プロに聞く!花を最後まで楽しむテクニック

夏の暑さに強い切り花「トロピカルフラワー」を楽しむ

公開日:2022.08.05

旬の花「トロピカルフラワー」を部屋に飾りませんか?「花を知り、楽しむ」がコンセプトの第一園芸のWEBサイト・花毎(はなごと)の連載で、「二十四節気の花あしらい」を担当する谷中直子さんに、暑さに強いトロピカルフラワーの楽しみ方を伺います。

夏に飾りたい南国の花「トロピカルフラワー」

夏に飾りたい南国の花「トロピカルフラワー」

トロピカルフラワーとは、熱帯地方などの南国に生育する花の総称です。

原産地の強い日差しや高い気温に耐えることができる丈夫な花が多いため、日本の暑い夏にもぴったり。鮮やかでカラフルな花が多いので、夏らしさも満点です。

今回は代表的なトロピカルフラワー3種類の花あしらいをご紹介します。

トロピカルフラワー1:実はウコンの仲間「クルクマ」

トロピカルフラワー1:実はウコンの仲間「クルクマ」

サプリメントやスパイスとして身近なウコンの仲間です。

花に見える部分は苞(ほう)と呼ばれる、葉が変形した部分で、本来の花は苞の間に小さく咲きます。花(苞)が7~8cm程度のサイズのものが一般的ですが、最近では花が3~4cm程度の小さなクルクマも人気です。

飾り方:花の顔がきれいに見える向きを探し、扇形に生ける

03_クルマ生け方

白やグリーンなどの色もありますが、今回は透明感のある淡いピンクが涼しげな「プーディンプリンセス」という品種を使って、扇のような形に生けてみました。

クルクマは葉と花が一つずつ付いているので、それぞれがきれいに見える場所を探して、顔を正面に向けるように整えてから花瓶に生けましょう。

04_クルマ生け方

クルクマのように、つるつるした引っかかりの少ない花で形を固定したいときは、写真のように茎の足元を輪ゴムやヒモで留めておくと形を作りやすく、崩れないのでおすすめです。

形を作らずラフに生けたいときは、花瓶の片方に花を傾けて生ける「投げ入れ」も素敵で簡単ですよ。

  • 出回り時期:5~10月
  • 香り:なし
  • 学名:Curcuma petiolata
  • 分類:ショウガ科ウコン属(クルクマ属)
  • 和名:春鬱金(はるうこん)
  • 英名:Curcuma
  • 原産地:マレー半島

トロピカルフラワー2:カラーバリエーションが豊富「アンスリウム」

05_アンスリウム

ミズバショウやカラーと同じサトイモ科の植物で、ミズバショウなどと同じような特徴を持った花です。

ハート型をした部分は花ではなく、葉が変化した「仏炎苞(ぶつえんほう)」で、本来の花は小さな花が集まったヤングコーンのような突起部分です。

飾り方:口の細い花瓶を使って、グリーンをプラス

06_アンスリウムの生け方

アンスリウムに観葉植物としても人気のモンステラを添えました。切り花のアンスリウムは葉がついていないので、グリーンをあしらうとフレッシュな印象になります。

茎が細いので口の細い器を使うと、位置が簡単に決まるのでとても生けやすいですよ。2本一緒の飾り方を楽しんだら、花と葉を別々に飾っても素敵です。

  • 出回り時期:一年中
  • 香り:なし
  • 学名:Anthurium
  • 分類:サトイモ科 ベニウチワ属(アンスリウム属)
  • 和名:大紅団扇 (おおべにうちわ)
  • 英名:Anthurium
  • 原産地:熱帯アメリカ~西インド諸島

トロピカルフラワー3:発色のいいカラーバリエが魅力「モカラ」

07_モカラ

人工交配で誕生した蘭の一種です。黄色、ピンク、オレンジ、赤、紫、白にピンクのドットなど発色のいい花が魅力。

ほぼ一年中入手できるので、お正月などの華やかで長持ちする花が必要なときにもおすすめです。

飾り方:花瓶に入らない花も涼しげに飾る

08_モカラの生け方

モカラは下の方まで花が付いていることが多いので、花瓶に生けるときに取り除いた花は、器に水を張って浮かべて楽しみましょう。

写真のようにガラスの器が特によく似合います。

水に揺らぐ花は見ているだけで、涼しげな気分になれそうですね。

  • 出回り時期:通年
  • 香り:なし
  • 学名:Mokara
  • 分類:ラン科モカラ属
  • 和名:モカラ
  • 英名:Mokara
  • 原産地:アスコセントラム属(Ascocentrum属)、バンダ属(Vanda属)、アラクニス属(Arachnis属)の3種の蘭を人工交配した育成種

トロピカルフラワーは夏の花ギフトにも

09_夏の花ギフト

丈夫なトロピカルフラワーなら暑さが厳しい時期の花の贈り物にもぴったりです。

アンスリウムのようにボリューム感のある花は1本でも主役級の華やかさがありますが、さらにモカラやクルクマなどのトロピカルフラワーと大振りの葉物を添えれば、とても豪華なブーケになります。

トロピカルフラワーはカラーバリエーションが豊富なので、贈る方のイメージに合わせた色を選んでみてくださいね!

構成・写真=石川恵子(第一園芸・花毎)


■もっと知りたい■

この記事は、花毎での連載「二十四節気の花あしらい」を基に制作しています。
>>花毎で「二十四節気の花あしらい」を読む

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加