毎週シャンシャン♪

シャンシャンはいつだって笑いかけてくれる

高氏貴博
2019/11/13 173

2017年6月12日に東京・上野動物園で誕生した、パンダのシャンシャン。公開観覧日から日々撮り続けている、ぱんだうじさんこと高氏貴博さんの、かわいすぎる写真をお届け! 今週のテーマは「にっこりシャンシャン」です。

毎週シャンシャン♪
【目次】
  1. たれ目と上がった口角の黄金バランス
  2. 本当は臆病だから、笑えないときも

たれ目と上がった口角の黄金バランス

おめめパッチリ!愛らしいシャンシャン、9か月(2018年3月)
おめめパッチリ!愛らしいシャンシャン、9か月(2018年3月)

シャンシャン! どうして君はそんなに無邪気でかわいいの? ……と、シャンシャンの写真を見た人はきっと思うはず。本当にかわいいですよね。上の写真なんて、ぬいぐるみみたいですよね。ふわふわした毛、丸々した体、ちょこんと座った3頭身のシャンシャン。そして、こちらを見ながら笑いかけてくれている! 

そう、笑っているように見えるのですが(実際笑っているかもしれませんが)、パンダはこのように口角が上がった動物なのです。だから、自然と笑っているように見えます。

併せて、目の周りにある「ハの字」の黒い模様がたれ目のように見えて、「かわいい笑い顔」にしています。

シャンシャンの目の黒い模様は、よく見ると、勾玉みたいに下の方がちょっと横に流れているんです。お母さんパンダのシンシンもそうなので、遺伝なのでしょう、これが、シャンシャンをさらにかわいらしく見せているポイントなんだと、僕は思っています。

シャンシャン
「上がった口角とたれ目模様は生まれつきだよ~」

本当は臆病だから、笑えないときも

とはいえ、笑って見えるときと、そう見えないときがあります。笑って見えるのは、シャンシャンが穏やかな気持ちのときです。パンダは本来、臆病な動物なので、怖いと感じるときはさすがに笑っては見えません。

パンダは目より耳がいいので、特に大きな音はびっくりするし怖いようです。例えば、公開観覧日にシャンシャンが寝ていたとしますね。幼稚園や小学校のお子さんが、「シャンシャン起きてー!」と口々に呼びかけることがありますが、実はパンダにとっては、それはびっくりする怖い音なのです。

だから、もしシャンシャンが寝ていたら、声を上げずに、そっと見守ってあげてください。寝ている姿も、とってもかわいいですから。

「ほら、立てるんだよ~」とうれしそう(2018年3月)
「ほら、立てるんだよ~」とうれしそう(2018年3月)

<編集部から>
毎週水曜日に、高氏さんのシャンシャンの写真とエピソードを紹介しています。週の真ん中にシャンシャンを見て、元気をもらいましょう!

記事の更新は「ハルメクWEBマガジン」でお知らせします。メルマガの購読はページ下部の登録フォームからお願いします。

上野動物園の公式サイト

高氏さんのこれまでの記事はこちらからどうぞ

 

シャンシャンの写真がいっぱい!
『2020 日めくり 毎日シャンシャン366日カレンダー』
平凡社刊、1980円、B6変型判

高氏貴博さんの写真でつづる、毎日シャンシャン!シャンシャンのかわいくて、おかしくて、時々せつない写真に、めくるたび元気をもらえます。

◆シャンシャン関連記事

 

高氏貴博

毎日、上野動物園のパンダをレポートするブログ「毎日パンダ」が大きな反響を呼び、テレビ、雑誌など多くのメディアで取り上げられる。著書に『毎日パンダ-365日上野動物園に通っているよ日記』(平凡社刊)ほか。さいたま市在住、一児の父。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ