50代からの英会話学習を続けるコツとは?

潜在的モチベーションから高まりゆく英語学習への意欲

公開日:2020/09/18

16

海外に暮らす娘さんのひと言で、52歳から本気で英語を学び始めたharumatiさん。忙しい日々の中で、英語学習に対して本気モードに入れないでいました。しかし、2度目のアメリカ滞在から戻ると、本気モードにシフトしていきました。

50代からの英会話学習

アメリカ滞在記を英語で書いていた私

8月下旬には、稲もしっかり穂を付けて、稲刈りを待つばかりに
8月下旬には、稲もしっかり穂を付けて、稲刈りを待つばかりに

連日35℃越えだった8月。海開きもなく、思いっきり遊ぶこともできなかった短い夏休みを終え、猛暑の中の通学を余儀なくされた子どもたち。コロナに加えて熱中症にも気を配らなければならなかった8月。

そして、気付けばもう9月、暦の上ではとっくに秋です。困ったことが多かった8月ではあったけれど、夏のエネルギーは豊かに植物を育て、実りの秋へとつなげてくれます。黄金色の稲穂はたわわに実り、台風前の稲刈りを待つばかりです。

NOVAのレッスン記録用の他に、もう1冊別のノートが見つかりました。そこには、2003年から2005年までのアメリカ滞在記が、英語で書かれていました。これは、前回書いた2回目のアメリカ滞在1日目の日記です。

2003/7/29
We arrived at Logan airport in Boston, 22 hours after we had left our home.
My daughter had already been there when we arrived. We went to her home by her car. Her husband prepared B.B.Q dinner for us. Their house wasn’t gorgeous ,but very clean and comfortable. Their taste for interior was very nice.
The next day we must go shopping to buy my son’s clothes. Unfortunately we left all of his baggage at our house. He has come to America with only his waist pouch containing just passport, ticket and Walkman.

(以下、日本語訳)
家を出てから22時間後にボストンのローガン空港に到着しました。

私たちが到着したとき、娘はもうそこに来ていました。 私たちは、娘の運転で彼女の家に行きました。 彼女の夫は、私たちのためにB.B.Qディナーを準備してくれていました。 彼らの家は豪華ではありませんでしたが、とても清潔で快適でした。 インテリアの趣味がとても素敵でした。

次の日、息子の服を買うために買い物に行かなければなりませんでした。なぜなら、 残念なことに私たちは、彼の荷物を全部自宅に忘れてきてしまったからです。 彼はパスポート、チケット、ウォークマンを入れたウエストポーチだけを持ってアメリカに来てしまったのです。

 

すっかり忘れていたけれど、そんなことがありましたねえ。関空まで自家用車で行き、さて荷物を下ろそうと思ったら、息子の荷物だけがどこにも見当たらないのです。

私「お父さん、積んでくれたんじゃなかったの? 他の荷物と一緒に和室に並べて置いといたんだけど」
夫「Y君自分で積み込んだんじゃなかったのか?」
息子「ぼく、大事な物は、ちゃんと持ってるよ」

危うくけんかになりそうだったけれど、そんな場合ではありません。すぐにアメリカに電話して、下着とソックスだけとりあえず買っておいてくれるよう娘に頼んだのでした。

こうして、日記を書いていたことからすると、その頃から案外英語をちゃんと身につけようという気持ちがあったのかも知れません。

 

2回のアメリカ滞在後、出てきた英語学習に対する本気

2003年8月、アメリカから帰ると、続けて四国高松の実家へ。8月13日は母の誕生日。折しも米寿を迎える年だったのです。1週間実家に滞在した後、京都に帰ると、早速NOVA通いが復活しました。約1か月ぶりとなる8月21日には、なんと40分×3レッスンを続けて受けていました。

その時は、職業についての単語のレッスン。例えば、こんな内容です。
日本語を書いているのは、その時点で知らなかった単語です。
Occupation (職業)
Electrician (電気技師) Teacher Artist(芸術家) Secretary(秘書) 
Ballet dancer(バレエダンサー) Bank manager(銀行の支店長)
Flight attendant  Doctor

飛行機の中で何度となくトイレで‟Occupied”(使用中)という表示を見てきただけに、Occupation (職業)とは、驚きました。

それから所有格のレッスン。
Which one is mine?   [ yours?    hers?   his?    ours?    theirs? ]
It’s my pen. →It’s mine.
それは私のペンです→それは私のです。

このときもレッスンの記録用ノートの裏ページには、質問事項をメモしています。
How do you pronounce this word?   [ Suburbs   Latin   Catsup ]
この言葉はどのように発音しますか?
What does this mean?    [ Receptionist flat ]
これはどういう意味ですか?

レッスンの最後に、先生が短文を読み上げて、‘true or false? ’と尋ねるのですが、この頃になってようやくその意味がわかり、レッスンのパターンも理解できようになってきました。18回目のレッスンを受け終わった頃のことです。

 

初めてのレベルアップ7Bから7Aへ

例文が多かった初めての電子辞書。How to 本とともにお世話になりました
例文が多かった初めての電子辞書。How to 本とともにお世話になりました

NOVAでは、資格を持っている先生2人から推薦をもらえたら、レベルアップのテストを受けることができます。レッスン開始から約3か月たった2003年9月20日、初めての推薦をもらうことができました。

そのときアメリカに住む長女に送ったメールが残っていました。

<長女へのメール>
2003 9/21 I did it !  その1
26回のレッスンを経て、昨日レベルアップテストへの推薦をもらうことができました。早速7Bから7Aへのレベルアップテストを受けてきました。ちょっとわからないのもあったけれど、7割取れれば合格とのことなので、きっといけていると思います。

2003 9/29 I did it !  その2
今日は、7Aの初めてのレッスンでした。
まず始めは、マンツーマンレッスンを取り、テストの結果を見せてもらいました。
あやふやだったところは全部合っていて、‟Why did I wraight so ?”と思うところを2つ間違って、100点満点中96点でした。

また、マンツーマンの先生から、「長いセンテンスでしゃべり、会話を続けていくので楽しい。きっとすぐにレベルアップするよ」と言ってもらいました。

<長女からのメール>
2003 9/30
すごいね。どんどん上達してるんじゃない? あやふやだったところは全部合っていて。
‟why did I wraight ? ” 書くは‟write” だけどねー。‟ai”を英語で「アイ」と発音することはまずないかな。「エイ」だね。

初めてのレベルアップに加えて、娘からの応援やアドバイスによって、2年もの間、心の奥に眠っていた英語学習へのモチベーションが一気に噴出! いよいよ英語学習も本気モードに入っていきます。

 

harumati

定年退職・年金生活者。45歳~66歳までC型肝炎と共生。2016年奇蹟とも思える完治から1か月もせず、今度は脳出血に襲われました。1年半の闘病、リハビリ生活後、2018年、旅行・ボランティア・夏休みの娘母子とのプチ同居を3本柱にした、悠々自適のリタイア生活を取り戻すべく仕切り直して再出発しました。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ