセイスト・青木奈緖さんのプロフィール

1963(昭和38)年、東京生まれ。文豪・幸田露伴を曽祖父に、作家・幸田文を祖母に、随筆家・青木玉を母に持ち、自身もエッセイストとして活躍。著書に『幸田家のきもの』(講談社刊)、『幸田家のことば』(小学館刊)他。

 

ハルメクの通信制エッセー講座とは?

全国どこでも、自宅でエッセーの書き方を学べる通信制エッセー講座。参加者は毎月1回家族の思い出をエッセーに書き、講師で随筆家の青木奈緖さんから添削やアドバイスを受けます。

書いていて疑問に思ったことやお便りを作品と一緒に送り、選ばれると、青木さんが動画で回答してくれるという仕掛け。講座の受講期間は半年間。
次回第3期の参加者の募集は、2021年6月に雑誌「ハルメク」の誌上とハルメク旅と講座サイトで開始予定。募集開始のご案内は、ハルメクWEBメールマガジンでもお送りします。ご登録は、こちらから。

 

ハルメク旅と講座

ハルメクならではのオリジナルイベントを企画・運営している部署、文化事業課。スタッフが日々面白いイベント作りのために奔走しています。人気イベント「あなたと歌うコンサート」や「たてもの散歩」など、年に約200本のイベントを開催。皆さんと会ってお話できるのを楽しみにしています♪

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ