パレット一つでOKの簡単カバ―方法

【動画】50代シミ・クマを消すコンシーラーの使い方

公開日:2022/05/27

0

50代になると、一層気になるお悩み「シミ」と「クマ」。コンシーラーの使い方次第で、きれいにカバーして「なかったこと」にできるんです。同年代・美容ライターの中尾慧里さんが実際にトライ! 動画で、コンシーラーの使い方とおすすめ商品を解説します。

50代悩みの「シミ」「クマ」の特徴は?

50代悩みの「シミ」「クマ」の特徴は?

肌悩みはたくさんあると思いますが、やっぱり見た目に「老けている」と感じさせるのがシミとクマ。しかも50代のシミは濃くなっている人が多いですし、クマに関していえば血行不良や色素沈着、そして加齢によってたるんでできた「影」だったりします。

ベースメイクを塗っただけでは隠せないシミ、クマがあったらコンシーラーの出番です。難しそう、というイメージがあるかもしれませんが、要は塗るだけ。色やテクスチャーを間違えなければ、上から塗って隠せばカムフラージュできます。

それから、完璧に消し去ることはできないことをくれぐれもお忘れなく。あくまで「目立たない」「気にならない」仕上がりを目指しましょう。私もそうでしたが、完璧に消したいがために何度もコンシーラーを重ねてしまい、いかにも「隠しました」感が出てしまうという失敗に陥りました……。

50代悩み「シミ」「クマ」を解決するコンシーラーの選び方

50代 コンシーラーの選び方

シミに対しては、自分の肌色に近いものを選びましょう。黒い部分を消したいので白い、明るい色を選びがちですが、塗ってみるとグレーっぽくなって余計に目立ちます。いろいろなコンシーラーがありますが、パレットタイプのコンシーラーなら色調整が可能なので、自分の肌に近い色を作れます。肌色で悩んだら、明るめよりは少しダークなカラーを。

テクスチャーに関しては、カバー力を発揮する、ぴたりと密着するタイプが使いやすいと思います。

クマに対しては、血行不良による青クマや色素沈着系の茶クマ、たるみ影の黒クマといった分け方がありますが、50代のクマは複合型。私もそうですが、どんより暗くてたるんでいる感じです。今はマスクでいることが多いので、アイゾーンに視線が集まりがち。気になりますよね。

コンシーラーは、血色感も演出できるオレンジ系のベージュで、いきいきと見えるツヤのあるタイプを選んでいます。ポイントはクマ全体ではなく、黒々した影のラインにだけのせます。影のラインの存在がなくなるだけで、肌の均一感が出てクマが気にならなくなります。

テクスチャーに関しては、アイゾーンなのでヨレにくくなじみやすい、しっとりやわらかめのテクスチャーのコンシーラーがおすすめ。

コスメデコルテのパレットタイプのコンシーラー「トーンパーフェクティング パレット」には、ベージュ系2色とオレンジ系、ハイライトにも使えるグロウカラーが入っているので、これ一つでシミもクマもカバーできて便利。

テクスチャーは硬すぎず柔らかすぎず、シミにもクマにも使いやすい。肌なじみがよくて自然な仕上がりです。01のライトベージュと、02のナチュラルベージュの2タイプあります。

コスメデコルテ トーンパーフェクティング パレット 2色 各4950円(税込)
コスメデコルテ トーンパーフェクティング パレット 2色 各4950円(税込)

【動画】50代悩みの「シミ」「クマ」をコンシーラーで消す方法

「シミ」を消すコンシーラーの使い方のポイント

シミの消し方1:肌色に近いコンシーラーを大きめにのせる

シミの消し方1:肌色に近いコンシーラーを大きめにのせる

シミは、自分の肌に近い色をとり、シミよりも少し大きめにのせます。動画では色調整のため、明るめカラーをさらにプラスしましたが、のせる前に2色をミックスしてもいいです。

シミの消し方2:コンシーラーをなじませる

シミの消し方2:コンシーラーをなじませる

シミの部分はさわらず、大きめにのせたまわりを肌になじませます。うっかりシミ部分にさわってしまったら、再度コンシーラーでカバー。

シミの消し方3:パウダーでおさえる

シミの消し方3:パウダーでおさえる

仕上げ用のパウダーで、こすらず軽く1度押さえておくと、コンシーラーが定着してハゲにくくなります。

鏡で見て「シミどこだっけ?」と思ったら完成。まじまじと近くで見るとシミが見えるかもしれませんが、全体を見てシミを感じなかったらOKです。

「クマ」を消すコンシーラーの使い方のポイント

クマの消し方1:オレンジ色のコンシーラーを使う

クマの消し方1:オレンジ色のコンシーラーを使う

目の下のクマ全体にコンシーラーをのせるより、気になる影(黒い)部分をオレンジ系の色みのコンシーラーでカバーすれば簡単です。

クマの消し方2:クマの影の部分だけにのせる

クマの消し方2:クマの影の部分だけにのせる


目の下にある、たるんだ皮膚のライン(黒い影部分)の上に、オレンジ系のコンシーラーをのせます。


軽くなじませれば影が気にならなくなり、ツヤ感も演出されます。

 

■もっと知りたい■

中尾 慧里

なかお・えり 1966(昭和◎41)生まれ。ビューティライター。チャイルドボディセラピスト1級取得。女性誌、WEBにて美容に関する記事執筆、コスメ開発のコンサルティングなども手掛ける。ブログ『中尾慧里の美験』をゆっくり更新中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ