何でも作って楽しむ生活

楽しみながらの、私の節約術

公開日:2020/06/08

2

日々手作りをして、節約生活を楽しんでいる春ちゃん。新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増えましたが、いろいろな物を手作りして明るく元気に過ごしています。

手作りコースター

手作りマスク作りにいそしんでいます

端切れ布でマスクを手作り。嫁いた娘と孫にもプレゼント
端切れ布でマスクを手作り。嫁いた娘と孫にもプレゼント

人生100年時代です。今から節約を心掛けないと、時間とお金との闘いに疲れ果て、100年なんて生きられません。そこで、私は節約術を身に付け、しぶとく生きることを心掛けて楽しんでいます。

たくさんの端切れの中から、あまり目立たなく、カラフルな布を選んでマスクを作りました。布選びから楽しんで、いろいろな物を手作りする時間は、私にとって至福のときです。

私が作ったマスクは、市販のものと同じ大きさに縫って、両端に細いゴムを通すだけの簡単なもの。孫の子供用2枚と娘の大人用2枚はかわいい色で、私と夫の分は落ち着いた色で4枚作りました。

自慢のマスクを見せて、「わぁ~、かわいい! 自分で作ったの?」と言われたいのに、あいにく外出禁止です。

この後、さらに、仕事用にと、白いマスクを2枚作って、娘に送りました。まだまだ私の出番は尽きません。
 

手編みで作るキッチンスポンジ

余った毛糸で編んだもの。アクリルタワシ、鍋つかみ、コースタ-と、何でもあり
余った毛糸で編んだもの。アクリルタワシ、鍋つかみ、コースタ-と、何でもあり

キッチンの皿洗い用アクリルタワシを、毛糸で編むことにしました。余り毛糸を編み込み、デザインを考えながら花模様にする作業の楽しさは、老いてますます元気の源です。

私は今までスポンジを買ったことがありません。何でも作って、使いながら、いろいろ工夫するのは楽しいものです。一人遊びを楽しむことが、私の節約術のコツです。
花柄に編んだ物は、以下のような使い方ができます。

  • 食器洗いアクリルタワシに
  • 簡単な鍋つかみ
  • 夫婦のティータイムに使うコースター

工夫次第で何にでも使えますし、あったら便利。何枚も作り置きするといいですよ。結構汚れが落ちるなと、我ながら感心しています。ぜひ一度お試しを♪

手作りコースターで夫婦のテ-タイムは、華やかに
手作りコースターで夫婦のティータイムが華やかに

 

手仕事の必需品、アームカバーを作る

洋服の袖で作った腕抜きは私の必需品
洋服の袖で作った腕抜きは私の必需品
庭の花の手入れや草取りに、アームカバーが大活躍
庭の花の手入れや草取りに、アームカバーが大活躍

私の掃除は、スリムな体型を維持するため、全身運動を兼ねて、手作り雑巾で床磨きから、風呂洗い、庭の草取りなどの家事をしています。そんな中、必需品としてアームカバーが大活躍しています。

捨てる袖付の服で柔らかい布なら、何でもOKです。袖を切り、ゴムの入る幅を手縫いし、細いゴムを入れて出来上がりです。簡単過ぎて全く工夫はなし。

手作りのアームカバーは、いろいろな使い方ができます。

  • 床磨きのときに、両足の膝当てにすれば、膝の汚れが防げます。
    *風呂掃除のときに足や裾が水に濡れないようにできます。
  • 庭の草取りをするときに、袖口が汚れないようにできます。
  • 私の一番のおすすめは、レッグウォーマーとしておしゃれに履いて、外出することです。
レッグウォーマー着けておしゃれに散歩や買い物へ
レッグウォーマーを着けておしゃれに散歩や買い物へ

「オシャレ~」と声を掛けられますが、本当は不要の服の袖に、ゴムを入れただけの簡単なものです。

工夫次第でオシャレができて、毎日がワクワクしながら、「人生100年、まだまだこれから楽しむぞ」と思っています。

いつでも、節約や工夫のことを考えて、手や頭の体操に忙しく、貧乏暇なしが私流です。コロナでこれからの生活が激変しても、驚くことなく生きていけそうです。
 

 

春ちゃん

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ