春色ニットや差し色バッグなどでトライ!

春っぽさを出すには?季節感コーデのコツ

公開日:2024.03.25

更新日:2024.03.25

1. 揺れるスカートとピンクバッグで春の要素を少し

出典:WEAR

春らしいカラーといえばまず思い浮かぶのは「ピンク」。そんなピンクのバッグをダークカラーコーデの差し色に。また揺れ感のある素材のスカートも、軽やかさがあって気分も上がります。

総柄のスカートも無地一色より使われている色が多くなり、明るい雰囲気に仕上がるのもgood。

2. 春色アウターで防寒しつつフレッシュさを

出典:WEAR

アウターは一番目につきやすいので、明るい春色を取り入れるとぐっと新鮮な気分に。合わせる配色もホワイトやライトグレーなら、防寒しつつ、春らしい雰囲気に見せてくれます。

また、カラーアウターは存在感が強いので、インナーのIラインの部分を縦長につながって見えるようにワントーンでまとめると、スタイルアップにも効果的です。

3. 面積の大きいロングスカートで「白」を取り入れて

出典:WEAR

ゆったりとしたVネックのグレーセーターは、冬の定番だったという人も多いのではないでしょうか? そんな定番アイテムには、冬から春へ向かう時期には白のハイウエストスカートを合わせてイメージチェンジを。

面積の大きいボトムスで「白」を取り入れると、足元が同じブーツでもぐっと春めいた雰囲気に仕上がります。

白スカートは春夏シーズンも使えるコスパアイテムなので、今はタイツなどで防寒しながら、ぜひ早めに取り入れてみてくださいね。

4. ホワイト系のワントーンコーデで爽やかに

出典:WEAR

同じウール系のコートやニットなどの冬物も、なるべく色をホワイト系に近づけると春らしい雰囲気に。組み合わせに悩まず、全身を同系色で揃えるだけでOKという簡単さもうれしいですよね。

また写真の着こなしのように、きれい色のインナーを挟んでもアクセントになってくれます。

さらに、ポイントとしてパールのネックレスを合わせると、上の部分に目線が集まりスタイルアップにも効果的。ニットの上から使えるロングパールのネックレスも素敵ですが、このようにチョーカー感覚で使えるデザインはよりモダンに仕上がり、Tシャツ等に合わせたコーデもイチ押しです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

machiko

ファッションライター/19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌やアパレルブランドの販売やPRとして勤務したのち、ファッションライターに。毎日がより楽しくなるようなファッション情報をお届けしたい、という想いのもと、WEBをはじめ、雑誌、TV、ラジオなど様々な媒体で活動しています。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ