リップメイクがマスクにつくストレスを解決!

【動画で解説】マスクにつきにくくするリップメイク術

公開日:2022/08/06

1

少人数での食事会など、人前でマスクを外す機会も徐々に増えてきました。そこで今回は、口元を華やかにリップメイクしつつ、マスクにリップメイクがつくストレスを解消するためのメイク術を、美容ライター・中尾慧里さんが、動画付きで解説します!

【動画で解説】マスクにつきにくくするリップメイク術

リップはパウダーを使えばマスクにつきにくくなる!

リップはパウダーを使えばマスクにつきにくくなる!

長いマスク生活の中でも、屋外ではマスクを外したり、少人数での食事が可能になったり、人前でマスクをつけたり外したりする生活になってきました。

マスクを外す機会も増えてきて、50代女性の、唇の色が悪くて老けて見えてしまう!という悩みと、マスクにリップメイクがついてしまう……という悩みが、ダブルできている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はダブルの悩みを一気に解決する、口元を華やかにメイクアップさせながら、マスクにリップメイクがつきにくくなるメイク術をご紹介します!

マスクにリップメイクをつきにくくするためのポイントは2つ

  • 余計な脂分をティッシュオフする
  • リップコートパウダーで最強ブロック!

動画を見ながら真似してみてくださいね。

【動画】マスクにつきにくいリップメイク術

リップメイク術1:まずはしっかり保湿

リップメイク術1:まずはしっかり保湿

乾燥やメイクによる唇の荒れを防ぐのはもちろん、リップメイクの発色をよくするためにも、まずは保湿。

普段から使用しているリップクリームでOKです。

リップメイク術2:リップ(口紅)を塗る

リップメイク術2:リップ(口紅)を塗る

直接塗っても筆を使って塗っても、どちらでもいいですが、唇の真ん中から左右に広げるように塗りましょう。

リップメイク術3:リップペンシルで書き足し

リップメイク術3:リップペンシルで書き足し

リップペンシルを使って、唇の輪郭をはっきりさせることで、華やかな印象になります。
さらに、唇よりも少しふっくら描くことで、若々しい印象にできます。

リップメイク術4:ティッシュオフ

リップメイク術4:ティッシュオフ

余計な脂分は、マスクにリップメイクがつく原因になります。ティッシュで軽く押さえて余計な脂分を取り除きます。

リップメイク術5:リップ→ティッシュオフを繰り返す

リップメイク術5:リップ→ティッシュオフを繰り返す

ここまででもOKですが、より華やかな印象にしたいときは、さらに1~2回、リップ(口紅)とティッシュオフを繰り返します。

リップを塗るときは、リップペンシルで描いたリップラインの内側に重ねるようにしましょう。

リップメイク術6:パウダーでコーティング

リップメイク術6:パウダーでコーティング

ここまでのメイクでも十分なのですが、よりマスクにつきにくくするには、リップコートパウダーを重ねます。

パウダーをふたに取り、指でパウダーを取ったら軽く指先を合わせて指に付いたパウダー量を調整。トントンと唇にのせていきます。

これで、マスクにつきにくいリップメイクの完成です! 日々のメイクのときに、活用してみてください。

完成!

■もっと知りたい■

中尾 慧里

なかお・えり 1966(昭和◎41)生まれ。ビューティライター。チャイルドボディセラピスト1級取得。女性誌、WEBにて美容に関する記事執筆、コスメ開発のコンサルティングなども手掛ける。ブログ『中尾慧里の美験』をゆっくり更新中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ