雑誌「ハルメク」5月号の内容を編集長がご紹介

外出自粛の今こそ!たまった不用品を賢く片付けるコツ

公開日:2020/04/10

17

雑誌「ハルメク」の編集長・山岡朝子が、最新号や商品、イベントなど「ハルメク」にまつわる情報をお届けします。「ハルメク」2020年5月号は、片付け特集! 今の自分の年齢に合った片付け方があるんです。無理のない片付けのコツをお教えします。

雑誌「ハルメク」5月号

「ものを減らしたい場所」1位!キッチンをすっきりさせるには

気持ちのいい季節だというのに外出もままならず、気の滅入るような日々が続いています。

でも、ものは考えよう!

こんなときこそ、前から気になっていたあんな場所やこんな場所をすっきり片付けるチャンスです。

今回は、ハルメク2020年5月号の特集から、上手な物の捨て方・片付け方を紹介します。

★ご興味のわいた方、<雑誌「ハルメク」サイト>から雑誌の詳細をご覧になれます!

 

さて、雑誌「ハルメク」の読者アンケートによれば、家の中で一番物が多く、「捨ててスッキリさせたい場所」がキッチン。

どうせ外出できないなら、まずはこの場所の片付けにチャレンジしてみませんか? 少しでもきれいになれば、料理がはかどり、気分よく過ごせますよ。
 

捨ててスッキリさせたい場所、キッチンを片付けるなら?

捨ててスッキリさせたい場所、キッチンを片付けるなら?

ハルメク5月号で、キッチンの片付けにチャレンジしてくれたのは、Tさん。
一軒家に夫と2人でお住まいです。

料理が好きで食器を集めてきましたが、「年齢を考え、そろそろ減らしたい」と考えるようになったとか。

アドバイザーは、整理収納アドバイザーのRinさんです。
「Tさんは『しまい上手』ですが、物量は膨大。これでは危険ですよ」

ハルメク5月号

確かに、食器棚に食器がぎっしり詰まっていたり、高い位置に重い土鍋があったりと、地震などのときに危ない感じも……。

しかも、実際に使っているのは全体の2割程度だということもわかりました。

というわけでRinさんのアドバイスのもと、思い切って物を手放してみると……
短時間でこんなにきれいに!

ハルメク5月号

なんと段ボール7箱分も処分でき、一番上の棚は空っぽに、出しやすさが大幅アップしました。

無理せずラクに捨てられる、Rinさん直伝の「キッチングッズの手放し基準」とは?
詳しくはハルメク5月号でご紹介しています!
 

あふれる服はこう処分!すっきりクローゼットの作り方

ハルメク5月号

外出自粛で時間のある今、次に着手したいのがクローゼットです。

「いつか着るかも」「痩せたら着る」「高かったからもったいない」
そんな理由で長年ため込んでしまった服が、ぎっしり詰まっている方も多いのではないでしょうか。
そうなると手持ちの服を把握できず、出し入れも面倒で、結果的にいつも同じような服を着ることになりがちです。

着ない服は思い切って処分した方が、残った服の出番が増えて、おしゃれにも変化がつきます。

「ハルメク」5月号で、クローゼット整理にチャレンジしてくれたのはNさん。
夫と3人の娘の5人暮らし。

趣味は体を動かすことで、ジムやゴルフ通いと並行して、スポーツウェアもたまる一方です。

クローゼット

クローゼットからあふれる服を収納するためにさらなる収納家具を買おうとしていたところへ、アドバイスに入ってくれたのが整理収納アドバイザーの井田典子さんです。

「収納を増やすのではなく、物を減らすのが先決です!まずは服の総量を把握しましょう」

早速クローゼット、たんす、ベッド下などに分散していた服を全部出して、井田さんのアドバイスに沿って手放してみると……。

なんと、169着も処分でき、こんなに美しいクローゼットに生まれ変わりました!

クローゼット整理

上の棚は空っぽになり、床もきれいに見えています。
これなら服を選ぶのが楽しくなり、新しいコーディネートも生まれそうですね。

誰でも簡単に実践できて効果てきめん、井田さんが教える「すっきりクローゼットへの4ステップ」は、ハルメク5月号で詳しくご紹介しています。
 

片付け上手に学ぶ!ラクしてきれいな家のつくり方

ラクしてきれいな家のつくり方

ハルメク5月号の片付け特集には他にも見どころがいっぱい。
中でも、2019年に開催した「ハルメク片づけ大賞」の大賞に輝いた羽生惠子さんと、準大賞の遠藤亜紀さんによる、捨て方や片付け方アイデアは必見です。

羽生さんは、夫に先立たれ、広いマンションにお一人で住んでいます。

暮らしのサイズを「一人用」に切り替え、要らないものを処分しながらスッキリとした住まいを維持しています。

ハルメク5月号の片付け特集

また遠藤さんは、手作りやDIYが大得意。

空箱や端材、100円グッズなどを活用して、便利な収納グッズをたくさん生み出しています。

どれも簡単にできて実用的!

ハルメク5月号の片付け特集

そんなお二人の工夫が詰まったご自宅を、すみずみまでじっくり見て参考にできるのが、「ハルメク」5月号なのです。

他にも、「分別や処分法に困るあれもこれも、捨て方を知れば手放せます」、「もったいなくて捨てられないなら、誰かの役に立つように手放しませんか」など、無理せず気持ちよく物を手放すためのアイデアがいっぱいの「ハルメク」5月号。

書店に行かずとも、送料無料でご自宅のポストにお届けします。家時間のお供に、ぜひご覧になってみてくださいね。

★ご興味のわいた方、<雑誌「ハルメク」のサイト>から雑誌の詳細をご覧になれます!


「ハルメク」5月号は、片付け特集以外にもお役立ち記事がたくさんあります!

「ハルメク」5月号

料理特集は、「春キャベツと新タマネギの使い切りおかず」。手軽に作れるレシピを9品ご紹介。

人生相談スペシャル

大人気企画「人生相談スペシャル」は、読者から投稿があったリアルなお悩みに12ページでまるっとお答えします。

健康特集

健康特集は、「眠りの悩みを解決する深睡眠ストレッチ」を7ページにわたり掲載!

他にも、「きくち体操」や「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」といった人気連載も、ぎっしり充実した内容になっています!

横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾

連載「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」今回のテーマは「太めをかっこよく見せるおしゃれのコツ」。横森さんの手に掛かると、今手持ちの服でどうおしゃれに変身できるか!誌面でご確認ください。


「ハルメク」は定期購読誌です。立ち読み・お申し込みは雑誌「ハルメク」のサイトをチェック!

山岡 朝子

やまおか・あさこ 「ハルメク」編集長。ハルメクに入社する前は、総合出版社にて、主に暮らしや住まいの雑誌の編集長を歴任。料理のコツや片づけ術などに詳しくなったが、実生活に生かせていないのが残念。夫と男児と3人暮らし。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ