読めそうで読めない! 難読漢字で脳トレ

【難読漢字】為体、為人…意外に難しい「為」の読み方

公開日:2021/06/05

0

「為体」「為人」「為出来す」「為来り」…何と読むかわかりますか? 難読漢字で脳トレにトライ!今回は「為」という漢字に注目。「ため」と読むことが多い漢字ですが、他にもたくさん読み方があります。

為体

【為体】「なんという為体だ」

最初にご紹介するのはこちら。

「為体」

為体

『広辞苑』を見てみると

すがた。ありさま。

ざま。

……という意味になっています。

正解は……

「ていたらく」

ていたらく

 

「体たらく」とも書きます。「なんという為体だ」という使い方をしますね。

また、為体は「ていたらく」の音読「いたい」が転じて「えたい」とも読み、「得体」と同じ意味で使われることもあるようです。

 

【為人】「彼女の誠実な為人が……」

続いてはこちら。

「為人」

為人

『広辞苑』で見てみると……

うまれつきの人柄。もちまえ。天性。性。

からだつき。背丈。

と書かれています。

正解は……

「ひととなり」

ひととなり

人柄や本性という意味でよく使う「ひととなり」。「人となり」と書くことも多いですね。

 

【為出来す】「なにを為出来すかわからない」

最後はこちら。

「為出来す」

為出来す

「為」は「イ」「ため」という読みが一般的に知られています。為す(なす)、為る(する)といった読みも、知っている人が多いのではないでしょうか。では「為出来す」の読み方は……?

正解はこちら!

「しでかす」

しでかす

この場合の「為」は「し」と読み、他にも

  • 為留める(しとめる)
  • 為業(しわざ)
  • 為種(しぐさ)
  • 為来たり(しきたり)
  • 為兼ねる(しかねる)
  • 為果せる(しおおせる)

などがあります。

  • 為さる(なさる)
  • 為す術もない(なすすべもない)

など、「な」とも読みます。たくさんある「為」の読み方、この機会にぜひ覚えてくださいね。

文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)

古田綾子

出版社、IT企業勤務を経て、2015年よりフリーランスの編集・ライターとして独立。 雑誌やwebメディアの ディレクション 、取材・執筆など、興味の赴くままに健康・美容・暮らし・教育・住まいなどのジャンルで活動中。三重生まれ、神奈川在住。2男児の母。現在、お金の勉強中。  

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ