低身長さんのファッション着こなし術

ちびっこだって、スタイルよく見せたい!

峯積 抄公子

身長アラウンド150cm。通販誌「ハルメク おしゃれ」の編集者が、低身長な目線から観察するファッションをつづります。今回は、前回の「着やせ」に引き続き、スタイルよく見せる法則について。まん丸く育った体形にメリハリをつける着こなしを探ります。

低身長ファッションの着こなし術
【目次】
  1. 冬、ちびっこは毬になる。
  2. 服のバランスを見直すだけで、ダイエットできる。
  3. 低身長ファッションでスタイルよく見せるコツは「大」&「小」。
  4. トレンドの長めチュニックも、スタイルよく着こなせる!

冬、ちびっこは毬になる。

お正月も過ぎてしばらくたちましたが、みなさんいかがお過ごしですか。
年が明けてもあいかわらずちびっこな、ファッション編集部員です。

正月といえば実家。
実家といえば大量のごはん(うちだけ?)。

おせち、お雑煮、肉、鍋、お寿司。

姉は実家に4日ほど居ただけで2キロは太ったと嘆いていました。それを聞いた私は恐れおののき、体重計から距離をとる毎日です。

そういうわけで正月をすぎると、お腹や背中まわりがなんだか丸くなりますね。背が小さいため、このままでは毬のような体形になってしまいます。
 

服のバランスを見直すだけで、ダイエットできる。

そうは言っても、すぐ元に戻して!なんてわけにはいきません。
じゃあファッションでどうにかしよう、と。
 
前回、おなじくちびっこ編集者の村山さんが、「ちびっこ、スタイリスト直伝の着やせテクを習得する」でまさに実践していましたが、スタイルよく見せることに関して、ダイエットよりもファッションのほうが即効性が高い。

昔本で読んだ「やせて見えなければ服ではない」というセリフが物語るように、どんな薬より運動より、服のバランスを見直すだけで、見た目マイナス3キロも夢ではない!

そもそも「スタイルいい」という言葉、「背高」「脚長」「細身」さんだけのものではないはず。小さくても、「スタイルよく」見せることは可能なのです。
 

低身長ファッションでスタイルよく見せるコツは「大」&「小」。

スタイルよく見せる方法として、よく聞くのが「大」&「小」の法則です。

どういうことかというと、ふんわり大きめのトップスを選ぶなら、ボトムは細身に。ボリュームのあるボトムなら、トップスはコンパクトに……というもの。さまざまな本で紹介されるテッパンの着こなし術です。

これはちびっこにも当てはまる。というか、むしろちびっこにふさわしい法則とも言えます。モデルさんのように背が高く細身であれば、洋服が「大」&「大」もしくは「小」&「小」でも、もとのスタイルのよさで着こなせる。

でもちびっこ、かつ一般人の私たちは、その分、この法則が味方になってくれるのです。

早速、試してみました。
 

低身長ファッションのスタイル良く見せるコツ
(左)トップス「大」×ボトム「小」
(右)トップス「小」×ボトム「大」

ふむふむ……確かに!

全体にメリハリがきいて、バランスがとれたシルエットになっています。これなら「毬」から脱出できそう!

……とは言えやってみて分かりましたが、そもそも私にとって、「大」はともかく「小」の選択肢には限界が。ぴったりしたニットを着たら、お肉の段差が容赦なく出現する。細身ボトムをはいたら、太ももとふくらはぎの形、丸見え!……なんて、できることなら避けたい事態です。

なので、「大」&「小」にプラスするべき2つの秘技

  1. 「丈は短めだけど、ゆとりのあるトップスを選ぶ。その上で、袖を少しまくって手首を出す」
  2. 「ボトムは無理せず苦しくないものを。ロールアップさせた裾に、視線を集めてカモフラージュ」

    を実践! 上の写真をよく見ると、それが姑息に反映されています。

 

トレンドの長めチュニックも、スタイルよく着こなせる!

「大」&「小」をいちばん身近に感じるスタイルといえば、チュニック&パンツの安心コーデ。お腹まわりも隠れるし、太ももだってカバーしてくれるからこんなイイコトはありません。

でも最近このチュニック、かなり長めが流行っている様子。かくいう私もチュニック大好き。さっそくシャツタイプを購入してみました。

低身長ファッション

ひざ下ロング丈の足元に、デニムをちらり。ペタンコ靴でもいい感じ。ちょっと前なら「そのチュニック長すぎない?」となっていたはず。この数年前に買ったシャツチュニックは、確かひざ丈くらいの長さでした。

「大」&「小」の法則はテッパン。なれど、シルエットは時代とともに変わる。

トレンドを「大」&「小」のシルエットの移り変わりで見てみれば、また違ったファッションの楽しみが垣間見えるかもしれません。
 

峯積 抄公子

みねづみ・さきこ 2005年入社。高知県出身。「ハルメク おしゃれ」編集部、ファッション部門担当。身長は150cm前後を行ったりきたり。小さい頃から背が低く、整列すると前から2番目までが定位置。裾上げしたデニムの余り布で、ポシェットが作れます。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ