パーソナルカラー診断丨50代の魅力引き立つ髪色探し

ブルベ夏に似合う髪色で垢抜け&顔色もパッと明るく!

公開日:2022/05/16

5

ブルベ夏(サマー)タイプに似合う・似合わない髪色は?パーソナルカラー診断を参考にすると、今の自分にぴったりのヘアカラーが見つかりますよ。ブルベ夏におすすめの髪色や色を長持ちさせるケア方法など、専門家監修のもと詳しく解説します。

ブルベ夏に似合う髪色で垢抜け&顔色もパッと明るく!

似合う髪色が見つかる「パーソナルカラー診断」とは?

パーソナルカラーとは、もともと自分が持っている魅力を引き出せる、似合う色のこと。パーソナルカラーは、一人ひとりの肌の色や瞳の色、髪の色などから、パーソナルカラー診断によって診断します。

自分の雰囲気に調和するパーソナルカラーを身につけると、垢抜ける、着痩せする、おしゃれで洗練されて見える、シミやシワが目立ちにくくなり若見えするなど、たくさんのメリットがあります。

パーソナルカラーは大きく分けると黄色みがかった「イエローベース(イエベ)」と青みがかった「ブルーベース(ブルベ)」の2つがあり、そこからさらに春夏秋冬で4タイプに分けます。

それぞれのタイプによって似合う色が違うので、まだ自分のタイプがわからない人は、セルフチェックで自分のパーソナルカラーを確かめてみましょう。

似合う色がわかると、髪色だけではなく、メイク服の色を選ぶときの参考にもできますよ。

ブルベ夏(サマー)の特徴

ブルベ夏(サマー)の特徴

ブルベ夏(サマー)タイプの人は、ブルーベースに分類されます。肌がほのかなピンクを感じるローズベージュの柔らかな肌質で、パウダリーでセミマットな肌が特徴です。色が黒い人は少なく、色白の人が多い傾向にあります。

頬には血色感もあり、ふんわりしたピンク色をしています。肌が薄いため、目の下のクマや肌のくすみが気になることもあるようです。

ブルベ夏タイプの人は、柔らかくて軽やかな髪の毛の人が多く、髪の毛が細く、さらさらした質感をしています。地毛の髪色は赤みがかったブラウン、グレーブラックなど、透明感のある色味です。

ブルベ夏タイプの人は、清楚で上品、エレガントな雰囲気を持っていることが特徴です。清涼感もあり、ふんわりと柔らかなイメージを持っています。

ブルベ夏とブルベ冬の違いって?

ブルベ夏とブルベ冬は同じブルーベースですが、細かく特徴を見ると違いがあり、似合う色も異なります。

ブルベ夏に似合うのは、青みがかった寒色系の中でも、柔らかい色や明度の高いクリアなカラーです。反対に、ブルベ冬の場合はパキッと鮮やかなビビッドカラーや、ピュアブラック、ピュアホワイトなどコントラストの効いた強い色が似合います。

ブルベ夏に似合う髪色

ブルベ夏に似合う髪色

ブルベ夏タイプに似合うのは、パープルやピンクなど赤みを感じるカラーや、アッシュなどスモーキーなくすみ系カラーです。寒色系の、ソフトな印象のカラーがよく似合います。

アッシュベージュやグレージュの他、くすみ系カラーに色味をプラスしたラベンダーアッシュやピンクブラウンも、ブルベ夏タイプの人におすすめです。

50代女性の場合、くすんだ色味は顔色を暗く見せてしまう可能性があるため、注意したいカラー。また、ヘアカラーは髪を傷めてしまうこともあります。白髪と黒髪では染まり方も変わってくるので、事前に担当の美容師に相談してみましょう。

ブルベ夏に似合わない髪色

ブルベ夏タイプの人は、青みがかった寒色系のカラーや柔らかなカラーがよく似合いますが、イエローベースの人が得意なカラーは苦手な傾向にあります。

オレンジ系、イエロー系、カーキ系、オリーブ系はブルベ夏タイプの人の肌の色と調和せず、肌がくすんで見えたり、顔色が悪く見えてしまう可能性も。

また、鮮やかなビビッドカラーも、ブルベ夏タイプが持っている柔らかな雰囲気と調和せず派手過ぎる印象になりやすいです。ブラックも苦手な色です。

髪色をチェンジしてこなれ感を出したい場合は、上記のような苦手な色を避けるといいでしょう。

50代女性のためのヘアカラー選びのコツ

50代女性のためのヘアカラー選びのコツ

ここからは、ブルベ夏の50代女性のためのヘアカラー選びのコツをご紹介します。

白髪やグレイヘアを楽しむヘアカラーにする

最近では、白髪を染めるためのヘアカラーをやめて、グレイヘアを楽しむ人も増えています。

人によって白髪の現れ方が違うように、グレイヘアの楽しみ方も人それぞれ。メッシュのように楽しんだり、白髪が伸びてきたときも自然になじみやすい明るい色を入れたり、自分に合った楽しみ方ができます。

黒髪からグレイヘアや白髪に移行するのを楽しみたいときは、担当の美容師に相談してみるといいでしょう。

ハイライトやローライトを入れる

ヘアカラーは、一色だけでなく、何色か色を入れることも可能です。明るめの色をハイライトとして、暗めの色をローライトとして、両方をミックスして入れると、髪の毛全体に立体感や動きがつくれます。

ハイライトを入れると、白髪が目立ちにくくなるため「ヘアカラーをしても白髪がすぐ伸びてきてしまう」「なるべく白髪が目立たないカラーにしたい」という人にもおすすめです。

髪の毛の内側を染めるインナーカラーも、50代女性におすすめのヘアカラーです。若い世代に人気というイメージがあるかもしれませんが、アクセントとしてインナーカラーを楽しんでいる大人女性もいます。

髪の毛の内側のみなので、ヘアスタイルによってはインナーカラー部分を隠すことも可能です。逆に、インナーカラーを見せたい場合は髪を耳にかけるなど、気分に合わせて楽しめることも魅力でしょう。

髪にツヤ感を出せるカラー選び

髪の毛にツヤ感がないと、ぱさつきやごわつき、髪の毛の痛みが気になってしまいがちに。50代女性の場合、髪のハリやコシ、ツヤがなくなってきたと感じることもあるため、ヘアカラーでツヤをプラスするといいですよ。

担当の美容師にツヤの出るおすすめカラーや、カラー剤を聞いてみましょう。

明るめ:ブルベ夏におすすめのヘアカラー

ここからは、ブルベ夏におすすめの明るめヘアカラーをご紹介します。

※画像は複数あります。Yahoo!など外部配信先でご覧の方は、写真上の「>」マークをクリックして、写真をスライドして確認ください。

シアーベージュ

シアーベージュ

シアーベージュは、透き通るような清涼感のある色味のベージュです。ブルベ夏タイプの人が持つ繊細さや、上品さを引き立ててくれるような柔らかな色味で、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

色落ちもきれいにしやすいといわれているので、色落ちが心配な人にもおすすめです。

スモーキーベージュ

スモーキーベージュ

まろやかさのあるスモーキーベージュは、髪の毛が軽く、しなやかに見えるカラーです。くすみ系カラーですが、明るめの色なので顔色が暗くなってしまう心配も少ないでしょう。

どんなコーディネートにも合わせやすい色味なので、ファッションではさまざまな色使いを楽しみたいという人にもおすすめです。

ピンクベージュ

ピンクベージュ

ピンクベージュは、ベージュやグレーにピンクの色味をプラスしたヘアカラーです。明るくてかわいらしい色味のピンクベージュは、エレガントで柔らかな雰囲気を持つブルベ夏タイプの人にぴったり。

ピンクベージュはブルベ夏タイプの肌の色にもよくなじむので、色味のあるカラーにしたい人におすすめです。甘くなり過ぎず、シックで落ち着いた印象の仕上がりになります。

ラベンダーアッシュ

ラベンダーアッシュ

ラベンダーのような上品な青みがかった紫のラベンダーアッシュは、ブルベ夏タイプの大人女性にぴったりのカラーです。日本人特有の髪の毛の赤みを抑えられる髪色でもあり、柔らかな髪質に見えます。

ツヤ感や透明感もあるカラーで、フェミニンな印象にできるでしょう。

暗め:ブルベ夏におすすめのヘアカラー

ここからは、ブルベ夏におすすめの暗めのヘアカラーをご紹介します。

ブルーアッシュ

ブルーアッシュ

ブルーアッシュは、「あまり髪色を明るくしたくないけれど、透明感はほしい」という人におすすめのヘアカラー。

落ち着いたダークトーンでありながら透明感があり、ブルーの色味が入っているので、ブルベ夏タイプの人にぴったりのカラーです。光に当たることで透け感が出るので、あまり重たく見えにくいこともメリットです。

カシスグレージュ

カシスグレージュ

フェミニンな印象に仕上げたい場合は、グレージュに上品なカシスカラーをプラスした、カシスグレージュがおすすめです。気になる肌のくすみを飛ばしたり、肌がトーンアップする効果が期待できる色でもあります。

暗めのヘアカラーでも透明感を出したい人におすすめのカラーです。

ローズブラウン

ローズブラウン

ローズブラウンは、ブラウンにピンクやレッドを入れたカラーです。ブルベ夏タイプの人は黄色みがかったブラウン系は苦手ですが、赤みがかったローズブラウンであれば、よく似合います。

特に、血色感のある人には相性がいいでしょう。赤みが強過ぎると肌の色がくすむ、顔の赤みが目立って見えるなどの原因になるため、赤みはあまり強くし過ぎないようにするのがポイントです。

ダークグレージュ

ダークグレージュ

暗めのグレージュと、ベージュを混ぜたダークグレージュは、ダークトーンの髪色でも重たくなり過ぎないことが特徴です。ベージュが透明感を出し、グレーが赤みを消す効果があります。

ブリーチをしなくてもきれいに色が出やすいので、普段髪を染めない人も、チャレンジしやすいカラーです。

ブルベ夏が美容院でオーダーするときのポイント

日本人は、髪を明るく染めるとオレンジなど黄色みが出てしまいがちなので、ブルベ夏タイプの人が自分のパーソナルカラーを意識してヘアカラーをする場合は、褪色(たいしょく。ヘアカラーの色落ちのこと)したときも黄色みが出ないカラーを選んでもらうといいでしょう。

また、色の名前だけでなく写真など具体的なイメージを見せておくと、理想とする仕上がりに近づけやすくなります。

ブルベ夏が髪色を長持ちさせるケア方法

染めた後の髪色をきれいに長持ちさせたい場合は、ヘアカラーに合わせた方法でケアするのがおすすめです。

カラートリートメントや、黄色みをカバーする紫シャンプー、ヘアカラーした髪用のトリートメントなど、髪を染めたときにおすすめのケア用品についても担当の美容師に聞いておくといいでしょう。

似合うヘアカラーでブルベ夏タイプの魅力アップ

ブルベ夏タイプの人は、エレガントでソフトな雰囲気を持っていることが特徴です。青みがかった寒色系カラーや、赤みがかったカラーの中でも、鮮やかなものではなくソフトな色が似合います。

大人女性の場合、ツヤ感を意識して色選びをすると、髪の毛がきれいに見えるメリットも。長持ちのためのケア方法は色によっても変わってくるので、最適なケアでお気に入りの色を長く楽しめるようにしましょう。

監修者プロフィール:嵯峨 裕美子さん(カラーコンサルタント)

嵯峨 裕美子さん(カラーコンサルタント)

さが・ゆみこ カラーコンサルタント、パーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント、日本ヘアメイクアーティスト協会S級ライセンス。世界で活躍されている方から企業の経営者の方まで、人の魅力を引き出し素敵を創りだすコンサルタントとして幅広く活躍中。プロトコールの装いや皇室ファッション、ロイヤルファッションにも精通。嵯峨裕美子ブログもチェック!

監修者プロフィール:テルイタカヒロさん(美容師)

えがお美容室・テルイタカヒロさん

「えがお美容室」創業メンバーの一人。年齢を重ねた人の髪の悩みをわかってくれると評判。グレイのヘアカラーとスタイリングにも定評があり、顧客満足度の高い技術を提供している。えがお美容室は、東京・巣鴨の地蔵通り商店街にある、シニア世代専門の美容室。特にグレイヘアのカラーとスタイリングに定評があり、日本全国から予約が入るほどの人気。ハルメクWEBで「イメチェン・ビフォーアフター」連載も掲載中。

■もっと知りたい■

【動画】イエベ・ブルべ別!本当に似合う髪色の選び方

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ