糖質オフ生活奮闘記10

糖質オフアドバイザーを目指す~糖質と認知症の関係性

2020/01/09

4

糖質オフアドバイザーの資格を取ったさいとうさん。大学の講義で勉強した、アルツハイマー型認知症と糖質の関係性についてお伝えします。

糖質と認知症の関係性とは

アルツハイマー型認知症は何が原因?

数年前に某大学で「アンチエイジング」の講義を受けました。その時、身体が不自由になるのと、アルツハイマー型認知症になるのとでは、どちらが嫌ですかという問いに、全員が認知症にはなりたくないと答えたのを覚えています。

皆さんがそれ程恐れているアルツハイマー型認知症は、一体何が原因で起こるのでしょうか。

それは、アミロイドβと言う特殊なタンパク質が、脳細胞に蓄積する過程で、脳の萎縮が起こるためだとされています(※諸説あり、現在も研究がすすめられています)。

体内にはインスリンを分解する「インスリン分解酵素」がありますが、これはアミロイドβも分解する働きがあります。

ただ、血中のインスリン濃度が高いと、そちらを優先して分解するため、アミロイドβは後回しになってしまいます。アルツハイマー型認知症を防ぐには、血中のインスリン濃度を高めないこと、つまり糖質を摂り過ぎないことが大切だと、教わりました。

アルツハイマー型認知症が発症するサイクル

アルツハイマー型認知症

毎食 ご飯・パン・麺などの主食から糖質を摂取

血糖値が上昇

膵臓(β細胞)からインスリンを分泌

血糖値を下げる

糖質摂取を続けた結果

高血糖(血糖が高い状態が続く)

高インスリン血症(血中のインスリン濃度が高まる)

インスリン分解酵素がインスリン分解で手いっぱい

脳にアミロイドβが蓄積

脳の萎縮がおきる

アルツハイマー型認知症発症

特殊なタンパク質であるアミロイドβが脳に蓄積すると、脳の萎縮がおこり、アルツハイマー型認知症の発症リスクが大きくなります。

糖質制限をしますと、インスリンの分泌が抑えられますので、インスリンの分解酵素は、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβの分解に使うことができます。つまり発症リスクを下げることができるというわけです。

私自身高血圧ではないから糖質制限は不要? と一瞬頭をよぎったこともありましたが、やはりこれを知ったら、続けなければと思いました。

病気の危険度を高める食生活サイクル

前回説明した糖尿病もアルツハイマー型認知症も、朝食・昼食・間食・夕食ともに、糖質を気にしない方は注意が必要です。インスリンは常に少量分泌されていますが、糖質を含んだ食事をして血糖値が上がると、インスリンが更に分泌され、血糖値を下げようとします。毎食分泌が繰り返されると、膵臓は疲弊し、インスリンの分泌量低下やインスリンの効きが悪くなります。果ては、血糖のコントロールが破綻し、病気を発症することになるのです。

危ない食生活サイクル

危ない食生活サイクル

朝食 パン・ジュース・紅茶

昼食 ざるそば・いなりずし

間食 クッキー・缶コーヒー

夕食 炒飯・餃子
この様な食生活をしている方は、ぜひ「糖質オフ生活」に舵を切ってください。

次回は糖質とアンチエイジングです。
 

参考文献
「糖OFFアドバイザー基礎理論」 大柳珠美監修

■糖質オフアドバイザ―を目指す関連記事

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ