おしゃれ上級者に学ぶ「赤」使い

小物使いで魅せる!赤をプラスしておしゃれに自信を

公開日:2020/03/05

11
会員限定

エレガントにも、カジュアルにも印象を変えられる「赤」。特に、黒や紺など暗い色が多い冬は、小物使いで赤を上手に取り入れたいものです。そこで今回は、おしゃれ上級者として知られる、エッセイスト・光野桃さんに「上品な赤」の使い方を学びます。

赤の小物使い

50代で心惹かれた赤=生命力の色

白髪染めと決別したくて、20年ぶりに髪を切ったという、光野桃(みつの・もも)さん。

「熟年生活の新たなスタートと思って、その足で赤い口紅を買いに行きました」

普段は定番色の服ばかりだった光野さんが、赤に惹かれるようになったのは50代からだと言います。

「体力の衰えとともに、精神的に不安定な時期も経験しました。そんなとき、赤に生命力を感じて、きれいな色だと素直に思えたんです」

以来、直接体に身に着けるだけでなく、小物を持つことも増えたそう。還暦のお祝いにもらった赤い扇子は、魔よけの意味を込めていつもバッグにしのばせています。

「作り手のこだわりが伝わる清らかな赤が好き。目にするだけで、自分に少し自信が持てる気がするんです」

限られた時間の中で、どう人生を、おしゃれを楽しみ尽くすか。光野さんの凜とした姿勢を感じる赤使いを、早速ご覧いただきましょう。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ