毎週シャンシャン♪

甘えんぼシャンシャンの「おっぱいちょうだい」

高氏貴博
2019/10/30 255

2017年6月12日に東京・上野動物園で誕生した、パンダのシャンシャン。なんと公開日から撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真とエピソードをお届け! 今週のテーマは「おっぱいちょうだい」です。

甘えんぼシャンシャンの「おっぱいちょうだい」
【目次】
  1. 授乳を撮れるのは、とてもラッキーなこと
  2. シャンシャン、お母さんの寝込みを狙う!

授乳を撮れるのは、とてもラッキーなこと

パンダは生まれてから1歳過ぎまで、お母さんの母乳で育ちます。シャンシャンも、お母さん(シンシン)の母乳をよく飲む赤ちゃんでした。

おっぱいをもらっている年齢の頃は、シャンシャンフィーバー真っただ中でしたから、開園2時間前から並んで1巡目を見て、その後また2時間並んで2巡目を見る、なんて感じでした。そこまでしても、シャンシャンを見られるのはほんの一瞬。

しかもパンダの授乳は一日に3~5回で、1回数分で終わるときもあれば10分ほど授乳しているときもあります。そのタイミングとうまく合うときだけ撮れるのですから、この写真はとても珍しいんです。

行列に並びながら、遠くにシンシンとシャンシャンが見えてきて、授乳していたら、今だとばかりに望遠カメラを構える! そうして撮ったのが、下の写真です。 

2018年8月。1歳2か月。一生懸命飲んでいます
2018年8月。1歳2か月。一生懸命飲んでいます

毎日通っていて、授乳は観覧が終わる夕方くらいに多いことがわかりました。また、パンダのおっぱいは4つあって、母乳の出具合によるのか、シャンシャンはお母さんの右のおっぱいからよく飲んでいましたね。

最初の頃は、お母さんのシンシンが、シャンシャンを抱えておっぱいを飲ませるようにしていて、母性愛を感じるシーンが見られました。お母さんに抱えられるシャンシャンの、柔らかいふさふさの毛もかわいかったなぁ。

2018年1月。シャンシャン6か月。「ほら、お飲み~」
2018年1月。シャンシャン6か月。「ほら、お飲み~」

シャンシャン、お母さんの寝込みを狙う!

でも、シャンシャンが歩くようになったあたりからは、シンシンお母さんはもうお役御免といった感じで、自分のペースで笹を食べたり寝転んだり。食べている最中にシャンシャンがおっぱいをもらいにくると、「今、食べてるんだから後にしてよ~」と足で押し返すようなこともありました。

シャンシャンもそのあたりを心得て、シンシンお母さんが寝ている隙に「今だ!」とおっぱいを飲みに行くこともよくありました。

ハンモックで寝ながらおっぱいを与えることも
ハンモックで寝ながらおっぱいを与えることも

シャンシャンは月齢10か月くらいから、お母さんが笹や竹を食べる様子を見て、まねを始めます。そして母乳と並行して、笹やリンゴを少しずつ食べ始め、離乳していくのです。

15年から20年といわれるパンダの一生の中で、授乳期は本当に短い、そしてかわいい様子が見られる時間です。たくさん見ることができて、本当によかったなぁと思います。


<編集部から>
毎週水曜日に、高氏さんのシャンシャンの写真とエピソードを紹介しています。週の真ん中にシャンシャンを見て、元気をもらいましょう!

記事の更新は「ハルメクWEBマガジン」でお知らせします。メルマガの購読はページ下部の登録フォームからお願いします。

上野動物園の公式サイト 
高氏さんの記事「シャンシャンを毎日撮るぱんだうじさんの、パンダ愛」もどうぞ
 

シャンシャンの写真がいっぱい!
『2020 日めくり 毎日シャンシャン366日カレンダー』
平凡社刊、1980円、B6変型判

高氏貴博さんの写真でつづる、毎日シャンシャン!シャンシャンのかわいくて、おかしくて、時々せつない写真に、めくるたび元気をもらえます。

毎日シャンシャン366日カレンダー

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ