上海で出会った中医学に夢中になる

「学ぶのにもう遅い!」ということはない

公開日:2022/02/17

5

50代を過ぎ、自分の今後を見つめ直し、学習することに意欲を持ち始めました。いろいろな分野に挑戦する中、出会った中医学や薬膳の奥深さと知恵を、季節ごとにお伝えしていきたいです。

「学ぶのにもう遅い!」ということはない
双喜(ダブルハピネス) 中国結び

学ぶことに夢中だった私

二人の娘の子育てもひと段落した50代を迎える頃、いわゆる更年期の鬱々気分とともに「このまま時だけが過ぎて年を取ってもよいのか? これからの自分のために何ができるのか?」と日々思い巡らすようになりました。

振り返れば、ほとんど真面目に勉強をしてきませんでした。学びたいことが何かもわからぬまま、日々が楽しければそれで良い学生時代でした。そして、親になり娘たちが自分の将来を真剣に考え、勉強をする姿を見るにつけ、自分が過ごしてきた学生生活の甘さに、情けない思いをしたものです。

そんなコンプレックスと、娘たちに触発され、学ぶことへの欲求が強くなっていきました。一番最初にはまったのが、“中国語”です。

中国語の面白さに魅了され、香港、二度の上海駐在を含め、かれこれ30年近く中国語の勉強は続いています。

その後、日本語教師養成講座、フラワーアレンジ、日中翻訳、中国結び、中医学、薬膳茶……と、次から次へと学習の変遷は続きました。

学ぶことに夢中だった私

学ぶことが絞られてきた

どれもこれも中途半端に終わってしまっています。中国語の会話力の拙さは相も変わらず、日本語教師は通信で勉強しただけ、フラワーアレンジも長続きせず、日中翻訳に至っては早々にギブアップ……。情けないです。

そんな中、上海で学び始めた中医学。

50代を過ぎてから、片頭痛や度重なる消化不良、精神的落ち込みに悩まされ、数年は精神安定剤のお世話になっていた日々があったからです。

「人の体は自然とつながっていて、自然の変化に影響を受けている」「日々の暮らし、食事を整えて自ら養生して、未病にそなえよう」

中医学は奥深く、少し学んだくらいでは、到底理解できるものではありませんが、帰国後ためらわずに、私のLifelong learning(生涯学習)は【中医学】であると定めるのに、そう時間はかかりませんでした。

学ぶことが絞られてきた

5年後、10年後の私

昨年(2021年)、90歳で亡くなった母の口癖は「この年で、今さら……」でした。

私は、やりたいこと、新しいことを始めるのに年齢制限はないと思うことにしました。これから、中医学の勉強をもっともっと深めても、何者にもなれないかもしれませんが、学んだことと、学んだ時間に無駄はないと思っています。

学び続けようという向上心があれば、どれだけ年を取っても精神は老いない。これは生きる態度なのだ。

実は、近い将来、こうなりたい! というささやかな夢は自分の中に描かれています。今後、お話しできる機会があれば、と思っています。

 

■もっと知りたい■
「ハルトモ倶楽部」読者ライターの記事はこちら

森taitai

人生100歳までと考えたら、時間はたっぷりあります。
夫の仕事の関係で、香港、上海に暮らすこと通算8年。中国語と中医学、薬膳茶などにすっかり魅せられ、勉強はまだまだ続いています。知り得た知識からの日々に役立つ情報や、好奇心の赴くままに挑戦する日常を綴ってゆきたいです。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ