落語自由自在17

よって たかって秋らくご'2019

2019/12/26

2

落語が大好きなさいとうさんの落語体験記。落語を聞いて笑うことが、さいとうさんにとって元気の源なのだそう。今回は、ようやくチケットが取れたという大人気の寄席シリーズをレポートします!

落語会体験記

大人気の「よって たかって」シリーズ

大人気の「よって たかって」シリーズは、今年の「新春らくご」に落選して以来ずっと縁がなくて、ようやく「秋らくご」でチケットを入手できました。(←人気の会は先行予約抽選があり、よく落選します)

「短命」春風亭一之輔

演目

「今日はここ読売ホールから、300メートル程先の帝国ホテルで、春風亭昇太師匠の結婚式がありまして、5時開宴でシャンパンを1杯と、キャビアを散らしたようなものを食べてきました。ここで20分落語をやって、また戻ります。メインの肉に間に合うと思います。喬太郎師匠なんかほんの10分いて、一門会(←さん喬師弟9人会)に出るからと言って帰りました。すぐ帰るんだったら、何で来たのでしょうねぇ」

どっと笑いがおきます。

「昇太、玉の輿に乗るって、記事に出ていましたよ。相当金を持っていて、燃えないゴミの日に小銭を捨てているっていうのにね。それでも相手は青山ケンネルですから、敵わないんでしょうね。披露宴の冒頭の挨拶は小遊三師匠でした。軽~いあいさつで、高座と一緒で2分も喋りませんでした」

ここでも爆笑の嵐です。

「伊勢屋の旦那がまた死んだって?  いきなりで驚きました。ご本人もおめでたいのに、これはまずいかな?」と言いながら、本日の題『短命』に入ります。しかも3人目の旦那は噺家で59才、今日はその弔いでってそんな設定は乱暴過ぎます。ど迫力の「短命」に驚かされながらも、大笑いの1席でした。終わると師匠、足早に去って行きました。

「二コ上の先輩」林家きく麿

「肉・肉って言いながら走って行きましたよ。私は披露宴に呼ばれていないので、ゆっくりやります」。拍手と笑いが起きます。

「ニコ上の先輩」は、怪談大会で怖い話をするようにと先輩に言われているのに、わざと怖くない話をする後輩二人、それにキレル先輩という実にくだらないストーリーですが、何故かおかしくて大笑いしてしまいました。

「のめる」三遊亭兼好

「のめる」三遊亭兼好

「高校・大学と私、ラグビー部でした。まさかの告白に場内唖然。信じてない?? 本当なんですよ」。まだ信じられないという空気が蔓延、小柄な師匠がラグビーとは? ラグビーワールドカップの初戦は安倍首相と秋篠宮殿下が観戦されていましたね。殿下つまんなそうでした。小室さんでも立たせておけば、また違ったんでしょうけど、皇室の方にラグビーは似合いませんね」

いつもながらマクラが面白い兼好師匠、今日も快調に飛ばします。

「のめる」はもともと楽しい噺ですが、兼好師匠のうまさで面白さが倍増、特に隠居の言葉を真に受けて、本当に網を張ったのには驚くやらおかしいやら、爆笑してしまいました。

師匠は、日本で唯一の演芸専門誌「東京かわら版」に「お二階へご案内」を連載中で、文章もイラストもすごくいいので、私は本が届くと真っ先に読んでいます。ロビーで、兼好さんの可愛いイラスト入り一筆箋を売っていたので、初天神と寿限無2冊とも買ってしまいました。

「寝床」柳家三三

「寝床」柳家三三

「ラグビーやっていたんですって?兼好さん。きっとジャッカル専門だったんでしょう。相手の目を突いたり、指を曲げたり、小ズルいことだけで生きてきたんですよ。そう言う人です」

途端に兼好さん袖に現れる。会場は拍手と笑いで大盛り上がり! 三三さん驚いて振り向きます。

「ねぇ、こういうおいしい所を知っていて顔出すんですよ」

で、またまた大笑い、もう今日はお腹が痛くなる程笑ってしまいました。

先月国立演芸場で、遊雀師匠の「寝床」を聞いたばかりですが、好きな噺ですので、つい前のめりになります。義太夫を聞かせたい旦那と、聞きたくない番頭達の心理合戦、何としてでも旦那は「そんなことおっしゃらずに」と引き止めて欲しいのに、無視し続けて「それなら、もう生涯義太夫は語らないと言うのはなしにします」と言うと「そんなことおっしゃらずに」とここでいう番頭、最高に可笑しかったです。

途中ガシャンと何度もお皿を割る演出にも笑いました。

「よって たかって」シリーズは、次回は1月25日(喬太郎・一之輔・萬橘・奈々福)ですが、果たしてチケットが買えるでしょうか? 

それも含めて楽しみです。

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ