老け見えの元凶!たるみ撃退マッサージ&メイク術4

たるみ解消に効く!大人の目ヂカラUPメイク術

公開日:2020/03/03

14
会員限定

顔が老けて見える原因である「たるみ」をカモフラージュする「目ヂカラアップメイク」のやり方を解説します。

大人の目ヂカラUPメイク術

オトナ世代の顔の間延びは「目ヂカラメイク」で若見せ!

口紅だけだと間延びした印象の顔(左)が、アイメイクでスッキリ(右)。 口元より目力が大事
口紅だけだと間延びした印象の顔(左)が、アイメイクでスッキリ(右)。
口元より目力が大事

メイクをするとき、アイメイクはせずに「とりあえず口紅だけ」で済ませていませんか? 実は顔の下半分のたるみを強調してしまっているかもしれません。

オトナ世代は年齢とともに筋肉の力が落ち、鼻と口の間も長くなって顔が「間延び」します。特に頰やあごがたるむと「下膨れ」になります。「オトナ世代はまつ毛が細く、少ないのでもともと目に力がありません。だから口紅だけを塗ると下膨れを強調してしまうんです」

Say若創り学教室主宰の浅香純子さんが提案するのが「目ヂカラアップメイク」。目元に力が出ると、顔全体がキュッと締まった印象になり、「下膨れ」から視線をそらすこともできます。

大人にこそ、アイメイクが必要なのです。アイメイクは慣れていないという人も心配ご無用。「難しいイメージがあるアイラインもコツさえつかめば簡単。ビューラーなしでも、マスカラや下地でまつ毛は上がります」。さあ、浅香流目ヂカラメイクで、たるみレス顔を目指しましょう。

基本の姿勢でアイメイクが簡単にできる!

アイメイクは、鏡を低くすると細部が見えて描きやすくなります。手鏡を低くすると、伏し目になって目の際がよく見え、まぶたが張って特にアイラインが描きやすくなります。置き鏡でもOK。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ